札幌病院


札幌病院ホーム > NTT東日本札幌病院について > 年報(2015年) > リウマチ膠原病内科


リウマチ膠原病内科

人の動き

2015年4月からは、大学から後期研修医として、重沢郁美先生が半年間、当科での研修をしていただきました。10月からは、重沢先生に替わり、平沢恵里菜先生が研修をしていただいています。研修医は1名の先生が研修に来てくれました。

業務内容

当科の担当疾患は、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどの膠原病であり、患者さんの主訴としては、関節痛、筋肉痛、発熱、皮疹、血球異常など多肢にわたります。同時に、原因のはっきりしない発熱疾患や自己抗体陽性患者さんの原因精査や治療も担当しています。

外来では、2013年4月から新患外来を設け、連携室を通して、他院から紹介された初診の患者さんの予約が可能となり、初診時の診察時間を確保しました。外来延べ患者数、入院患者数ともに増加傾向となっています。入院患者数も197名と増加し、平均在院日数は19.3日でした。このうち膠原病疾患が165名で、関節リウマチの生物学的製剤の導入前の全身精査や入院による生物学的製剤治療のための2泊3日の入院などが多く見られました。血管炎や SLE、皮膚筋炎に伴う間質性肺炎などの難治性病態に対して、エンドキサン大量間欠静注療法(IVCY)の2泊3日のパス入院が計49回と多かったのも特徴でした。また、膠原病を背景として発症した感染症の治療も行っております。当科では、総合病院のリウマチ科として、診断未確定の発熱疾患やリウマチ性疾患の鑑別診断や治療を積極的に行っております。また、他院へ通院中の膠原病患者さんでニューモシスチス肺炎などの感染症を発症した患者さんや膠原病にともなう腎不全や多臓器不全を伴う難しい症例の受け入れにも対応し、他科とも協力しながら治療を行っております。

また、関節リウマチの治療薬の進歩は著しく、寛解を達成できる時代となってきています。そのためにも、早期診断がより重要となってきており、関節エコー検査やMRI検査やTomosynthesisを積極的に活用し、関節リウマチの早期診断と早期の寛解導入を目指しています。そして、関節破壊を残さないように、しっかりとした治療を目指して、積極的に生物製剤の治療や新規薬剤の臨床試験にも取り組んでいます。

外来担当表(2015年4月〜2016年1月)

 
新患外来 坊垣 冨田 冨田 冨田 笠原
午前 笠原 坊垣 笠原 坊垣 冨田
午後(予約外来) 小池
冨田
笠原 坊垣 笠原 坊垣
  2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
外来延べ患者数 5066 7435 6872 8585 8161 9413
入院延べ患者数 2048 3295 2599 3129 3159 3628
入院患者数(人) 101 143 168 145 170 197
平均年齢(歳) 56.6 62.9 63.7 60.0 59.9 58.7
平均在院日数(日) 23.3 23 16.5 21.3 21.4 19.3

入院患者197名の内訳

膠原病 165例 感染症 31例
関節リウマチ 58例 ニューモシスチス肺炎 3例
全身性エリテマトーデス 21例 サイトメガロウィルス感染症 3例
強皮症 9例 細菌性肺炎 4例
皮膚筋炎/多発性筋炎 32例 誤嚥性肺炎 1例
シェーグレン症候群 6例 急性気管支炎 3例
混合性結合組織病 3例 蜂窩織炎 2例
成人発症Still病 2例 化膿性関節炎 1例
リウマチ性多発筋痛症 3例 尿路感染症 3例
RS3PE症候群 2例 敗血症(リステリア感染症) 1例
ベーチェット病 3例 感染性心内膜炎 1例
大動脈炎症候群 1例 肺アスペルギルス感染症 2例
皮膚型結節性多発動脈炎 3例 深在性真菌感染症 1例
顕微鏡的多発血管炎 11例 胃蜂窩織炎 1例
好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 2例 大腸憩室炎 1例
偽痛風 3例 感染性胃腸炎 1例
反応性関節炎 2例 マイコプラズマ感染症 1例
血球貪食症候群 1例 伝染性単核球症 2例
自己免疫性血小板減少性紫斑病 2例 間質性肺炎(膠原病関連) 10例
不明熱精査 5例 間質性肺炎(器質化肺炎) 1例
血栓性微小血管障害(aHUS) 2例 悪性リンパ腫 2例
IgG4関連疾患 2例 Guillain-Barre症候群 1例
無菌性髄膜炎 1例 紡錘形細胞肉腫 1例

