札幌病院


札幌病院ホーム > NTT東日本札幌病院について > 年報(2017年) > 糖尿病内分泌内科


糖尿病内分泌内科

業務内容

糖尿病内分泌内科は1型糖尿病、2型糖尿病などの糖代謝疾患と下垂体、副腎、甲状腺などの内分泌疾患、骨粗鬆症や脂質異常症などの代謝疾患を診療しております。人事ですが2017年は3月末に宮野医師が異動となり、5月末に重沢医師が産休・育休に入り、4月から着任した老田医師、園田医師とで外来と病棟診療を行いました。7月末に園田医師が異動となり8月から北尾医師が勤務を開始しており4名体制を維持しておりました。

外来は月曜日〜木曜日の午前・午後、金曜日の午前に行っております。新患は原則午前外来で対応しておりますが、臨時・緊急の患者は随時診療しております。

外来

糖代謝疾患では、健康診断で糖尿病が疑われた方の精密検査に始まり他院からの糖尿病専門治療の依頼や急性代謝異常(ケトアシドーシス、低血糖)、合併症検査まで、幅広く診療を行っております。高齢者が年々増加しており、インスリンやGLP-1受容体作動薬などの外来導入を行い、経験豊富な療養指導士のもと積極的に進めております。 内分泌疾患では、バセドウ病や橋本病などの甲状腺機能異常、甲状腺腫瘍の細胞診、骨粗鬆症の診断と治療、下垂体・副腎疾患の内科治療、電解質異常の精査加療など、すべての分野に偏りなく当科では診断・治療を行っております。

当科は日本糖尿病学会ならびに日本内分泌学会の専門医認定施設です。全国的な疫学調査、多施設共同研究や新薬の治験を積極的に実施し、医療レベルの向上にも貢献しております。外来患者数は、再来患者月平均1870人、新患は年間395人で、新患を含めた年間延べ22840人となっております(図1)。糖尿病療養指導専門外来ならびにフットケア外来の過去6年の推移は図2のようになっております。

入院

入院患者数は182人、うち84人が糖尿病、86人が内分泌疾患、その他、感染症などで12人でした。ここ数年は糖尿病と内分泌疾患の患者数は横ばいでほぼ同数になっております。

当院の糖尿病教育入院プログラムは、眼科・腎臓内科医からの合併症の専門講義や糖尿病療養指導士を中心とした看護師・薬剤師・臨床検査技師・理学療法士による講義・運動指導を行いどの曜日からでも参加可能なカリキュラムです。かかりつけのクリニックから、教育入院プログラムのみ参加する“病診連携”も積極的に活用を呼びかけております。内分泌分野においては、下垂体疾患では近隣の中村記念病院との定期合同カンファレンスや勉強会を実施し連携しております。電解質異常や糖尿病・内分泌疾患に合併した感染症などでの入院にも幅広く対応しております。

初期研修

2017年は6名の初期研修医が当科で研修されました。各人が病棟医として患者を受け持ち、糖尿病ならびに内分泌分野の幅広い疾患を網羅的に経験されております。また、外科病棟の周術期血糖管理やステロイド糖尿病の治療など、総合病院の中における糖尿病・内分泌治療について数多く経験しております。毎朝の病棟ブリーフィング、回診、週1回の病棟カンファレンスや抄読会、勉強会でのプレゼンテーションを担当し、豊富な症例のもと、全道規模の研究会・全国学会などに数多くの発表の機会がありました。詳細は下記をご参照ください。

図1 過去6年の外来患者数の推移

図2 過去6年の外来糖尿病療養指導とフットケア外来

図3 過去6年の入院患者数

表:内分泌疾患により入院した患者のうちわけ(2017年)

