札幌病院


札幌病院ホーム > NTT東日本札幌病院について > 年報(2016年) > 糖尿病内分泌内科


糖尿病内分泌内科

業務内容

糖尿病内分泌内科は1型糖尿病、2型糖尿病などの糖代謝疾患と下垂体、副腎、甲状腺などの内分泌疾患、骨粗鬆症や脂質異常症などの代謝疾患を診療しております。2016年は3月末に平田医師が異動となって以降、4名で外来と病棟診療を行いました。また4月から永井が専任の部長となっております。

外来は月曜日〜木曜日の午前・午後、金曜日の午前に行っておりますが、新患は原則午前外来で対応しております。

外来

糖代謝疾患では、健康診断で糖尿病が疑われた方の精密検査に始まり他院からの糖尿病専門治療の依頼や急性代謝異常(ケトアシドーシス、低血糖)、合併症検査まで、幅広く診療を行っております。高齢者が年々増加しており、インスリンやGLP-1受容体作動薬などの外来導入を行い、経験豊富な療養指導士のもと積極的に進めております。

内分泌疾患では、バセドウ病や橋本病などの甲状腺機能異常、甲状腺腫瘍の細胞診、骨粗鬆症の診断と治療、下垂体・副腎疾患の内科治療、電解質異常の精査加療など、すべての分野に偏りなく当科では診断・治療を行っております。

当科は日本糖尿病学会ならびに日本内分泌学会の専門医認定施設です。全国的な疫学調査、多施設共同研究や新薬の治験を積極的に実施し、医療レベルの向上にも貢献しております。

外来患者数は、再来患者月平均1,699人、新患は年間382人で、新患を含めた年間延べ20,775人となっております(図1)。糖尿病療養指導専門外来ならびにフットケア外来の過去5年の推移は図2のようになっております。

入院

入院患者数は203人、うち100人が糖尿病、87人が内分泌疾患でした。

当院の糖尿病教育入院プログラムは、眼科・腎臓内科医からの合併症の専門講義や糖尿病療養指導士を中心とした看護師・薬剤師・臨床検査技師・理学療法士による講義・運動指導を行いどの曜日からでも参加可能なカリキュラムです。かかりつけのクリニックから、教育入院プログラムのみ参加する“病診連携”も積極的に活用を呼びかけております。

内分泌分野においては、下垂体疾患では近隣の中村記念病院との定期合同カンファレンスや勉強会を実施し、副腎疾患では、原発性アルドステロン症の検査入院が多く外来にてARR自動算出を行うようになり、経年的に増加傾向です。

初期研修

2016年は4名の初期研修医が当科で研修されました。各人が病棟医として患者を受け持ち、糖尿病ならびに内分泌分野の幅広い疾患を網羅的に経験されております。また、外科病棟の周術期血糖管理やステロイド糖尿病の治療など、総合病院の中における糖尿病・内分泌治療について数多く経験しております。毎朝の病棟ブリーフィング、回診、週1回の病棟カンファレンスや抄読会、勉強会でのプレゼンテーションを担当し、豊富な症例のもと、全道規模の研究会・全国学会などに数多くの発表の機会がありました。詳細は下記をご参照ください。

図1 過去5年の外来患者数の推移

図2 過去5年の外来糖尿病療養指導とフットケア外来

図3 過去5年の入院患者数

表:内分泌疾患により入院した患者のうちわけ(2016年)

下垂体疾患(19例) 下垂体前葉機能低下症 5例
先端巨大症 5例
クッシング病 2例
プロラクチノーマ 2例
下垂体腫瘍 2例
その他 3例
甲状腺疾患(13例) グレーブス病(アイソトープ治療含む) 12例
その他 1例
副甲状腺疾患(2例) 副甲状腺機能低下症 2例
その他 1例
副腎疾患(44例) 原発性アルドステロン症 37例
副腎腫瘍 4例
その他 3例
電解質異常(5例) 低カリウム血症 3例
低ナトリウム血症 2例
その他(3例) 肥満症 2例
その他 1例

