札幌病院


札幌病院ホーム > NTT東日本札幌病院について > 年報(2017年) > 小児科


小児科

業務内容

小児科は週2回の乳幼児検診、週3回の心臓外来(布施茂登医師担当)、週1回の神経外来(川村医師担当)、週1回の血液疾患外来(黒岩由紀医師担当)、のほかは、一般診療(感染症、アレルギー、腎疾患、自己免疫疾患、炎症性腸疾患、免疫不全、先天性代謝疾患、小児内分泌疾患など)(主に森俊彦医師が担当)を行っています。また、平成23年4月より毎週月曜日と木曜日の午後にSOTI外来(食物アレルギーの耐性誘導外来)(星野恵美子医師担当)を行っております。また、平成29年4月からは小児リウマチ性疾患が専門の櫻井のどか先生に週2回(月曜と火曜)来ていただいております。外来患者は急性感染症、気管支喘息などが中心です。入院病床は新生児6床と一般乳幼児20床で、入院総数は年間1300〜1400名程度です。多くは急性感染症ですが、内分泌疾患や食物アレルギーの負荷試験やrush SOTI患者も増えています。うちNICU入院は年間200名前後ですが、多くは当院で出生した児の高ビリルビン血症、感染症、呼吸障害、低出生体重児ですが、他の産院からの新生児の受け入れも積極的に行っており新生児の紹介入院も増えてきています。重症児は札幌医大病院やコドモックルに搬送し、うまく連携をとっています。

平日は午後8時まで、休日も午前中は院内に小児科医が待機しており、小児の救急患者は小児科医が対応するようにしております。また、それ以降の時間帯でも入院依頼に関しては小児科2次輪番に関係なく、急患室の看護師より直接待機の小児科医に連絡が行くようになっており、基本的に365日、24時間入院要請に関しては受けています。ただし産院からの新生児の入院に関してはNICUでのレスピレーターの使用状況によっては、受け入れできないことがありますが、極力断らないようにしております。

平成17年度より初期研修医が小児科にも研修に来るようになり、出来るだけ多くの患者様の主治医となってもらうようにしており、研修終了後は救急外来で小児の一次救急に対応できるようになってもらうことを目標としています。また、平成20年度より当院で募集した小児科後期研修医も診療に携わっており、毎年募集しています。

2017年度の疾患統計

NICU入院
低出生体重児 52例
(極低出生体重児 2例)
早産児(36週未満) 24例
人工呼吸器使用 2例 院外出生 19例
新生児黄疸 84例 新生児一過性多呼吸 26例
羊水吸引症候群 2例 新生児呼吸窮迫症候群 1例
無呼吸 5例 気胸・縦隔気腫 6例
新生児感染症(疑いも) 11例 新生児低血糖 28例
新生児仮死 17例 墜落分娩 1例
遺伝性球状赤血球症 1例 大血管転位症 1例
新生児バセドウ病 1例 脳梗塞 2例
脳静脈洞血栓症 1例 新生児けいれん 1例
多発奇形 2例
197例
小児科一般病棟入院
感染症、呼吸器疾患 気管支喘息 36例 喘息性気管支炎 37例
急性気管支炎 8例 RSウイルス感染症 134例
急性肺炎 85例 マイコプラズマ肺炎、感染症 25例
ヒトメタニューモウイルス感染 39例 急性上気道炎
+咽頭炎
+扁桃炎
35例
急性喉頭炎 14例 急性中耳炎 9例
急性副鼻腔炎 4例 急性胃腸炎 81例
(ノロウイルス腸炎 15例、ロタウイルス腸炎 19例、キャンピロバクター腸炎 2例、サルモネラ腸炎 5例、クロストリジウム1例、エネシニア腸炎 1例、病原大腸菌O157 2例)
インフルエンザ 29例
(A18例、B11例)
アデノウイルス感染症 27例
伝染性単核球症 and/or EBV感染 3例 無菌性髄膜炎 5例
突発性発疹 6例 溶連菌感染症 9例
急性虫垂炎 2例 ヘルペス性
歯肉口内炎
2例
手足口病 5例 ヘリコバクタピロリ感染症 1例
急性呼吸不全 2例
(インフルエンザA)
急性脳炎/脳症 7例
(MERS 5例)
敗血症 5例
(肺炎球菌2例 MRSA 1例)
蜂窩織炎 3例
回腸末端炎 1例 頚部/腋窩部リンパ節炎 8例
水痘 2例 丹毒 1例
咽後膿瘍 1例
内分泌代謝疾患 低身長 7例 甲状腺機能低下症 2例
高度肥満 2例 VD欠乏性くる病 1例
バセドウ病 1例 思春期早発症 1例
T型糖尿病 1例
腎、泌尿器疾患 急性腎盂腎炎
・尿路感染症
20例 ネフローゼ症候群 1例
リウマチ性疾患と
その周辺疾患
川崎病 51例 IgA血管炎 11例
多型性浸出性紅斑 2例 全身型若年性特発性関節炎 1例
リウマチ熱 1例 PFAPA 1例
血液、腫瘍性疾患 組織球性壊死性
リンパ節炎
4例 ITP 4例
先天性溶血性貧血 3例
神経疾患 熱性痙攣 33例
(複雑型熱性けいれん 16例)
胃腸炎に伴う痙攣 5例
MERS 5例 急性小脳失調症 1例
Leigh脳症 1例 ADEM 1例
慢性炎症性脱瑞性多発神経炎 1例 憤怒けいれん 1例
てんかん 1例
その他 食物アレルギー 54例
(食物負荷試験 51例、slow SOTI 25例)
アナフィラキシー 3例
Hunter症候群
(酵素補充療法)
1例 腸重積症 4例
たばこ誤飲 1例 潰瘍性大腸炎 4例
先天性胆道拡張症 2例 多発性乳児血管腫 1例
片側巨脳症 1例 溶血性尿毒症症候群 2例
急性膵炎 1例 急性肝炎 2例
逆流性食道炎 1例 十二指腸潰瘍 1例
肛門周囲膿瘍 1例 育児過誤 1例
起立性調節障害 1例
1086例