下垂体疾患(23例) 下垂体前葉機能低下症 12例
先端巨大症 3例
尿崩症 3例
視床下部障害 2例
その他 3例
甲状腺疾患(18例) グレーブス病(アイソトープ治療含む) 12例
甲状腺癌 3例
その他 3例
副腎疾患(33例) 原発性アルドステロン症 25例
サブクリニカルクッシング症候群 2例
副腎腫瘍 2例
その他 4例
電解質異常(8例) 低ナトリウム血症 5例
低カリウム血症 2例
その他 1例
その他(4例) インスリノーマ 2例
その他 2例

研究活動について

原著

  1. Nitta H, Katagiri S, Nagasawa T, Izumi Y, Ishikawa I, Izumiyama H, Uchimura I, Kanazawa M, Chiba H, Matsuo A, Utsunomiya K, Tanabe H, Takei I, Asanami S, Kajio H, Ono T, Hayashi Y, Ueki K, Tsuji M, Kurachi Y, Yamanouchi T, Ichinokawa Y, Inokuchi T, Fukui A, Miyazaki S, Miyauchi T, Kawahara R, Ogiuchi H, Yoshioka N, Negishi J, Mori M, Mogi K, Saito Y, Tanzawa H, Nishikawa T, Takada N, Nanjo K, Morita N, Nakamura N18, Kanamura N18, Makino H19, Nishimura F19, Kobayashi K20, Higuchi Y20, Sakata T, Yanagisawa S, Tei C, Ando Y, Hanada N, Inoue S: The number of microvascular complications is associated with an increased risk for severity of periodontitis in type 2 diabetic patients: Results of a multicenter hospital-based cross-sectional study. J Diabetes Investig 8 677-686 2017
  2. Nomoto H, Miyoshi H, Nakamura A, Nagai S, Kitao N, Shimizu C, Atsumi T. A case of osteomalacia due to deranged mineral balance caused by saccharated ferric oxide and short-bowel syndrome: A case report.Medicine (Baltimore). 2017 Sep;96(39):e8147. doi: 10.1097/MD.0000000000008147.
  3. Kono M, Hasegawa T, Nagai S, Odani T, Akikawa K, Nomura Y, Sato H, Kikuchi K, Amizuka N, Kikuchi H. Palisaded neutrophilic and granulomatous dermatitis as a novel cause of hypercalcemia: A case report. Medicine (Baltimore). 2017 May;96(21):e6968. doi: 10.1097/MD.0000000000006968.
  4. Nomoto H, Kimachi K, Miyoshi H, Kameda H, Cho KY, Nakamura A, Nagai S, Kondo T, Atsumi T. Effects of 50 mg vildagliptin twice daily vs. 50 mg sitagliptin once daily on blood glucose fluctuations evaluated by long-term self-monitoring of blood glucose. Endocr J. 2017;64(4):417-424
  5. Takahashi K, Nakamura A, Miyoshi H, Nomoto H, Kameda H, Cho KY, Nagai S, Shimizu C, Taguri M, Terauchi Y, Atsumi T. Factors associated with an inadequate hypoglycemia in the insulin tolerance test in Japanese patients with suspected or proven hypopituitarism. Endocr J. 2017;64(4):387-392
  6. Kitao N, Miyoshi H, Furumoto T, Ono K, Nomoto H, Miya A, Yamamoto C, Inoue A, Tsuchida K, Manda N, Kurihara Y, Aoki S, Nakamura A, Atsumi T; SAIS Study Group. The effects of vildagliptin compared with metformin on vascular endothelial function and metabolic parameters: a randomized, controlled trial (Sapporo Athero-Incretin Study 3). Cardiovasc Diabetol. 10.1186/s12933-017-0607-6, 2017
  7. 宮野 有希恵、永井 聡、重沢 郁美、吉岡 成人:遺伝子解析で診断したGitelman症候群の一例 日本内分泌学会雑誌 93 Suppl.Update 29-30,2017