研究活動について

原著

  1. 横田美紀、竹内淳、永井聡、安藤康博、川嶋望、宮本憲行、甲谷哲郎、吉岡成人:320列冠動脈CTによる無症候性糖尿病患者の冠動脈疾患のスクリーニング 糖尿病 59 105-113 2015
  2. 大森一乃、山本浩平、壇浦みどり、菅原基、高橋清彦、中村昭伸、永井聡、三橋智子、向井徳男、清水力、三好秀明、渥美達也:Carney complexと診断しPRKAR1A 遺伝子に新規変異を認めた一例 日本内分泌学会雑誌 92 Suppl.Update 18-21, 2016
  3. Noto H, Tanizawa Y, Aizawa T, Tone H, Yoshioka N, Terauchi Y, Inagaki N, Noda M.: Cluster-randomized trial to Improve the Quality of Diabetes Management: The Study for the Efficacy Assessment of the Standard Diabetes Manual(SEAS-DM). J diabetes Investig 2016 doi:10.1111/jdi.12455
  4. Nakamura A, Mitsuhashi T, Takano Y, Miyoshi H, Kameda H, Nomoto H, Nagai S, Hatanaka Y, Shimizu C, Terauchi Y, Atsumi T. Usefulness of the octreotide test in Japanese patients for predicting the presense/absence of somatostatin receptor 2 expression in insulinomas. Endocr J 63:135-142, 2016

著書

  1. 吉岡成人:代謝疾患 最近の動向 今日の治療指針2016年度版 総編集:山口徹/北原光夫/福井次矢 728-730 医学書院 2016 東京
  2. 吉岡成人:インスリン製剤 中間型・持効溶解型インスリン製剤 糖尿病最新の治療2016-2018 羽田勝計・門脇孝・荒木栄一編集 159-162 南江堂 2016 東京
  3. 桑島巌、植田真一郎、平山篤志、吉岡成人:糖尿病治療と心血管合併症予防を考える〜 EMPAREG OUTCOME 試験を中心に〜 脳心腎血管疾患クリニカル・トライアル Annual Overview2016 臨床研究適正評価教育機構(J-CLEAR)編集 12-16 Life Science Publishing 2016 東京
  4. 吉岡成人:2015年概説 糖尿病 脳心腎血管疾患クリニカルトライアル Annual Overview 2016 臨床研究適正評価教育機構(J-CLEAR)編集 17-19 Life Science Publishing 2016 東京
  5. 吉岡成人:トライアルレビュー:EMPA-REG OUTCOME 試験 試験の概要とその結果が投げかけるもの 脳心腎血管疾患クリニカルトライアル Annual Overview 2016 臨床研究適正評価教育機構(J-CLEAR)編集 51-52 Life Science Publishing 2016 東京
  6. 吉岡成人:糖尿病における急性代謝失調 内分泌代謝専門医ガイドブック 成瀬光栄/平田結喜緒/ 島津章編集 394-396 診断と治療社 2016 東京
  7. 吉岡成人:高齢者糖尿病の血糖コントロールと留意点 糖尿病治療薬によるシームレスな血糖コントロール―治療薬の選択と併用療法のすすめ方― 堀田饒、清野裕、門脇孝、羽田勝計、中村二郎編 44-47 メディカル・ジャーナル社 2016 東京
  8. 南條輝志男、加来浩平、荒木栄一、内潟安子、吉岡成人:血糖コントロールとその目標は如何にあるべきか 糖尿病治療薬によるシームレスな血糖コントロール―治療薬の選択と併用療法のすすめ方― 堀田饒、清野裕、門脇孝、羽田勝計、中村二郎編 48-59 メディカル・ジャーナル社 2016 東京
  9. 永井聡:電解質異常 今日の治療指針2016年度版 総編集:山口 徹/ 北原光夫/ 福井次矢 776-777 医学書院 2016 東京
  10. 永井聡、吉岡成人:速効型・超速効型・中間型・持効型溶解……いろいろあるけど特徴は? いま知っておきたい2型糖尿病の注射療法の疑問67 寺内康夫編 2-7 南江堂 2016 東京
  11. 永井聡、吉岡成人:2型糖尿病で、インスリンが適する患者さんって?導入の目安は?いま知っておきたい2型糖尿病の注射療法の疑問67 寺内康夫編 2-7 南江堂 2016 東京
  12. 宮野有希恵、吉岡成人:うつ病がある場合の薬物治療で注意すべきことを教えてください.糖尿病治療薬クリニカルクエスチョン120 寺内康夫/田島一樹/ 近藤義宣編 187-188 診断と治療社 2016 東京
  13. 宮野有希恵、吉岡成人:点滴投与時、経腸栄養剤使用時のインスリン使用方法を教えてください. 糖尿病治療薬クリニカルクエスチョン120 寺内康夫/ 田島一樹/ 近藤義宣編 197-198 診断と治療社 2016 東京

