札幌病院


札幌病院ホーム > NTT東日本札幌病院について > 年報(2014年) > 救急医療部


救急医療部

業務内容

救急医療部は通常勤務時間外において院外からの急患に対応すべく設置された部門です。業務は日当直医師と救急部看護師が窓口となり、必要に応じて各科医師が診療にあたるシステムです。

当院では一時救急の新患には対応しておりません。

主に再来の患者さんが主体で受け入れることが原則であり、特に化学療法中の患者、救急車で搬送された再来患者には診察の必要があります。また、夜間急病センター、他の医療機関の医師からの依頼も受け入れが原則となっています。2014年7月からは受診歴のある患者さんは受診科以外の症状でも原則診察することとなりました。

救急外来診療では乏しい判断材料、少ないマンパワー、人間関係の構築されていない状況での診療など、いろいろと問題が生じやすい環境であり、担当される方々にはご苦労が多いかと思います。

業務の合理化・改善はほぼ月一回開かれる救急医療委員会にて検討されています。今後もより良い救急医療の在り方を検討していきたいと考えています。

月別救急車受入推移

  2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
1月 67 94 73 89 97 107
2月 69 64 71 89 92 83
3月 65 75 69 77 92 98
4月 58 69 62 78 70 108
5月 64 75 88 95 95 101
6月 89 70 81 84 109 104
7月 78 64 85 88 90 114
8月 84 65 91 75 120 105
9月 72 64 86 79 84 102
10月 71 71 79 76 117 106
11月 76 88 68 83 91 88
12月 84 66 86 112 115 125
877 865 939 1,025 1,172 1,241

月別救急患者受診数推移

  2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
1月 452 428 459 452 467 406
2月 374 459 326 416 382 301
3月 371 326 366 427 396 384
4月 390 337 348 468 349 338
5月 570 432 369 394 388 382
6月 379 351 372 400 404 381
7月 365 386 420 382 389 342
8月 398 360 365 372 433 342
9月 456 359 409 368 362 308
10月 560 357 373 331 361 306
11月 385 370 346 381 368 308
12月 429 428 443 603 459 510
5,129 4,593 4,596 4,994 4,758 4,308