著書

  1. 吉岡成人、和田典男、永井聡:内分泌代謝レジデントマニュアル第4版
  2. 吉岡成人:代謝疾患 最近の動向 今日の治療指針2017年度版 総編集:山口 徹/北原光夫/福井次矢 678-680 医学書院 2017 東京
  3. 吉岡成人:少しだけSU薬 SU薬を有効に使う手法 むかしの頭で見ていませんか?糖尿病をスッキリまとめました 森保通/大西由希子編 110-114 南江堂 2017 東京

総説

  1. 吉岡成人:SU薬 ごく少量を上手に使う 糖尿病診療マスター 15 32-36 2017
  2. 吉岡成人:Perspective:Unmet Medical Needsとしての低血糖 糖尿病診療マスター 15 95 2017
  3. 吉岡成人:2016年概説 糖尿病 脳心腎血管疾患クリニカルトライアル Annual Overview 2017 臨床研究適正評価教育機構(J-CLEAR) 編集 15-16 Life Science Publishing 2017 東京
  4. 吉岡成人:トライアルレビュー:EMPA-REG OUTCOME試験のサブ解析 SGLT2阻害薬は糖尿病腎症の進展を抑制する 脳心腎血管疾患クリニカルトライアル Annual Overview 2017 臨床研究適正評価教育機構(J-CLEAR) 編集 48 Life Science Publishing 2017 東京
  5. 吉岡成人:糖尿病眼合併症に対する治療継続のために―内科からの提言― 日本糖尿病眼学会会誌 21 32-35 2016
  6. 吉岡成人:診療ガイドラインのとらえ方 糖尿病診療マスター 5 390-394 2017
  7. 吉岡成人:カナグリフロジンによる心血管・腎イベントの抑制と下肢切断、骨折の増加―CANVAS試験、CANVAS-R試験― ケアネット CLEAR!ジャーナル四天王 http://www.carenet.com/news/clear/journal/44207
  8. 吉岡成人:2型糖尿病治療の展望 日本冠疾患学会雑誌 23 113-116 2017
  9. 吉岡成人、住谷哲、小川大輔:糖尿病の適正薬物治療を巡って 日本医事新報 4865 52-59 2017
  10. 吉岡成人:GLP-1受容体作動薬は心イベントのみならず、腎イベントも抑制する CLEAR! ジャーナル四天王 http://www.carenet.com/news/clear/journal/44685
  11. 吉岡成人:エキセナチドの週1回製剤とリラグルチドの週1回製剤は異なる作用を持つのだろうか…? http://www.carenet.com/news/clear/journal/44808
  12. 吉岡成人:編集委員が選ぶ My Best Article 糖尿病診療マスター 15 1029 2017
  13. 永井聡、吉岡成人:【糖尿病治療の個別化-個々の症例にベストな治療とは】 糖尿病総論 糖尿病治療とポリファーマシーの問題  内科 119 57-60 2017
  14. 永井聡:筋力低下時の血清K値をどう解釈するか? 自覚症状が現れる低K血症のレベルは? 日本医事新報 4844 61-62 2017

学会講演

  1. 吉岡成人:教育講演:sick day とその対応 第60回日本糖尿病学会年次学術集会、2017年5月20日、名古屋市
  2. 吉岡成人:各科トピックス:糖尿病診療の現状と課題 第97回北海道医学大会総会 2017年9月16日、札幌市
  3. 吉岡成人:Meet the Expert 糖尿病診療の個別化:目標設定と治療選択の課題と実践 第27回臨床内分泌代謝 Update、2017年11月25日、神戸市