※重複症例を含む

生物製剤使用者数

研究活動について

原著

  1. Koike T: Antiphospholipid syndrome: 30 years and our contribution. Int J Rheum Dis. 18(2):233-41, 2015.
  2. Yamanaka H, Harigai M, Ishiguro N, Inokuma S, Takei S, Takeuchi T, Tanaka Y, Suzuki H, Shinmura Y, Koike T: Trend of patient char-acteristics and its impact on the response to adalimumab in patients with rheumatoid arthritis: post hoc time-course analysis of an all-case PMS in Japan. Mod Rheumatol. 25(4): 495-502, 2015.
  3. Kaneko Y, Koike T, Oda H, Yamamoto K, Miyasaka N, Harigai M, Yamanaka H, Ishiguro N, Tanaka Y, Takeuchi T: Obstacles to the implementation of the treat-to-target strategy for rheumatoid arthritis in clinical practice in Japan. Mod Rheumatol. 25(1):43-49, 2015.
  4. Takeuchi T, Yamamoto K, Yamanaka H, Ishiguro N, Tanaka Y, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Shoji T, Miyasaka N and Koike T: Early response to certolizumab pegol pre-dicts long-term outcomes in patients with active rheumatoid arthritis: results from the Japanese studies. Mod Rheumatol. 25(1):11-20, 2015.
  5. Kataoka H, Yasuda S, Fukaya S, Oku K, Horita T, Atsumi T, Koike T: Decreased expression of Runx1 and lowered propor-tion of Foxp3+ CD25+CD4+ regulatory T cells in systemic sclerosis. Mod Rheumatol.25(1): 90-95, 2015.
  6. Takeuchi T, Miyasaka N, Inui T, Yano T, Yoshinari T, Abe T, Koike T: Prediction of clinical response after 1 year of in iximab therapy in rheumatoid arthritis based on disease activity at 3months: posthoc analy-sis of the RISING study. J Rheumatol. 42(4):599-607, 2015.
  7. Kono M, Yasuda S, Stevens RL, Koide H, Kurita T, Shimizu Y, Kanetsuka Y, Oku K, Bohgaki T, Amengual O, Horita T, Shimizu T, Majima T, Koike T, Atsumi T: Ras guanine nucleotide-releasing protein 4 is aberrantly expressed in the ?broblast-like synoviocytes of patients with rheumatoid arthritis and controls their proliferation. Arthritis Rheumatol. 67(2):396-407, 2015.
  8. Atsumi T, Yamamoto K, Takeuchi T, Yamanaka H, Ishiguro N, Tanaka Y, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Yasuda S, Yamanishi Y, Kita Y, Matsubara T, Iwamoto M, Shoji T, Okada T, van der Heijde D, Miyasaka N, Koike T: The ?rst double-blind, randomised, parallel-group certolizumab pegol study in methotrexate-naive early rheumatoid arthritis patients with poor prognostic factors, C-OPERA, shows inhibi-tion of radiographic progression. Ann Rheum Dis.75(1):75-83, 2015.
  9. Tanaka Y, Takeuchi T, Miyasaka N, Sumida T, Mimori T, Koike T, Endo K, Mashino N, Yamamoto K: E?cacy and safety of ritux-imab in Japanese patients with systemic lupus erythematosus and lupus nephritis who are refractory to conventional therapy.Mod Rheumatol. 26(1):80-86, 2016.