総説

  1. 吉岡成人:糖尿病治療の進歩と展望 理学療法ジャーナル 50 145-151 2016
  2. 吉岡成人:新規糖尿病治療薬の臨床試験結果をどのように臨床に役立てるべきか 日本医事新報 No.4786 49-51 2016
  3. 吉岡成人:シックデイってどんな日、そのとき私はどうすればよいの 魔法の糖尿病患者説明シート 糖尿尿ケア2016春季増刊号 216-221 2016
  4. 吉岡成人:糖尿病の治療中断を防ぐために―患者の治療に対するモチベーションを高める― DITN 455号1 2016年2月5日発行
  5. 吉岡成人: 必要以上にHbA1c を検査することは糖尿病の過剰診療につながる ケアネット CLEAR !ジャーナル四天王 http://www.carenet/news/clear/journal/41272
  6. 吉岡成人:2型糖尿病における基礎インスリンとGLP-1受容体作動薬の配合剤の有用性は…ケアネットCLEAR !ジャーナル四天王 http://www.carenet/news/clear/journal/4171
  7. 吉岡成人:診療の現場における安全な処方のために必要なものは何か ケアネットCLEAR!ジャーナル四天王 https://www.carenet/news/clear/journal/41738
  8. 吉岡成人:DPP-4阻害薬の適正使用を再認識する ケアネットCLEAR!ジャーナル四天王 http://www.carenet/news/clear/journal/42050
  9. 吉岡成人:2型糖尿病における血糖管理と心血管イベント TOTAL VASCULAR MAMAGEMENT Issue2 Jun 132-133 2016
  10. 吉岡成人:糖尿病診療の現状と課題 Medical Asahi September 2016 14-15
  11. 櫻井晃洋、吉岡成人:2型糖尿病と遺伝子〜最新情報〜 患者から遺伝について聞かれたら、どう答える? DITN 第462号 2-3 2016年9月5日発行
  12. 赤井裕輝、内潟安子、吉岡成人、中塔辰明:糖尿病診療はどこに向かっているのか? 糖尿病診療マスター 14 744-752, 801-807 2016
  13. 吉岡成人:糖尿病の薬物療法の考え方 病棟でのもう困らない血糖コントロール 月刊薬事 l58 2992-2997 2016
  14. 永井聡、吉岡成人:インスリン製剤の特徴 混合型・中間型インスリン製剤の特徴 日本臨床 74 増刊1 新時代の臨床糖尿病学(上)573-578, 2016
  15. 永井聡:専門医に訊くCommon Disease最新の知識 慢性甲状腺炎 糖尿病診療マスター 14 962-965 2016

学会講演

  1. 吉岡成人:糖尿病患者におけるスタチンの功罪 第50回 糖尿病学の進歩 2016年2月20日 東京都
  2. 吉岡成人:シンポジウム「医師が求める理想のCDEJ像 vs CDEJが求める理想の医師像」 チーム医療の観点からみるCDEJ への期待 第59回日本糖尿病学会年次学術集会 2016年5月21日 京都市
  3. 吉岡成人:ディベート「日本人糖尿病治療の第一選択薬を何にするか」メトホルミン 第59回日本糖尿病学会年次学術集会 2016年5月20日 京都市
  4. 永井聡:指定講演1「糖尿病と骨粗鬆症」 第50回日本糖尿病学会北海道地方会 2016年11月6日 札幌市