学会発表

  1. Kitao N, Nakamura A, Miyoshi H, Takahashi K, Yamamoto K, Nomoto H, Cho KY, Terauchi Y, Atsumi T. Glucokinase- and insulin receptor substrate-2 independent pathway was involved in pancreatic beta cell replication induced by short-term high-fat diet feeding in mice. The 53rd Annual Meeting of the European Association for the Study of Diabetes in Lisbon-Portugal 11-15 September 2017
  2. 宮野 有希恵、永井 聡、重沢 郁美、吉岡 成人:高齢者糖尿病の骨量減少とサルコペニアに関する検討 NTT 東日本札幌病院 糖尿病内分泌内科 第29回北海道骨粗鬆症研究会学術集会 2017年2月18日、札幌市
  3. 永井 聡、重沢 郁美、宮野 有希恵、大森 一乃、吉岡 成人:成人成長ホルモン分泌不全症患者のQOLとGHRP-2試験におけるコルチゾールの反応性との関連性 第90回日本内分泌学会学術総会 2017年4月20日-22日、京都市
  4. 宮野 有希恵、永井 聡、重沢 郁美、吉岡 成人:初診糖尿病患者の入院治療の長期効果に関する検討 第60回日本糖尿病学会年次学術集会 2017年5月18日-20日、名古屋市
  5. 小森 崇史、永井 聡、重沢 郁美、宮野 有希恵:高齢者に対するデュラグルチドの使用経験 第60回日本糖尿病学会年次学術集会 2017年5月18日-20日、名古屋市
  6. 北尾直之、三好秀明、古本智夫、竹内淳、土田健一、増田創、永井聡、井上篤、宮愛香、山本浩平、山本知穂、野本博司、渥美達也、萬田直紀、栗原義夫、青木伸 2型糖尿病患者におけるビルダグリプチンとメトホルミンの併用投与による血管内皮機能及び代謝に及ぼす影響の検討Sapporo Athero-Incretin Study 3 第60回日本糖尿病学会年次学術集会 2017年5月18-20日 名古屋市
  7. 宮野有希恵、永井聡、重沢郁美、吉岡成人:HbA1c7%未満の後期高齢者糖尿病患者における1年間の経過 第28回日本老年医学会北海道地方会 2017年6月24日
  8. 永井聡、園田祥子、重沢郁美、老田真佑子、吉岡成人:2型糖尿病患者における甲状腺機能検査と慢性腎臓病(CKD)との関連性 第35回北海道甲状腺談話会 2017年7月29日、札幌市
  9. 老田真佑子、永井聡、園田祥子、重沢郁美、吉岡成人:85歳以上超高齢者における甲状腺機能と生命予後に関する検討 第35回北海道甲状腺談話会 2017年7月29日、札幌市
  10. 宮愛香、古川真、西尾太郎、北川浩彦、゙圭龍、永井聡:当院におけるバセドウ病患者に対する放射性ヨウ素内用療法の検討 第35回北海道甲状腺談話会 2017年7月29日、札幌市
  11. 高橋 由華、永井 聡、老田 真佑子、重沢 郁美、北尾直之、吉岡 成人:75歳以上の糖尿病患者におけるメトホルミン投与の安全性の検討 第51回日本糖尿病学会北海道地方会 2017年11月5日、札幌市
  12. 老田真佑子、北尾直之、重沢郁美、永井聡、吉岡成人:2型糖尿病患者に於けるTSH値と大血管疾患・慢性腎臓病の合併及び発症・進展との関連性 第51回日本糖尿病学会北海道地方会 2017年11月5日、札幌市
  13. 長門 真美、老田 真佑子、重沢 郁美、園田 祥子、永井 聡、吉岡 成人、林 良敬:下垂体腺腫を認め鑑別に注意を要した甲状腺ホルモン不応症の一例 第27回臨床内分泌代謝Update 2017年11月24日-25日、神戸市
  14. 高橋 由華、重沢 郁美、永井 聡、園田 祥子、老田 真佑子、吉岡 成人: 感染症と低Na血症を繰り返し診断された汎下垂体機能低下症の2例 第27回臨床内分泌代謝Update 2017年11月24日-25日、神戸市