研究活動について

特別講演

  1. 布施茂登(NTT東日本札幌病院小児科):川崎病における冠動脈評価の意義と心エコーによる冠動脈描出のポイント、第8回北海道川崎病研究会冠動脈エコー ハンズオンセミナーin帯広(2017.2.4. 帯広)
  2. 布施茂登(NTT東日本札幌病院小児科):川崎病の最近の話題、千歳恵庭小児科学術講演会(2017.2.10. 千歳)
  3. 平川賢史(NTT東日本札幌病院小児科): こんなときどうしたら良いの!? 〜ねつ、せき、けいれん時の受診のタイミングについて〜.NTT東日本札幌病院健康セミナー(2017.4.22. 札幌)
  4. 布施茂登(NTT東日本札幌病院小児科):いか問的アプローチによる川崎病と心エコー、第37回東海川崎病研究会(2017.5.19. 名古屋)
  5. 森 俊彦(NTT東日本札幌病院小児科):RSウイルスとヒト・メタニューモウイルス(hMPV)について. 新米ママの育児講座(2017.7.19.札幌)
  6. 布施茂登(NTT東日本札幌病院小児科):川崎病の心臓の検査、第38回川崎病の子供をもつ親の会 総会・講演会(2017.9.18.東京)

研修会

  1. 布施茂登(NTT東日本札幌病院小児科):川崎病と薬剤治療.第251回薬剤師臨床セミナー、札幌薬剤師会(2017.2.9.札幌)
  2. 森 俊彦(NTT東日本札幌病院小児科):2016/2017シーズン4価インフルエンザワクチンの有効性について-test-negative designによる検討-.H29年第11回医局カンファレンス(2017.7.13.札幌)
  3. 布施茂登(NTT東日本札幌病院小児科):川崎病の心臓検査.川崎病医療講演会、相談会(2017.10.15. 札幌)
  4. 布施茂登(NTT東日本札幌病院小児科):計測値の標準化とZスコアについて.移行期心エコーとPAH治療を考える会(2017.10.18. 札幌)

