札幌病院


札幌病院ホーム > NTT東日本札幌病院について > 年報(2016年) > 泌尿器科


泌尿器科

人の動き

3月一杯で廣部恵美先生が札幌医科大学へ、橋本次朗先生がJCHO北海道病院へ移動されました。丸尾一貴先生は初期研修を終了され函館五稜郭病院へ異動されました。昨年に続いて2名同時交替となりました。4月からは西田幸代先生と京田有樹先生が札幌医科大学から着任されました。西田先生は16年目、京田先生は13年目ですので電カル等のシステムに慣れてからは昔からいるかの如くバリバリ働いていただき大変助かっております。西田先生は廣部先生に続いての女性医師で、就学前のお子さんが2名いらっしゃいます。今迄同様17時までに手術を含めたすべての業務が終了するようにし、子育て中でも外科医として思う存分働いていただいております。

女性医師の増加に伴い、学会においても男女共同参画委員会が設置され、学会シンポジウムで女性医師の働き方などが取り上げられています。最近のkey wordsは「ワーク・ライフバランス」、「ダイバーシティ」などですが、2年ほど子育て中の女性医師と一緒に働いて思うことは、別に女性医師だから特別の配慮をするのではなく、男女に関係なく勤務医全体の問題であるということです。患者を治療する医師が精神的にも肉体的にも不健康では話になりませんし、患者のQOL向上を目指すのであれば医療者側のQOLも高める必要があります。医師で勤務時間内に仕事を終わらせるために、しかし症例数等を減らすことなく、むしろ手術件数を増やすために、いかに合理的にシンプルに業務をこなすか工夫することも大切だと考えています。ちなみに泌尿器科ではできるだけ有給休暇を取得する、有給で冬休みを取ることを実行しており、2017年2月からはPremium Fridayも実施する予定です(国の政策です)。

京田先生は大学院4年目で追加実験、論文作成・投稿など行いながら日常業務もしっかりこなすタフな先生です。金曜日になると、緊急入院や緊急ステント挿入を引き当て病院に貢献する引きの良さも抜群です。

診療・業務内容

表に示すように手術件数は653件と増加しております。限局性前立腺癌に対する根治的前立腺摘除術は札幌市内でda Vinci systemによるロボット手術が他施設行われている影響で少ないですが2017年1月から当院でもda Vinci Xiを用いたロボット支援根治的前立腺摘除術(RALP)が開始される予定です。

研究活動としては症例、臨床研究等を学会で報告しておりますがなかなか論文化まで到達しておらず反省しております。今後も論文化に繋がるようなまとまった臨床研究を地道に継続したいと考えております。

外来、病棟、手術は症例数が飽和状態で常勤3名ではかなり厳しいですが、2017年4月からは1名増員の予定です。現在も手術・検査に大学からお手伝いに来ていただいている状況ですが少し自立できそうです。また他診療科の先生方、コメディカルスタッフの皆様から多大なご支援を頂き何とか乗り切っています。この場を借りて御礼申し上げます。

2016年の手術件数(計653件)

副腎 副腎摘除術(腹腔鏡) 6
腎・後腹膜 根治的腎摘除術(腹腔鏡) 14
根治的腎摘除術(Open) 0
腎部分切除術(腹腔鏡) 8
腎部分切除術(Open) 2
根治的腎尿管摘除術(腹腔鏡) 10
根治的腎尿管摘除術(Open) 2
単純腎摘除術(腹腔鏡) 1
腎盂形成術(腹腔鏡) 3
経皮的腎瘻造設術 7
経皮的腎膿瘍ドレナージ 2
腎生検術 5
尿管 経尿道的尿管結石砕石術(TUL) 41
経尿道的尿管ステント留置術 109
尿管鏡 19
経尿道的腎盂凝固止血術 2
膀胱 膀胱全摘除術+回腸導管造設術 2
膀胱全摘除術+尿管皮膚瘻 1
膀胱部分切除術 2
TUR-BT 120
TU-EC 2
経尿道的膀胱結石摘出術 10
前立腺 根治的前立腺摘除術 12
TUR-P 5
前立腺針生検 119
経尿道的前立腺金マーカー挿入術 5
経尿道的射精管閉塞解放術 1
尿道 内尿道または膀胱頚部切開術 10
内視鏡的尿道腫瘍切除術 1
尿道結石摘出術 2
尿道憩室切除術 1
尿道カルンクル切除術 2
精巣 根治的精巣摘除術 4
精巣摘除術 2
除睾術 3
精巣固定術 1
不妊 顕微鏡下精索静脈瘤低位結紮術 35
精巣内精子採取術(MD-TESE) 19
精巣内精子採取術(Needle-TESE) 1
女性 TOT 3
TVM 6
体外衝撃波腎尿管結石破砕術 46
その他 陰嚢水腫根治手術 2
精液瘤根治手術 1
環状切開術 2
再縫合術 2