講演

  1. 吉岡成人:糖尿病治療の最新の話題 第9回北海道心血管談話会、2017年2月4日、札幌市
  2. 吉岡成人:高齢化社会における2型糖尿病のインスリン治療、2017年3月5日、JAPAN FITTER エキスパートワークショップ 大阪市
  3. 吉岡成人:糖尿病診療の現状と課題 第3回糖尿病眼合併症フォーラム in 浦安、2017年3月24日、浦安市
  4. 吉岡成人:糖尿病診療における現状と課題 第60回日本糖尿病学会年次学術集会ランチョンセミナー、2017年5月18日、名古屋市
  5. 吉岡成人:糖尿病診療の現状と課題 高知臨床糖尿病シンポジウム、2017年6月8日、高知市
  6. 吉岡成人:エビデンスと実臨床を踏まえた経口糖尿病治療薬の使い分け DM Forum in ASAHIKAWA、2017年6月16日、旭川市
  7. 吉岡成人:エビデンスと実臨床を踏まえた経口糖尿病治療薬の使い分け 月曜会 THE FINAL、2017年6月26日、札幌市
  8. 吉岡成人:糖尿病患者におけるスタチンの功罪 第6回三角山循環器勉強会、2017年7月14日、札幌市
  9. 吉岡成人:糖尿病診療の現状と課題 第16回北海道病院学会 ランチョンセミナー、2017年7月22日、札幌市
  10. 吉岡成人:糖尿病診療における現状と課題 第3回健康寿命の延伸を考える研究会 in 東北、2017年9月30日、仙台市
  11. 吉岡成人:高齢化社会を見すえた2型糖尿病の治療 第57回臨床化学会 年次学術集会 ランチョンセミナー、2017年10月8日、札幌市
  12. 吉岡成人:低血糖のリスクを考慮した糖尿病治療 Clinical Diabetes Conference 〜低血糖を予防するために〜、2017年10月18日、札幌市
  13. 吉岡成人:高齢化社会における糖尿病治療 Diabetes Meeting in Oita、2017年11月2日、大分市
  14. 吉岡成人:高齢化社会における2型糖尿病のインスリン治療 第54回日本糖尿病学会近畿地方会 ランチョンセミナー、2017年11月11日、大阪市
  15. 吉岡成人:QOLを維持するための糖尿病治療とは? ―糖尿病専門医の立場から― 糖尿病と歯周病に関する研修会、2017年12月2日、小樽市
  16. 永井聡:いま、インスリン治療を考える〜インスリン治療の意義〜 第51回糖尿病学の進歩ランチョンセミナー、2017年2月17日、京都市
  17. 永井聡:内分泌疾患と骨粗鬆症 第29回北海道骨粗鬆症研究会学術集会、2017年2月18日、札幌市
  18. 永井聡:第193回北海道理学療法士会技術講習会 最新の糖尿病治療と理学療法、2017年2月19日、札幌市
  19. 永井聡:基礎インスリン治療を考える〜メリットとデメリット〜 函館病院薬剤師会第315回例会・学術講演会、2017年3月17日、函館市
  20. 永井聡:いま、インスリン治療を考える〜インスリン治療の意義〜 リアルワールドの糖尿病診療を考える会、2017年4月7日、札幌市
  21. 永井聡:糖尿病と認知症、骨折との"密”な関係 旭川市民フォーラム、2017年4月8日、旭川市
  22. 永井聡:いま、インスリン治療を考える〜適切なタイミングでのインスリン治療〜 釧路糖尿病治療学術講演会、2017年4月11日、釧路市
  23. 永井聡:今改めて、インスリン分泌促進系薬を見直す 第3回柔軟に糖尿病治療を考える会、2017年4月24日、札幌市
  24. 永井聡:最新の血糖コントロール=私の考え方とコツ= 時計台循環器ミーティング、2017年5月9日、札幌市
  25. 永井聡:高齢者糖尿病の血糖管理を考える 第14回臨床内科研究会、2017年5月26日、札幌市
  26. 永井聡:下垂体の見方 Sapporo Endocrine Metabolism Conference、2017年5月29日、札幌市
