札幌病院


札幌病院ホーム > NTT東日本札幌病院について > 年報(2015年) > 眼科


眼科

業務内容

2015年は佐藤、若山医師が異動となり交代で堤、櫻井医師が4月より赴任となりました。眼科専門医については昨年に引き続き二名での診療体制を継続しております。

外来診療

午前中は全日、午後は水曜日に一般外来による診療を行っております。月曜、金曜の午後については外来検査として外来手術、特殊検査などを予約対応のみで行っております。

レーザー治療は後発白内障や網膜疾患の他、当院の特徴として選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)も行っております。

入院診療

ベッド数4床で稼働しています。ほとんどが手術患者であり当院の特徴として全身合併症のある方が多く、その際は全身管理のうえ手術を行っております。

特に内科疾患を合併している患者では内科医師の指導のもとで、人工透析患者では透析センター医師の管理のもとで、安全な入院手術を行っております。

手術は火曜、木曜の午後で白内障手術を中心に行っております。白内障手術は日帰りか一泊入院で対応しております。

その他、当院の特徴としては緑内障の眼圧日内変動の検査入院も積極的に行っており、治療方針の決定に役立てております。

手術件数

  2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
白内障単独手術 155 185 159 162 136
緑内障単独手術 11 14 2 2  
白内障+緑内障同時手術 30 58 13 11  
眼瞼手術 14 4 1    
斜視手術 16 25 13    
結膜手術 4 5 2 2  
その他 15 2 2 2 1
緑内障レーザー(SLT) 57 60 2 31 33