学会一般発表

  1. 平川賢史、實川友美、黒岩由紀、布施茂登、森俊彦(NTT東日本札幌病院小児科):髄膜炎の反復を契機に診断に至ったCINCA/NOMID症候群の一例 第29回北海道小児リウマチ性疾患研究会(2017.2.25.札幌)
  2. 西野瑛理、實川友美、星野恵美子、平川賢史、黒岩由紀、布施茂登、森 俊彦(NTT東日本札幌病院小児科):当院での14年間における小児腸重積症例の臨床的検討 第298回日本小児科学会北海道地方会 (2017.2.26.札幌)
  3. 星野恵美子、實川友美、西野瑛理、平川賢史、黒岩由紀、布施茂登、森 俊彦(NTT東日本札幌病院小児科):当院における食物アレルギーに関連する運動負荷試験の検討 第298回日本小児科学会北海道地方会 (2017.2.26.札幌)
  4. 平川賢史、實川友美、黒岩由紀、布施茂登、森俊彦(NTT東日本札幌病院小児科):プロプラノロールで軽快した乳児血管腫の2例  第120回日本小児科学会学術集会(2017.4.14-16. 東京)
  5. 森 俊彦、西理瑛理、實川友美、星野恵美子、平川賢史、黒岩由紀、布施茂登 (NTT東日本札幌病院小児科):小児百日咳62例の臨床的検討(2012年〜2016年) 第120回日本小児科学会学術集会(2017.4.14-16. 東京)
  6. 平川賢史、矢吹郁美、星野恵美子、櫻井のどか、黒岩由紀、布施茂登、森 俊彦(NTT東日本札幌病院小児科):MRSAによる敗血症と筋炎・筋肉膿瘍を呈した女児例 第299回日本小児科学会北海道地方会 (2017.6.4.旭川)
  7. 森 俊彦、矢吹郁美、星野恵美子、櫻井のどか、平川賢史、黒岩由紀、布施茂登(NTT東日本札幌病院小児科):2016/2017シーズンインフルエンザワクチンの有効性について- test-negative design - 第299回日本小児科学会北海道地方会 (2017.6.4.旭川)
  8. 平川賢史、矢吹郁美、櫻井のどか、黒岩由紀、布施茂登、森俊彦(NTT東日本札幌病院小児科):Van Neck-Odelberg病に骨髄炎を合併した一例 第69回北日本小児科学会(2017.9.2. 札幌)
  9. 布施茂登(NTT東日本札幌病院小児科):川崎病診断治療ガイドラインAHA2017 第18回北海道川崎病研究会(2017.9.17.札幌)
  10. 平川賢史、矢吹郁美、櫻井のどか、黒岩由紀、布施茂登、森俊彦(NTT東日本札幌病院小児科):冬季に手足口病が家庭内感染し、コクサッキーA6型による急性脳症を発症した一乳児例 第22回日本神経感染症学会総会・学術大会(2017.10.13-14.北九州)
  11. 平川賢史、矢吹郁美、櫻井のどか、黒岩由紀、布施茂登、森俊彦(NTT東日本札幌病院小児科):MRSAによる敗血症に多発する化膿性筋炎と筋膿瘍を呈した一乳児例 第49回日本小児感染症学会総会・学術集会(2017.10.21-22.金沢)
  12. 田中大地、平川賢史、矢吹郁美、櫻井のどか、黒岩由紀、布施茂登、森俊彦(NTT東日本札幌病院小児科):リウマチ熱の一例 第49回日本小児感染症学会総会・学術集会(2017.10.21-22.金沢)
  13. 田渕葵、平川賢史、矢吹郁美、櫻井のどか、黒岩由紀、布施茂登、森俊彦(NTT東日本札幌病院小児科):左胸部痛を契機に診断に至った、感染性心内膜炎を背景とした脾膿瘍の一例 第49回日本小児感染症学会総会・学術集会(2017.10.21-22.金沢)
  14. 岩佐真美、平川賢史、矢吹郁美、櫻井のどか、黒岩由紀、布施茂登、森俊彦(NTT東日本札幌病院小児科):当科で経験したロタウイルス腸炎に合併したMERS5例の検討 第49回日本小児感染症学会総会・学術集会(2017.10.21-22.金沢)
  15. 森 俊彦、矢吹郁美、櫻井のどか、平川賢史、星野恵美子、黒岩由紀、布施茂登(NTT東日本札幌病院小児科):2016/2017シーズン4価インフルエンザワクチンのtest-negative designによる有効性の検討 第49回日本小児感染症学会総会・学術集会(2017.10.21-22.金沢)
  16. 黒岩由紀、矢吹郁美、櫻井のどか、平川賢史、星野恵美子、布施茂登、森 俊彦(NTT東日本札幌病院小児科):当院における過去10年間のマイコプラズマ感染症での入院症例447例の検討 第49回日本小児感染症学会総会・学術集会(2017.10.21-22.金沢)
  17. 平川賢史、矢吹郁美、櫻井のどか、黒岩由紀、布施茂登、森俊彦(NTT東日本札幌病院小児科):Clinical investigation of 6 cases of MERS complicated with rotavirus gastroenteritis 第65回日本ウイルス学会学術集会(2017.10.24-26. 大阪)
  18. 平川賢史、矢吹郁美、櫻井のどか、黒岩由紀、布施茂登、森俊彦(NTT東日本札幌病院小児科):ブドウ球菌性敗血症を呈した重症伝染性膿痂疹の一例 第25回北海道小児感染症研究会(2017.11.4.札幌)
  19. 平川賢史、矢吹郁美、星野恵美子、櫻井のどか、黒岩由紀、布施茂登、森 俊彦(NTT東日本札幌病院小児科):2017年初夏に当科で経験したHuman Parechovirus type 3による急性脳炎・脳症5例の検討 第300回日本小児科学会北海道地方会 (2017.12.3.札幌)
  20. 矢吹郁美、星野恵美子、平川賢史、櫻井のどか、黒岩由紀、布施茂登、森俊彦(NTT東日本札幌病院小児科):メサラジン不耐症が疑われた潰瘍性大腸炎の10歳男児の一例 第300回日本小児科学会北海道地方会 (2017.12.3.札幌)