学会発表

  1. 石田智隆、永井聡、重沢郁美、平田恵里奈、宮野有希恵、吉岡成人:ビタミンD充足状態と腎機能の予後に関する検討 第28回北海道骨粗鬆症研究会学術集会 2016年2月13日 札幌市
  2. 重沢郁美、平田恵里奈、宮野有希恵、永井聡、吉岡成人:全身放射線照射後に晩発性に多彩な内分泌異常を認めた一例 第89回日本内分泌学会学術総会 2016年4月21日〜23日 京都市
  3. 宮野有希恵、永井聡、重沢郁美、平田恵里奈、吉岡成人:当院における妊娠糖尿病の周産期合併症の検討 第59回日本糖尿病学会年次学術集会 2016年5月19日-21日 京都市
  4. 永井聡、重沢郁美、平田恵里奈、宮野有希恵、吉岡成人:ビタミンD充足状態と糖尿病の血管合併症の予後に関する検討 第59回日本糖尿病学会年次学術集会 2016年5月19日-21日 京都市
  5. 重沢郁美、平田恵里奈、宮野有希恵、永井聡、吉岡成人:2型糖尿病の初期治療の違いによるその後の経過について-SU 薬単剤と二剤併用での比較 第59回日本糖尿病学会年次学術集会 2016年5月19日-21日 京都市
  6. 宮愛香、中村昭伸、三好秀明、高瀬崇宏、近藤亜樹、山本知穂、゙圭龍、永井聡、栗原義夫、青木伸、寺内康夫、渥美達也:インスリン頻回注射からリキシセナチドと基礎インスリン製剤との併用療法への切り替えは患者満足度を改善させる 第59回日本糖尿病学会年次学術集会 2016年5月19日-21日 京都市
  7. 山本知穂、亀田啓、枝川幸子、老田真佑子、大森一乃、高瀬崇宏、菅原基、高橋清彦、近藤亜樹、北尾直之、一山芽衣、山本浩平、゙圭龍、中村昭伸、永井聡、三好秀明、清水力、渥美達也:先端巨大症における成長ホルモン分泌に対するDPP4阻害薬の影響 第59回日本糖尿病学会年次学術集会 2016年5月19日-21日 京都市
  8. 永井聡:2型糖尿病合併骨粗鬆症に対するデノスマブの治療効果 第34回日本骨代謝学会学術集会 2016年7月20-23日 大阪市
  9. 宮野有希恵、永井聡、重沢郁美、吉岡成人:当院における無治療橋本病の自然経過 第34回北海道甲状腺談話会 2016年7月30日 札幌市
  10. 重沢郁美、永井聡、宮野有希恵、吉岡成人:先端巨大症に原発性アルドステロン症が疑われた3例 第16回日本内分泌学会北海道地方会 2016年11月6日 札幌市
  11. 重沢郁美、永井聡、宮野有希恵、吉岡成人:若年成人2型糖尿病患者の通院状況及び臨床像についての検討 第50回日本糖尿病学会北海道地方会 2016年11月6日 札幌市
  12. 田中哲也、小玉悠香里、青木裕香、滝沢麻理、阿部佳史、佐々木弘好、福島美由紀、永井聡:NTT東日本札幌病院糖尿病療養指導研究会による世界糖尿病デーの取り組み 第50回日本糖尿病学会北海道地方会 2016年11月6日 札幌市
  13. 高木径子、木村有希恵、高橋恵美子、永井聡、宮野有希恵、重沢郁美、吉岡成人:高齢2型糖尿病患者の外来自己注射指導における患者の印象と指導時間に着いての検討 第50回日本糖尿病学会北海道地方会 2016年11月6日 札幌市
  14. 本間貴子、永井聡:非専門の産科病棟で働く助産師の糖尿病看護の意識調査 第50回日本糖尿病学会北海道地方会 2016年11月6日 札幌市
  15. 堀内秀人、永井聡、三浦徹也、田中佳苗、樋口建一:当院糖尿病患者における握力における骨格筋量指数(SMI)、身体機能の検討 第50回日本糖尿病学会北海道地方会 2016年11月6日 札幌市
  16. 宮野有希恵、永井聡、重沢郁美、吉岡成人:HbA1c 7% 未満の後期高齢者糖尿病患者の臨床的特徴 第50回日本糖尿病学会北海道地方会 2016年11月6日 札幌市
  17. 宮野有希恵、永井聡、重沢郁美、吉岡成人:遺伝子解析で診断したGitelman症候群の一例 第26回臨床内分泌代謝Update 2016年11月18-19日 大宮市
  18. 新川知世、重沢郁美、永井聡、宮野有希恵、平田恵里奈、吉岡成人:2型家族性高アルドステロン症(FH-II)の一家系 第26回臨床内分泌代謝Update 2016年11月18-19日 大宮市
  19. 重沢郁美、永井聡、宮野有希恵、吉岡成人:成人発症特発性低ゴナドトロピン性男子性腺機能低下症の一例 第26回臨床内分泌代謝Update 2016年11月18-19日 大宮市
  20. 大森一乃、老田真佑子、高瀬崇宏、高橋清彦、北尾直之、山本浩平、山本知穂、亀田友香、野本博司、゙圭龍、中村昭伸、永井聡、清水力、三好秀明、渥美達也:オクトレオチドの効果をCGMで確認し得た高齢インスリノーマの1例 第26回臨床内分泌代謝Update 2016年11月18-19日 大宮市
  21. 小野翼、大森一乃、高瀬崇弘、近藤亜樹、菅原基、高橋清彦、北尾直之、山本知穂、山本浩平、亀田友香、中村昭伸、永井聡、清水力、三好秀明、渥美達也:逆たこつぼ型様心筋障害を呈した発作型褐色細胞腫の一例 第26回臨床内分泌代謝Update 2016年11月18-19日 大宮市
  22. 山本知穂、亀田啓、三好秀明、柳町剛司、藤田征弘、園田祥子、千葉活、高瀬崇弘、半田喬久、゙圭龍、中村昭伸、永井聡、清水力、浄土智:先端巨大症におけるOGTT でのGIP・GH の変動に関する検討 第26回臨床内分泌代謝Update 2016年11月18-19日 大宮市