研究活動について

著書、原著

  1. 伊藤直樹:男性不妊症 1 男性内分泌 A 視床下部- 下垂体- 精巣系 不妊・不育診療指針(柴原浩章 編著)、東京、中外医学社、2016、p598-601

講演、学会発表

  1. 伊藤直樹、廣部恵美、橋本次朗:精索静脈瘤に対する顕微鏡下低位結紮術の検討〜特に妊娠率に関して〜 第58北海道生殖医学会 2016.2.20 札幌
  2. Ito N, Hirobe M, Hashimoto J: How many days do patients with overactive bladder(OAB)receive treatment in real life practice? Comparison of anti-cholinergic agents and beta3-adrenergic receptor agonist. 31st Annual European Association of Urology Congress 2016.3.13. Munich.
  3. Ito N, Hirobe M, Hashimoto J, Maruo K: How many days do patients with overactive bladder(OAB)receive treatment in real life practice? Comparison of anti-cholinergic agents and beta3-adrenergic receptor agonist. 第104回日本泌尿器科学会総会 2016.4.24 仙台市
  4. 京田有樹:高血圧自然発症ラットの前立腺、尿道における神経内分泌細胞の分布 第104回日本泌尿器科学会総会 2016.4.25. 仙台市
  5. 伊藤直樹:男性不妊の基礎知識〜原因・検査から治療まで〜 札幌市不妊専門相談センター講演会 2016.7.2 札幌市
  6. 伊藤直樹:急増する前立腺がん〜なぜ増えているのか?どう見つけるのか?どう治すのか? 市民医療フォーラム2016 笑顔の生活〜毎日生き生きと過ごせる秘訣 2016.9.24. 札幌市
  7. 西田幸代:My medical professionalism life balance in 2016 JUA 男女共同参画委員会シンポジウム「医師としてのプロフェッショナリズムとワークライフバランスを考える」第81回日本泌尿器科学会東部総会 2016.10.7 青森市
  8. 伊藤直樹、前田俊浩、田中俊明、森若治、神谷博文:精索静脈瘤に対する顕微鏡下低位結紮術の検討〜特に妊娠率に関して〜 第61回日本生殖医学会学術講演会 2016.11.3 横浜市
  9. 伊藤直樹:パネルディスカッション「がんと闘う」NTT東日本札幌病院 第200回健康セミナー記念講演会 2016.11.19 札幌市
  10. 京田有樹、舛森直哉:神経内分泌細胞は前立腺肥大症の発生に関与するか シンポジウムI 前立腺肥大症の成因に迫る 第23回日本排尿機能学会 2016.12.6 東京都
  11. 京田有樹、小林 皇、高柳昭夫、松田洋平、新海信雄、市原浩司、福多史昌、舛森直哉:指動脈弾力性と膀胱機能の関係神経 第23回日本排尿機能学会 2016.12.7 東京都

司会、座長

  1. 伊藤直樹:第15回北海道泌尿器科手術手技研究会 パネルディスカッション「腹腔鏡下腎部分切除術:どう切る?どう縫う?」モデレーター 2016.6.4 札幌市
  2. 伊藤直樹:第15回北海道泌尿器科手術手技研究会 基調講演「腹腔鏡下腎部分切除術のコツとピットフォールー230例の経験から」座長 2016.6.4 札幌市
  3. 伊藤直樹:第16回日本Men’s Health医学会モーニングセミナー 座長 2016.7.10. 札幌市
  4. 伊藤直樹:泌尿器腹腔鏡ビデオ講習会 札幌会場司会 2016.8.20 札幌市
  5. 伊藤直樹: 平成28年度ICT セミナー 特別講演「手術部位感染対策 up to date」座長 2016.9.30 NTT東日本札幌病院