  10. Moutsopoulos HM, Sugai S, Sawada S, Koike T, Miyasaka N, Kobayashi S, Takei M, Ogawa N: Professor Norman Talal 1934-2015. Mod Rheumatol. 25(4):664, 2015.
  11. Tsuru T, Tanaka Y, Kishimoto M, Saito K, Yoshizawa S, Takasaki Y, Miyamura T, Niiro H, Morimoto S, Yamamoto J, Lledo-Garcia R, Shao J, Tatematsu S, Togo O, Koike T: Safety, pharmacokinetics, and pharmacody-namics of epratuzumab in Japanese patients with moderate-to-severe systemic lupus erythematosus: results from a phase 1/2 randomized study. Mod Rheumatol. 26(1):87-93, 2016.
  12. Ikeda K, Narita A, Ogasawara M, Ohno S, Kawahito Y, Kawakami A, Ito H, Matsushita I, Suzuki T, Misaki K, Ogura T, Kamishima T, Seto Y, Nakahara R, Kaneko A, Nakamura T, Henmi M, Fukae J, Nishida K, Sumida T, Koike T: Consensus-based identi cation of factors related to false-positives in ultra-sound scanning of synovitis and tenosynovitis. Mod Rheumatol. 26(1):9-14, 2016.
  13. Tanaka Y, Harigai M, Takeuchi T, Yamanaka H, Ishiguro N, Yamamoto K, Ishii Y, Nakajima H, Baker D, Miyasaka N, Koike T: Prevention of joint destruction in patients with high dis-ease activity or high C-reactive protein levels: Post hoc analysis of the GO-FORTH study. Mod Rheumatol. Oct 16:1-8, 2015.
  14. Takeuchi T, Yamamoto K, Yamanaka H, Ishiguro N, Tanaka Y, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Kobayashi M, Shoji T, Togo O, Miyasaka N, Koike T: Post-hoc analysis showing better clinical response with the loading dose of certolizumab pegol in Japanese patients with active rheumatoid arthritis. Mod Rheumatol. Dec 14:1-8, 2015.
  15. Tanaka Y, Harigai M, Takeuchi T, Yamanaka H, Ishiguro N, Yamamoto K, Miyasaka N, Koike T, Baker D, Ishii Y, Yoshinari T: Clinical e cacy, radiographic progression, and safety through 156 weeks of therapy with subcutaneous golimumab in combination with methotrexate in Japanese patients with active rheumatoid arthritis despite prior methotrexate therapy: Final results of the randomized GO-FORTH trial. Mod Rheumatol. Dec 23:1-10, 2015.
  16. Harigai M, Ishiguro N, Inokuma S, Mimori T, Ryu J, Takei S, Takeuchi T, Tanaka Y, Takasaki Y, Yamanaka H, Watanabe M, Tamada H, Koike T : Postmarketing surveil-lance of the safety and e ectiveness of abatacept in Japanese patients with rheu-matoid arthritis. Mod Rheumatol. Jan 8:1-8, 2016.
  17. Koike T, Harigai M, Ishiguro N, Inokuma S, Takei S, Takeuchi T, Yamanaka H, Takasaki Y, Mimori T, Hisamatsu K, Komatsu S, Tanaka Y: E ect of methotrexate plus adalimumab on the achievement of rheumatoid arthritis therapeutic goals: Post Hoc analysis of Japanese patients (MELODY study). Rheumatol Ther. On line, 2015.

