札幌病院


札幌病院ホーム > NTT東日本札幌病院について > 年報(2017年) > 耳鼻咽喉科


耳鼻咽喉科

業務内容

2017年は前田昌紀医師が北海道がんセンターに異動となり、代わりに山田和之医長が同センターから赴任されました。当科は引き続き二人の耳鼻咽喉科専門医による診療体制となっております。

当院は日本耳鼻咽喉科学会認定の耳鼻咽喉科研修指定病院であり、北海道大学病院耳鼻咽喉科専門研修プログラムにおいては北海道大学病院を基幹施設とした連携施設の一つともなっております。耳鼻咽喉科志望、あるいは他科志望で耳鼻咽喉科研修を希望する初期研修医の研修を受け入れていますが、本年は田渕医師、田中医師がそれぞれ1か月間研修し、短い間ながら診療の場で活躍してくれました。

外来は月、火、木、金曜日の午前中、および月曜日と木曜日の午後に一般診療を、火曜日の午後は特殊外来として、諸検査、生検や小手術、あるいは頭頸部腫瘍の患者さんのフォローを行っております。また、水曜日の終日、及び金曜日の午後は手術室での手術枠に充てています。

手術対象は、耳、鼻副鼻腔疾患、口腔咽喉頭疾患、頸部腫瘍と多岐にわたっていますが、当院では良性疾患の症例が圧倒的に多いのが現状です。

鼻副鼻腔手術はナビゲーションシステムを使用し、より安全、確実な手技を提供できるようになりました。

扁桃摘出術は最も多い手術ですが、習慣性扁桃炎、子供の扁桃肥大の他、腎臓内科からIgA腎症の患者さんを多数紹介いただき、ほぼ毎週コンスタントに行っております。

その他、甲状腺手術、副甲状腺手術も症例数を重ねて来ております。手術を要する疾患のほかには扁桃周囲膿瘍、急性喉頭蓋炎などの急性炎症、顔面神経麻痺、突発性難聴、急性期の内耳性めまいの入院治療を行っています。

頭頸部悪性腫瘍については甲状腺癌、一部の唾液腺癌、早期の口腔癌の手術、咽頭癌、喉頭癌の根治放射線照射治療に対応しております。また、透析患者さんの放射線治療が可能な病院は多くなく、腎臓内科に協力をお願いしながら当科入院の形で行うことが可能です。しかしながらマンパワーを要する悪性腫瘍手術については現時点では北海道大学病院、北海道がんセンター、市立札幌病院と連携を取りながら患者さんを紹介、治療を依頼しています。

アレルギー性鼻炎に対しては薬物療法の他、外来でのアルゴンプラズマによる粘膜焼灼術、適応は限られますが、入院下での下鼻甲介手術、後鼻神経切断術も行っております。最近はダニが原因のアレルギー性鼻炎に対して舌下免疫療法も提案しております。

近年、社会的問題ともなっている睡眠時無呼吸症候群(SAS)については終夜睡眠ポリグラフィー検査と持続式陽圧呼吸療法(CPAP)導入等を行っておりますが、SASについては外来でできるスクリーニング検査として、初診日当日にアプノモニターを貸し出し、結果により、精密検査である終夜睡眠ポリグラフ検査を一泊入院で行っております。

その他疾患についてもお気軽にお問合せいただければ幸いです。

総手術件数 2017年1月〜12月(外来手術を含む)

皮膚・皮下手術 3件
鼻・副鼻腔手術 84件
外耳・中耳・内耳手術 99件
咽頭・扁桃手術 85件
喉頭・気管 14件
顔面・口腔・頸部・食道 49件
334件
2013年 2014年 2015年 2016年
323件 359件 394件 403件

研究活動について

講演

  1. 山田 和之:NTT東日本札幌病院第213回健康セミナー 睡眠時無呼吸症候群について、2017年12月16日

講演座長

  1. 劉 澤周 座長:第131回札幌市耳鼻咽喉科医会学術研修会特別講演 アレルギー性鼻炎の治療 太田 伸男先生、2017年6月、札幌
  2. 劉 澤周 座長:第132回札幌市耳鼻咽喉科医会学術研修会特別講演 めまいのリハビリテーションと治療薬の選択について 新井 基洋先生、2017年9月、札幌
  3. 劉 澤周 座長:第133回札幌市耳鼻咽喉科医会学術研修会特別講演 好酸球性副鼻腔炎の治療の現状 高木 大先生、2017年12月、札幌