札幌病院


札幌病院ホーム > NTT東日本札幌病院について > 年報(2014年) > 臨床検査科


臨床検査科

業務内容

臨床検査科は検体検査部門、生理検査部門、病理検査部門の3部門体制からなります。輸血センターは別組織として存在していますが、検査技師は互いに兼務しており、共同で業務にあたっています。また、ドックセンターに毎日5名の検査技師を派遣し、超音波検査や心電図、呼吸機能検査を担当しています。部長の高桑は2013年4月から就任致しました。前部長の佐藤昌明先生には、病理診断センター長として引き続き病理診断業務にあたって頂いております。

臨床検査科では迅速で正確な検査結果報告、リスクマネージメントと精度管理、コスト意識を持った検査室運営を目標として挙げています。2014年は要望がありましたトロポニンIの院内導入、DIFF機器データ報告、ヒトメタニューモウイルス検査が新たに検査項目に加わりました。

専門医療に不可欠な臨床検査データを、正確かつ迅速に提供するには専門性の高い技師の育成が重要です。当科では各種認定技師の取得を積極的に進めており、現在までに多くの認定技師が誕生しています。2014年には新たに腹部領域の超音波検査士が3名、心臓領域の超音波検査士が1名誕生しました。

また、日本臨床衛生検査技師会や北海道臨床検査技師会が主催する病院間の精度管理調査(コントロール・サーベイ)も積極的に活用しております。これは同じ試料を多数の施設に配布し、測定値を集計・解析することによって施設間差の実態を調査するものですが、当科では毎年必ず参加して、検査技術の向上や分析法の標準化に努めています。

2014年(1月〜12月)の業務データから部門別検査件数の推移の表を示します。検査全体の件数はおおむね例年と同程度ですが、病理検査が前4年間の平均よりも7%増加しています。消化管の内視鏡切除や超音波内視鏡下穿刺吸引物関連の検体、悪性リンパ腫や骨髄疾患が引き続き増加し、それに伴う関連検体が増加している傾向にあります。4月からはDPCがスタートしましたが、4月〜12月の外来・入院別の月別検査件数の推移のグラフも掲載しました。4月以降の傾向としては、外来検査件数が増加し、入院検査件数が減少傾向にあります。

臨床検査科では日当直体制を導入しており、24時間年中無休で診療支援を行っています。その中で他部門との緊密な連携により、効率的な業務運営を行うよう努力して参ります。今後もより一層、検査の質向上に向けて医師・臨床検査技師が一丸となって、患者さんにより良い検査を提供していく所存です。

部門別検体検査件数の推移

  平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 対前4年平均比
一般検査 人数 53,478 55,442 53,840 55,794 56,738 103.8
89,401 92,099 88,022 86,980 86,268 96.8
化学・血清 人数 100,398 105,838 108,871 111,580 111,933 104.9
1,762,934 1,817,168 1,804,578 1,829,024 1,765,699 97.9
血液検査 人数 88,853 90,125 90,672 92,416 90,629 100.1
188,540 195,538 198,770 202,248 197,646 100.7
微生物 人数 13,179 15,876 15,682 16,993 16,530 107.1
25,570 28,790 28,494 30,232 28,482 100.7
合計 人数 255,908 267,281 269,065 276,783 275,830 103.2
2,066,445 2,133,595 2,119,864 2,148,484 2,078,095 98.2
  平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 対前4年平均比
病理検査 病理 4,361 4,579 4,601 4,814 4,928 107.4
細胞診 7,362 7,584 7,738 7,957 7,859 102.6
解剖 6 3 7 6 8 145.5
生理検査 件数 37,996 41,424 42,242 41,630 40,869 100.1
合計 件数 49,725 53,590 54,588 54,407 53,664 101.1

外来入院別検査件数(4月〜12月)

2014年度検査収入比率

2014年部門別収入

研究活動

症例報告

  1. Shimoyama T, Yamamoto Y, Kuroda M, Takakuwa Y, Washimi Y, Ishimura D, Yamada H. :「Cortical bone remodeling in parosteal osteosarcoma mimicking medullary involvement:a case with the difficulty in pre-surgical staging.」Tohoku J Exp Med. 2014 ; 233(3) : 165-9.
  2. 高桑康成、小松健一郎、杉田有子、本間則之、佐藤昌明:「第34回日本臨床細胞学会北海道支部学術集会スライドセミナー総合科系症例解説」北海道臨床細胞学会会報2014年vol.23 p64-6

学会発表

  1. 高桑康成、小松健一郎、杉田有子、本間則之、斎藤敏勝、佐藤昌明:「低悪性度リンパ腫が疑われた1症例」第6回北海道病理医会共催プログラム
    Lymphoma Clinico-Pathology Conference、2014年2月15日、札幌
  2. 三森太樹、刀川恵、後藤妙子、菅原めぐみ、森猛、神幸二:「無症候で発見された成人の左室緻密化障害の一例」JSS北海道第23回地方会学術集会一般社団法人日本超音波検査学会、2014年3月1日、札幌
  3. 佐藤昌明:「浸潤性胸腺腫の2例」第23回札幌呼吸器疾患臨床・病理検討会、2014年3月26日、札幌
  4. 森猛、刀川恵、後藤妙子、菅原めぐみ、嶋崎幸恵、石木田志津子、三森太樹、神幸二:「NTproBNP値と心臓超音波検査所見」第89回北海道医学検査学会、2014年9月27、28日、岩見沢
  5. 石崎千惠子、筒井自子、重島睦、土佐岡奈未:「iPro2持続グルコースモニタ(CGM)の使用経験」第89回北海道医学検査学会、2014年9月27、28日、岩見沢
  6. 三森太樹、森猛、神幸二、小松健一郎、佐藤昌明、高桑康成:「腹部超音波検査を契機に発見されたparagangliomaの一例」第89回北海道医学検査学会、2014年9月27、28日、岩見沢
  7. 重島睦、石崎千惠子、筒井自子、土佐岡奈未、布施茂登、森俊彦:「小児におけるNT-proBNPの基準値設定」第89回北海道医学検査学会、2014年9月27、28日、岩見沢
  8. 佐藤昌明:「肺に発生したRosai-Dorfman病の1例」、第24回札幌呼吸器疾患臨床・病理検討会、2014年11月26日、札幌

講演

  1. 神幸二:「DVTについて」第1回脈管研究会北海道CVT連絡会、2014年11月8日、札幌

実技講師

  1. 神幸二:腹部超音波実技講師:「腹部超音波ハンズオンセミナー」札幌臨床検査技師会、2014年2月22日、札幌
  2. 後藤妙子:リウマチエコー実技講師:「関節超音波検査初心者向け講習会」日本リウマチ学会北海道・東北支部、2014年2月23日、札幌
  3. 神幸二:下肢静脈エコー実技講師:「第8回セミナー」北海道血管検査法研究会、2014年8月23日札幌
  4. 南向さち子:リウマチエコーライブデモ:「第1回リウマチ教室」当院リウマチ膠原病内科、2014年10月12日、札幌