著書

  1. Bohgaki M, Koike T: Antiphospholipid syn-drome : clinical manifestations. G. Tsokos ed. “Systemic Lupus Erythematosus basic, applied and clinical. 503-508 (Academic press.)

学会発表

  1. 冨田智子、坊垣幸、笠原英樹、小池隆夫:「生物学的製剤(TNF阻害薬) 生物学的製剤未使用の関節リウマチ患者に投与したアバタセプト点滴製剤の短期成績」 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウム、名古屋、2015.04. 23-25
  2. 笠原英樹、冨田智子、坊垣幸、小池隆夫:「Tomosynthesisと関節エコーを併用することで早期関節リウマチの診断能は向上する」 第59回日本リウマチ学会総会・学術集会・国際リウマチシンポジウム、名古屋、2015.04.23-25
  3. Kasahara H, Tomita T, Bohgaki M, Koike T: USE OF ULTRASONOGRAPHY AND TOMOSYNTHESIS CAN IMPROVE THE DIAGNOSTIC PERFORMANCE OF EARLY RHEUMATOID ARTHRITIS. EULAR 2015. Rome, 2015.06. 10-13
  4. 坊垣幸、冨田智子、笠原英樹、小池隆夫:「トシリズマブ投与後に生じた多発皮膚潰瘍の一例」 総合診療研究会、札幌 2015年7月22日
  5. 冨田智子、坊垣幸、笠原英樹、小池隆夫:「急性右大腿動脈血栓症を呈した一例」 総合診療研究会、札幌 2015年7月22日
  6. 重沢郁美、冨田智子、坊垣幸、笠原英樹、小池隆夫:「顕微鏡的多発血管炎で治療中に門脈ガスを伴って発症した気腫性胃炎の一例」 まりも研究会、帯広 2015年10月3日
  7. 石田哲朗、重沢郁美、冨田智子、坊垣幸、笠原英樹、小池隆夫:「診断に苦慮した不明熱の一例」 まりも研究会,帯広 2015年10月3日
  8. 重沢郁美、冨田智子、坊垣幸、笠原英樹、小池隆夫:「診断に苦慮した不明熱の一例」 第二内科フォーラム、札幌 2015年12月12日

学会講演

  1. 小池隆夫:特別講演 「日本におけるInfliximabの軌道と未来」Biologics Seminar in Chiba、千葉、2015年4月14日
  2. 小池隆夫:「アダリムマブと併用するメトトレキサートにおける biologic-naive 患者及びbiologic-exposed 患者の用量反応の差異:日本人関節リウマチ患者7740例を対象としたレトロスぺクティブコホート研究、MELODY study」第59回日本リウマチ学会総会・学術集会、名古屋、 2015年4月24日
  3. 小池隆夫:特別講演 「リウマチ診療 ―過去、現在、未来―」第23回膠原病リウマチ懇談会、つくば市、2015年5月29日
  4. 小池隆夫:「全身性エリテマトーデス」平成27年度難病患者に対する医療等に関する法律に基づく指定医研修会、札幌、2015年6月28日
  5. 小池隆夫:特別講演Ⅱ 「リウマチ診療―過去・現在・未来―」 AORAセミナー2015、秋田、2015年7月10日
  6. 小池隆夫:特別講演 「リウマチ治療におけるBiologics;これまでとこれから」Biologics Expert meeting in Hokkaido、札幌、2015年10月17日
  7. 小池隆夫:特別講演 「知ってほしいリウマチ」道北市民健康講座、稚内、2015年10月24日
  8. 小池隆夫:平成27年度難病及び小児慢性特定疾病に関する指定医研修会、札幌、2015年11月15日
  9. 小池隆夫:特別講演 「The Cumulative Evidence of Efficacy and Safety for Tocilizumab in RA Patients」第44回日本免疫学会、札幌、2015年11月18日
  10. 小池隆夫:特別講演 「レミケードが切り拓いた生物学的製剤時代〜市販後全例調査と適正使用の歩み〜」Biologics Seminar for Pharmacists、東京、2015年12月5日
  11. 小池隆夫:特別講演 「レミケードが切り拓いた生物学的製剤時代〜市販後全例調査と適正使用の歩み〜」病院薬剤師セミナー in 中越、新潟長岡市、2016年3月4日
  12. 笠原英樹:「RA治療の実際とT細胞標的治療薬の位置づけ」 道東リウマチ研究会、網走、2015年11月6日
  13. 笠原英樹:「当院における関節リウマチの生物学的治療の現状と課題」 西札幌化学療法セミナー2015、国立西札幌病院、2015年7月2日

