札幌病院


札幌病院ホーム > NTT東日本札幌病院について > 年報(2016年) > 整形外科・人工関節センター


整形外科・人工関節センター

業務内容

整形外科の対象疾患は、頸から手足の先まで、また乳児からご老人までと非常に多岐にわたります。常勤医の井上は膝、足関節を、内田、岩崎は下肢(膝、股関節、足)を専門に、また松橋は上肢(肩、肘、手)を専門として診療にあたっております。さらに北大整形外科から脊柱班で脊椎脊髄専門医の高畑雅彦講師、同門より脊椎、脊髄専門医の小谷先生と、股関節専門の井上正弘先生、小野寺先生の応援によりほぼ全域の整形外科疾患を網羅することができるようになっております。

北大整形外科の関連病院である当科は毎年最低一人から多くは三人が入れ替わります。今年度は清藤から内田への1人の入れ替えとなりました。

膝関節の担当は井上、内田、岩崎で、スポーツによる靭帯(前十字靭帯他)、半月板などの膝の障害に低侵襲の関節鏡手術や、高齢者の変形性膝関節症に対する人工関節形成術(TKA)、高位脛骨骨切り術(HTO)を行っております。前十字靭帯は最新の遺残靱帯を温存した解剖学的二重束再建術を取り入れ、術後の膝の安定性が向上しております。手術方法も術前のTransparent 3DCTやVR3DCTから骨孔作成部位を計画し、独自のC-arm イメージを利用し正確で安全な方法を行っております。札幌周辺のスポーツ選手のみならず、ニセコ地区から外人も含め、多くのスキ ー、スノーボーダーが紹介や受診され手術をしております。人工膝関節形成術(TKA)では、同様に術中にC-armイメージを使い、正確、安全な手術を志しております。内田、岩崎らは股関節の人工骨頭や人工股関節形成術では脱臼の危険が少ない前外側アプローチを取り入れて行っております。

上肢担当の松橋は肩関節が専門ですが、肩のみならず高齢者で多い橈骨遠位端骨折や、肘周囲、肩関節周囲の骨折から、手指の疾患まで上肢一般の手術を広く、器用に取り組んでおります。

研究活動について

論文

  1. 内田淳、井上雅之:「大腿骨近位部骨折を“はじめから”1つずつわかりやすく 予防 ロコモってなに?」整形外科看護 21巻11号 Page1130-1132、2016
  2. 佐々木拓郎、井上雅之、松橋智弥、亀田敏明、佃幸一郎、岩崎倫政、安田和則:「膝蓋骨非置換セラミックTKA における膝蓋骨軟骨厚の経時的変化について」日本人工関節学会誌(1345-7608)45巻 Page707-708、2016
  3. 高橋要、羽場等、佐々木拓郎、松橋智弥、亀田敏明、井上雅之、岩崎倫政:「Gamma nail 抜釘後の大腿骨骨頭下骨折の危険性」骨折 38巻4号Page955-960、2016

国際学会

  1. 17th ESSKA (European Society of Sports Traumatology, Knee Surgery and Arthroscopy) Congress 2016, May 4-7, Barcelona, Spain Masayuki Inoue. MD, Tsukuda K. RT, Seito N. MD, Iwasaki K. MD, Yasuda K. MD The effect of preserving remnant tissues in anatomical double bundle ACL reconstruction on the postoperative bone tunnels enlargement.