  27. 永井聡:糖尿病と骨粗鬆症 第22回実地医家のための糖尿病治療フォーラム、2017年6月28日、札幌市
  28. 永井聡:フレイルと高齢者の糖尿病治療 第476回苫小牧市医師会学術講演会、2017年7月13日、苫小牧市
  29. 永井聡:多様化する高齢者糖尿病治療におけるDPP-4阻害薬の役割 明日からの糖尿病治療を考える懇話会、2017年7月29日、金沢市
  30. 永井聡:下垂体疾患に対する内科治療 下垂体患者の会札幌講演会、2017年9月2日、札幌市
  31. 永井聡:基礎インスリン治療について考える〜インスリン治療のタイミング〜 実臨床におけるインスリン治療を再考する、2017年9月6日、札幌市
  32. 永井聡:基礎インスリン治療について考える〜インスリン治療のタイミング〜 インスリンWebストリーミング講演会、2017年9月8日、札幌市
  33. 永井聡:骨粗鬆症と生活習慣病について 浦河地区生活習慣病フォーラム、2017年9月12日、浦河町
  34. 永井聡:いま、インスリンを考える〜インスリン治療のタイミング〜 Meet the Expert、2017年9月16日、東京都
  35. 永井聡:SGLT2阻害薬の有効例・無効例について Diabetes Expert Seminar in Sapporo 2017、2017年10月13日、札幌市
  36. 永井聡:超高齢社会における糖尿病治療戦略 明日からの糖尿病治療を考える懇話会、2017年10月14日、札幌市
  37. 永井聡:高齢者糖尿病治療におけるDPP-4阻害薬のメリットとデメリット 城北城西地区学術講演会 糖尿病治療UPDATE、2017年10月23日、東京都
  38. 永井聡:超高齢社会における糖尿病治療戦略 糖尿病診療と災害、2017年10月26日、札幌市
  39. 永井聡:多様化する高齢者糖尿病治療におけるDPP-4阻害薬の役割 糖尿病治療薬を再考する、2017年10月27日、札幌市
  40. 永井聡:高齢者糖尿病治療におけるDPP-4阻害薬を考える Meet the Expert、2017年10月28日、大阪市
  41. 永井聡:いま、インスリンを考える〜インスリン治療のタイミング〜 Meet the Expert、2017年11月11日、東京都
  42. 永井聡:超高齢社会における2型糖尿病治療 深川医師会学術講演会、2017年11月16日、深川市
  43. 永井聡:インスリン治療のタイミングと基礎インスリンの選び方 Diabetes & Insulin Forum in Obihiro、2017年11月20日、帯広市
  44. 永井聡:外来でのスムーズなインスリン導入と注意点 糖尿病メディカルスタッフセミナー2017、2017年11月27日 室蘭市
  45. 永井聡:投与頻度が違う薬剤の使い分けについて〜1日3回から週1回製剤まで〜 第4回柔軟に糖尿病治療を考える会、2017年11月28日、札幌市
  46. 永井聡:プロラクチノーマupdate Sapporo Endocrine Metabolism Conference、2017年11月29日、札幌市
  47. 永井聡:糖尿病治療における運動療法・食事療法 平成29年度北渡島檜山地域糖尿病研究会、2017年12月2日、八雲町
  48. 永井聡:SGLT2阻害薬の積極的な活用とその問題点 デベルザWebカンファレンス、2017年12月6日、札幌市
  49. 永井聡:超高齢社会の糖尿病治療-Now&Future- Nobel Possibility 〜How to Diabetes management〜、2017年12月18日、札幌市
  50. 長門真美:甲状腺抗体陽性で鑑別に注意を要したSITSHの1例 Sapporo Endocrine Metabolism Conference、2017年5月29日、札幌市
  51. 恒川良兼:後天性腎性尿崩症の一例 Sapporo Endocrine Metabolism Conference、2017年11月29日、札幌市