講演

  1. 吉岡成人:糖尿病診療の現状と課題 糖尿病治療のUPDATEセミナー 2016年1月16日 堺市
  2. 吉岡成人:糖尿病における性差医療 第9回日本性差医学・医療学会学術集会 スポンサード・セミナー 2016年1月30日 札幌市
  3. 吉岡成人:糖尿病診療の現状と課題 小樽市医師会学術集会 小樽糖尿病眼合併症フォーラム 2016年2月4日 小樽市
  4. 吉岡成人:糖尿病と認知症 宇都宮市医師会市民公開講座 2016年2月14日 宇都宮市
  5. 吉岡成人:糖尿病診療の現状と課題 釧路CDE研究会 NEXT DECADE 2016年6月11日 釧路市
  6. 吉岡成人:高齢化社会における2型糖尿病のインスリン療法 Diabetes Clinical Conference 2016年6月18日 名古屋市
  7. 吉岡成人: 糖尿病診療の現状と課題 第4回「脳・心・腎」連携ネットワークカンファレンス 2016年6月30日 札幌市
  8. 吉岡成人:糖尿病の療養指導に期待すること 第11回北河内糖尿病療養指導セミナー 2016年7月2日 枚方市
  9. 吉岡成人:糖尿病診療の現状と課題 第7回札幌地区病診連携研修会 2016年7月9日 札幌市
  10. 吉岡成人:糖尿病診療のステップアップをめざして 第38回山形県糖尿病教育スタッフ会 2016年7月17日 山形市
  11. 吉岡成人:高齢化社会における糖尿病診療の現状と課題 糖尿病治療の循環器疾患を考える〜予想外に多い合併症は〜 2016年9月6日 札幌市
  12. 吉岡成人:エビデンス、実臨床を踏まえた経口糖尿病治療薬の使い分け Cardiovascular Diabetology Forum 2016 2016年9月28日 札幌市
  13. 吉岡成人:糖尿病診療の現状と課題 第31回日本糖尿病合併症学会ランチョンセミナー 2016年10月8日 仙台市
  14. 吉岡成人:高齢化社会における糖尿病診療の現状と課題 苫小牧糖尿病フォーラム 2016年10月19日 苫小牧市
  15. 吉岡成人:エビデンスと実臨床を踏まえた経口糖尿病治療薬の使い分け 糖尿病を考えるin 大分 2016年10月21日 大分市
  16. 吉岡成人:エビデンスと実臨床を踏まえた経口糖尿病治療薬の使い分け 食後高血糖フォーラムin北九州 2016年11月10日 北九州市
  17. 吉岡成人:高齢者のための糖尿病講座―健康寿命を楽しむために− 徳島市医師会糖尿病市民公開講座 2016年11月13日 徳島市
  18. 吉岡成人:高齢化社会におけるインスリン治療 北海道インスリンサミット 2016年11月19日 札幌市
  19. 永井聡:内分泌疾患と骨粗鬆症 第9回日本性差医学・医療学会学術集会 ランチョンセミナー 2016年1月31日 札幌市
  20. 永井聡:内分泌疾患の骨マネージメント 第16回札幌甲状腺研修会 2016年2月15日 札幌市
  21. 永井聡:DM患者の骨粗鬆症ケアと治療へのモチベーションUPの秘訣 糖尿病/骨粗鬆症web講演会 2016年2月24日 札幌市
  22. 永井聡:地域における骨粗鬆症の検査と治療の重要性 第5回札幌西地区運動器疾患セミナー 2016年2月26日 札幌市
  23. 永井聡:糖尿病治療薬の最新の知見 南とかち研究会 2016年3月29日 大樹町
  24. 永井聡:糖尿病患者に骨粗鬆症治療をする意義 2016年4月12日 札幌市
  25. 永井聡:GLP-1受容体作動薬週1回製剤の導入タイミングとは 第1回柔軟に糖尿病治療を考える会 2016年4月25日 札幌市