国内学会

  1. 第28回日本肘関節学会学術集会 2016.02.12-13. 岡山市
    松橋智弥、清藤直樹、岩崎浩司、井上雅之、吉岡千佳、大泉尚美、末永直樹:「高齢者上腕骨遠位端骨折に対する人工肘関節置換術と骨接合術の治療成績」
  2. 第89回日本整形外科学会学術集会 2016年5月12-15日、横浜
    井上雅之、松橋智弥、岩崎浩司、清藤直樹、岩崎倫政、安田和則:「遺残靱帯を温存した解剖学的二重束ACL再建術後の骨孔拡大」
    松橋智弥、井上雅之、清藤直樹、岩崎浩司、吉岡千佳、大泉尚美、末永直樹:「高齢者上腕骨遠位端骨折に対する治療成績 人工肘関節置換術vs.骨接合術」
    岩崎浩司、井上雅之、清藤直樹、松橋智弥、岩崎倫政、安田和則:「Blumensaat’s線がQuadrant法による大腿骨骨孔位置の評価に与える影響」
    高橋恒存(北海道大学 大学院スポーツ医学)、近藤英司、北村信人、小野寺純、河口泰之、横田正司、宮武慎、井上雅之、佃幸一郎、岩崎倫政、安田和則:「遺残靱帯組織の温存が膝前十字靱帯再建術の成績に与える効果(第3報)成羊モデルにおける画像的および組織学的評価」
  3. 第42回日本骨折治療学会 2016.07.01-07.02 東京
    松橋智弥、井上雅之、吉岡千佳、大泉尚美、末永直樹:「直線状横止め髄内釘を使用した粉砕型上腕骨近位端骨折の治療成績」
  4. 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 2016年7月28日−30日 福岡市
    井上雅之、清藤直樹、岩崎浩司、岩崎倫正、安田和則:「解剖学的二束ACL再建術後の骨孔拡大における遺残靱帯温存の影響」
    清藤直樹、井上雅之、岩崎浩司、岩崎倫政、安田和則:「解剖学的一束前十字靱帯再建術後の骨孔拡大および膝関節安定性におけるレムナント温存の効果」
    岩崎浩司、井上雅之、清藤直樹、岩崎倫政、安田和則:「Blumensaat’s線がQuadrant法による大腿骨骨孔位置に与える影響」
  5. 第43回日本肩関節学会 2016.10.21-10.22 広島市
    松橋智弥、井上雅之、山根慎太郎、吉岡千佳、大泉尚美、末永直樹:「肩関節不安定症に対するAnterior glenoid correctionの術後成績」
    松橋智弥、井上雅之、山根慎太郎、吉岡千佳、大泉尚美、末永直樹:「Anterior glenoid correctionを行った前方不安定症の術後画像評価」
    松橋智弥、井上雅之、山根慎太郎、吉岡千佳、大泉尚美、末永直樹:「直線状横止め髄内釘を使用した粉砕型上腕骨近位端骨折の治療成績」

講演

  1. 井上雅之:「怪我からの復帰について -膝 前十字靭帯損傷を例に-」第4回 一般社団法人北海道総合スポーツクラブ公開 セミナー 2016年8月27日 札幌
  2. 井上雅之:「Session II: Radiological evaluation of 2 tunnel positions.」「Session V.Application of C-arm Navigation.」
    2016札幌靭帯再建術セミナー& ライブ,2016/9/1-2 北海道大学、札幌
  3. 井上雅之:「スキーによる怪我について、小、中、高校生の1400人のアンケート結果とACL損傷について。」ニセコ・グランヒラフスキー、スノーボードスクール スキーセミナー、2016年12月7日 ニセコ
  4. 井上雅之:「高齢者に多い 膝の変形性関節症とその治療について」ベネッセの「地域医療・生活セミナー」 2016年7月24日 札幌
  5. 井上雅之:「スポーツファーマシストとスポーツドクターとの連携について」北海道医療大学薬剤支援センター 認定薬剤師研修制度 認定、専門薬剤師養成講座 2016年11月13日 札幌

技術指導

  1. 井上雅之:「靭帯再建術 実技講師」日本整形外科・スポーツ・膝・関節鏡学会 関節鏡セミナー 2016年10月29-30日 札幌

非常勤講師、授業

  1. 井上雅之:北海道大学 医学部非常勤講師 健康スポーツ医学持論 講義

社会貢献(スポーツ医学)

  1. 井上雅之:プロバスケットボールチーム レバンガ北海道 チームドクター
    三浦雄一郎&スノードルフィン スキー、スノーボードスクール顧問
    ニセコ グランヒラフスキー、スノーボードスクール メディカルアドバイザー

余興(おまけ)

  1. 井上雅之、内田淳、松橋智哉、岩崎浩司:「2016年の日本と当院を振り返って PPAP Video clipで」NTT東日本札幌病院 忘年会、2016年12月6日、札幌