座長その他

  1. 小池隆夫(座長):特別講演3 「オートファジー、生物学意義」第52回日本臨床分子医学会学術集会、京都、2015年4月10〜11日
  2. 小池隆夫:「エンブレルの軌跡」札幌、2015年4月20日
  3. 小池隆夫(座長):教育講演 「IgG4関連疾患」第59回日本リウマチ学会総会・学術集会、名古屋、2015年4月23日
  4. 小池隆夫(座長):イブニングセミナー 「RA治療の最前線」第59回日本リウマチ学会総会・学術集会、名古屋、2015年4月23日
  5. 小池隆夫(座長):イブニングセミナー 「国内外におけるRA治療戦略」第59回日本リウマチ学会総会・学術集会、名古屋、2015年4月23日
  6. 小池隆夫(座長):共催セミナー 「関節エコーの診断と治療におけるSMIの有用性」第59回日本リウマチ学会総会・学術集会、名古屋、2015年4月25日
  7. 小池隆夫:Opening Remarks、Closing Remarks札幌市民健康講座、札幌、2015年5月10日
  8. 小池隆夫:Opening Remarks、第5回Hokkaido image forum in Rheumatology、札幌、2015年5月22日
  9. 小池隆夫:Opening Remarks、Closing Remarks、AoI 関節エコーワークショップ、東京、2015年5月30日
  10. 小池隆夫:Opening Remarks、第4回北海道膠原病性肺高血圧症研究会、札幌、2015年6月5日
  11. 小池隆夫:Opening Remarks、Closing Remarks、AoI 関節エコーワークショップ、東京、2015年6月7日
  12. 小池隆夫:Closing Remarks、Advance in Rheu-ma tology and Autoimmunity(ARA研究会)、札幌、2015年6月26日
  13. 小池隆夫(座長):札幌リウマチ膠原病セミナー、札幌、2015年7月2日
  14. 小池隆夫(座長):Closing Remarks、第5回札幌リウマチケアミーティング、札幌、2015年7月3日
  15. 小池隆夫(座長):第65回日本体質医学会総会、札幌、2015年7月5日
  16. 小池隆夫:Opening Remarks、Closing Remarks、AoI 関節エコーワークショップ、東京、2015年7月11〜12日
  17. 小池隆夫(座長):Opening Remarks、Closing Remarks、第10回リウマチヤングアカデミー、札幌、2015年7月17〜19日
  18. 小池隆夫:Closing Remarks、レミケード学術講演会、東京、2015年7月25日
  19. 小池隆夫:Closing Remarks、Lupus Forum in Hokkaido 2015、札幌、2015年7月31日
  20. 小池隆夫(座長):Closing Remarks、Cimzia Forum 2015、東京、2015年8月1日
  21. 小池隆夫:Session2 最新のRA治療戦略、Immu-nology Summit 2015、東京、2015年8月2日
  22. 小池隆夫(座長):シムジアWEBシンポジウム、札幌、2015年8月19日
  23. 小池隆夫(座長):Closing Remarks、Frontiers in Rheumatoid Arthritis Conference 2015、札幌、2015年8月22日
  24. 小池隆夫:Opening Remarks、北海道免疫疾患談話会、札幌、2015年9月18日
  25. 小池隆夫:Opening Remarks、第12回リウマチとTNF-α北海道フォーラム、札幌、2015年9月26日
  26. 小池隆夫(座長):Opening Remarks、第1回北海道関節エコー研究会、札幌、2015年10月2日
  27. 小池隆夫(座長):Biologics Expert meeting in Hokkaido、札幌、2015年10月17日
  28. 小池隆夫:Opening Remarks、AoI 関節エコーワークショップ、東京、2015年10月31日
  29. 小池隆夫(座長):モーニングセミナー、第25回日本リウマチ学会北海道・東北支部学術集会、盛岡、2015年11月14日
  30. 小池隆夫:Closing Remarks、第14回札幌膠原病フォーラム、札幌、2015年11月25日
  31. 小池隆夫:Opening Remarks、Closing Remarks、AoI 関節エコーワークショップ、東京、2015年11月28〜29日