  26. 永井聡:いま、インスリンを積極的に活用する インスリン治療の選択とタイミング 2016年5月11日 札幌市
  27. 永井聡:生活習慣病としての骨粗鬆症 なでしこフォーラム in 札幌 2016年5月27日 札幌市
  28. 永井聡:HbA1c 7% 未満の患者における低血糖の頻度 インスリンサミット in Hokkaido 2016年5月28日 札幌市
  29. 永井聡:最近の糖尿病診療におけるDPP-4阻害薬の役割 苫小牧市医師会学術講演会 2016年5月30日 苫小牧市
  30. 永井聡:糖尿病患者における骨粗鬆症治療の実践 第4回糖尿病と骨粗鬆症治療研究会 2016年6月9日 和歌山市
  31. 永井聡:骨粗鬆症と生活習慣病との関係 第2回骨粗鬆症と生活習慣病を考える 2016年6月16日 札幌市
  32. 永井聡:原発性アルドステロン症における骨代謝の検討 内分泌高血圧セミナー 2016年7月1日 札幌市
  33. 永井聡:糖尿病治療における食事療法の変遷 Diabetes Symposium in 南十勝 2016年7月5日 大樹町
  34. 永井聡:社会的・経済的背景を考慮した糖尿病治療 長期にわたる糖尿病治療の課題と展望 2016年7月7日 大阪市
  35. 永井聡:糖尿病患者における骨粗鬆症治療 糖尿病と新たな合併症を考える会 2016年7月12日 盛岡市
  36. 永井聡:最近の糖尿病診療におけるDPP-4阻害薬の役割 基礎と臨床からみた糖尿病治療 2016年7月19日 さいたま市
  37. 永井聡:低血糖を考慮したインスリン治療 インスリン治療セミナー 2016年7月29日 札幌市
  38. 永井聡:最近の糖尿病診療におけるDPP-4阻害薬の役割 基礎と臨床から糖尿病を多面的に診る2016年8月24日 札幌市
  39. 永井聡:いま、インスリン治療を考える インスリンweb ストリーミング講演会 2016年8月31日 札幌市
  40. 永井聡:基礎インスリン治療を考える インスリン治療update 2016年9月7日 札幌市
  41. 永井聡:ガイドラインを考慮した糖尿病網膜症の内科管理 第3回札幌糖尿病眼合併症フォーラム2016年9月9日 札幌市
  42. 永井聡:糖尿病と骨粗鬆症 胆振西部医師会学術講演会 2016年9月30日 伊達市
  43. 永井聡:インスリン製剤を推奨する立場からInjectable Meeting 2016年10月20日 札幌市
  44. 永井聡:基礎インスリン治療を考える 能代山本地区療養指導を考える会 2016年11月1日 能代市
  45. 永井聡:成人成長ホルモン分泌不全症について 旭川AGHD カンファレンス 2016年11月4日 旭川市
  46. 永井聡:糖尿病と骨代謝 札幌内科臨床フォーラム51 2016年11月9日 札幌市
  47. 永井聡:基礎インスリン治療を考える 胆振地区学術講演会 2016年11月10日 室蘭市
  48. 永井聡:高齢者・フレイルの糖尿病治療 第2回柔軟に糖尿病治療を考える会 2016年11月14日 札幌市
  49. 永井聡:当科におけるDM 合併高血圧症の臨床的検討 高血圧フォーラム in 札幌 2016年11月25日 札幌市
  50. 永井聡:DPP-4阻害薬を推奨する立場から 糖尿病治療を再考する 2016年11月29日 札幌市
  51. 永井聡:適切なインスリン療法を考える Injection Conference in Sapporo 2016年12月1日 札幌市
  52. 永井聡:中枢性尿崩症の病態と治療 内分泌エキスパートMeeting 2016年12月8日 札幌市