札幌病院


札幌病院ホーム > NTT東日本札幌病院について > 年報(2014年) > 血液・腫瘍内科


血液・腫瘍内科

診療・業務内容

2014年の当科はこれまでの「新設科」の枠を超えて院内・院外で確固たる位置を確保した一年であった。入院患者・外来患者・新規疾患登録数は過去最高であった。

入院患者では悪性リンパ腫・骨髄異形成症候群はその数を伸ばしたが、多発性骨髄腫に代表される形質細胞性腫瘍がその数を増やしていった。これらの中には当院に腎臓内科がある関係から極めて管理が難しい症例も存在したが、腎臓内科の先生方のご協力が得られることから診療数が順調に伸びていった。また、10月にはクラス10,000の無菌室が9階に設置された。骨髄異形成症候群に対してビダーザを積極的に投与してきたが、やはりある確率で骨髄性白血病へ進展してしまう方が増えてきていたときの無菌室の設置は極めてタイムリーなものであった。

外来はその数が飛躍的に増加した一年であったが、二名で外来をやっていることを考えるとその数はそろそろ限界に近いところに至っている。また、多発性骨髄腫に対するベルケードが化学療法加算が取れなくなったのにも関わらず、外来化学療法件数は大きく昨年を上回った。これには骨髄異形成症候群に対するビダーザや悪性リンパ腫の化学療法の安定した件数が貢献している。

無菌室はできたものの、移植や急性白血病を積極的に診ていくにはマンパワーが足りなく、当面は悪性リンパ腫・形質細胞性疾患・骨髄異形成症候群を三つの柱として実績を積み重ね、NTT東日本札幌病院の血液内科の強さ、と言われる体制を築いていきたい。

診療統計

当科入院のべ症例数(2014.1〜12)

非ホジキンリンパ腫 55例 肺炎 2例
ホジキンリンパ腫 8例 伝染性単核球症 0例
骨髄異形成症候群 34例 特発性血小板減少性紫斑病 3例
慢性骨髄単球性白血病 14例 血栓性血小板減少性紫斑病 2例
多発性骨髄腫 20例 ニューモシスティス肺炎 0例
クリオグロブリン血症 1例 慢性DIC 0例
再生不良性貧血 2例 粟粒結核 0例
アミロイドーシス 2例 胃がん 0例
赤芽球ろう 0例 帯状疱疹 2例
急性骨髄性白血病 10例 Gleich症候群 1例
慢性骨髄性白血病 4例 原発不明がん 0例
慢性リンパ性白血病 2例 皮下血腫 1例
急性リンパ性白血病 0例    

鉄欠乏性貧血を除く当科新規診断症例(2014.1〜12)

非ホジキンリンパ腫 21例 慢性骨髄性白血病 3例
ホジキンリンパ腫 6例 慢性リンパ性白血病 3例
骨髄異形成症候群 10例 特発性血小板減少性紫斑病 3例
多発性骨髄腫 11例 血栓性血小板減少性紫斑病 2例
アミロイドーシス 3例 MGUS 5例
再生不良性貧血 1例 Evans症候群 0例
赤芽球ろう 0例 悪性貧血 2例
本態性血小板血症 2例 自己免疫性溶血性貧血 0例
真性多血症 3例 その他の凝固障害 0例
慢性骨髄単球性白血病 1例 免疫不全症 0例
急性骨髄性白血病 8例    

図1 外来患者数(2011.7〜2014.12)

研究活動

症例報告

  1. 山川知宏、藤本勝也、江端浩、岩崎純子、高橋正二郎、白鳥聡一、杉田純一、近藤健、西尾充史、豊嶋崇徳:「後天性免疫不全症の患者に発症し、進行性多巣性白質脳症との鑑別に苦慮した中枢神経原発悪性リンパ腫の1例」日本内科学会雑誌103:2578-2580,2014

国内学会

  1. 西尾充史、武田紫、高桑康成、佐藤昌明:「12trisomyを伴うlow grade lymphomaの一例」第6回Lymphoma Clinico-Pathology Conference、2014年2月15日、札幌
  2. 西尾充史、藤本勝也、遠藤知之、白鳥聡一、杉田純一、近藤健、豊嶋崇徳:「Blastic Plasmacytoid Dendritic Cell Neoplasia(BPDCN)に対する造血幹細胞移植(SCT)」第35回日本造血細胞移植学会総会、2014年3月7日、沖縄
  3. 西尾充史、武田紫:「糖尿病性腎症に対する透析をしながらATG/CyA/G-CSF療法を行い血球回復が得られた重症再生不良性貧血(SAA)の一例」第49回日本血液学会春季北海道地方会、2014年4月5日、札幌
  4. 西尾充史、武田紫、小西和哉、竹本法弘、三浦巧、西岡井子:「Multiple Primary Malignant Neoplasms Synchronously Revealed with Lymphoma」第12回日本臨床腫瘍学会総会、2014年7月17日、福岡
  5. 宮内あずさ、西尾充史、武田紫:「初診時に骨髄異形成を併発したびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の一例」第56回日本血液学会秋季北海道地方会、2014年9月27日、札幌
  6. 西尾充史、武田紫:「超高齢者MDSにおけるアザシチジン(AZA)治療」第76回日本血液学会総会、2014年11月1日、大阪

その他の講演会

  1. 西尾充史:「処方箋を介して血液疾患を支える」薬薬連携セミナー、2014年2月7日、札幌
  2. 西尾充史:「血液検査のお話〜気にする異常と気にしなくていい異常〜」第170回NTT東日本札幌病院健康セミナー、2014年5月17日、札幌
  3. 西尾充史:「形質細胞性腫瘍における“腎臓”の重要性」The 2nd Myeloma conference with Nephrologists and Hematologists、2014年7月29日、札幌
  4. 西尾充史:「形質細胞性腫瘍と腎臓病変〜腎機能維持の重要性〜」釧路Hematology Seminar、2014年8月22日、釧路
  5. 西尾充史、浅野順治、山中こずえ:「チーム医療の実際@ がん化学療法−NTT東日本札幌病院を例として−」平成26年度がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン地域がん医療薬剤師養成基礎講座(シンポジウム)、2014年9月25日、札幌
  6. 西尾充史:「日常診療の中から〜腫瘍崩壊症候群に伴う輸血不応」第20回札幌輸血談話会、2014年11月27日、札幌
  7. 西尾充史:「アドセトリスが奏功している超高齢者ALK陰性未分化大細胞型リンパ腫の一例」Sapporo Hematology Forum、2014年12月13日、札幌