札幌病院


札幌病院ホーム > NTT東日本札幌病院について > 年報(2014年) > リウマチ膠原病内科


リウマチ膠原病内科

人の動き

2014年6月末に服部敏之先生が当院を退職され、北海道大学医学部第二内科へ着任されました。それと入れ替わりで7月より冨田智子先生が着任されました。研修医は6名の先生が研修に来てくれました。

業務内容

当科の担当疾患は、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどの膠原病であり、患者さんの主訴としては、関節痛、筋肉痛、発熱、皮疹、血球異常など多肢にわたります。同時に、原因のはっきりしない発熱疾患や自己抗体陽性患者さんの原因精査や治療も担当しています。

外来では、昨年4月から新患外来を設け、初診の患者さんの診察を分けることで、初診の患者さんに対する診察時間をしっかり確保するとともに、予約も行えるようにしました。外来延べ患者数は昨年に比べやや減少していますが、症状の安定した患者さんは積極的に長期処方へ切り替えることで、日々の外来患者の待ち時間が長くなりすぎないように努力しました。入院患者数は、昨年より増え170名でしたが、平均在院日数は21.4日で横ばいでした。このうち膠原病疾患が138名で、今年は、膠原病を背景とした血栓性微小血管障害(TMA)の症例が4例あり、腎臓内科と協力して血漿交換療法や免疫抑制療法を施行し全例回復しました。エンドキサン大量間欠静注療法(IVCY)の2泊3日のパス入院が計30回と多かったのも特徴でした。また、膠原病に感染症を合併したり、それとは無関係でも、不明熱精査や感染症の入院も多くみられました。当科では、総合病院のリウマチ科として、診断未確定の発熱疾患やリウマチ性疾患の鑑別診断から治療を積極的に行っております。また、他院へ通院中の膠原病患者さんでニューモシスチス肺炎などの感染症を発症した患者さんや膠原病にともなう腎不全や多臓器不全を伴う難しい症例の受け入れにも対応し、他科とも協力しながら治療を行っております。

また、関節リウマチの治療薬の進歩は著しく、寛解を達成できる時代となってきています。そのため、早期診断や治療効果判定に対して関節エコー検査やTomosynthesisを積極的に活用し、早期に寛解導入しそれを維持し、関節破壊を残さない治療を目指して治療を行っています。その中で、当院でも生物製剤の使用患者数が増加してきております。最近では、化学療法室の部屋の確保が困難となるなどの問題も出てきており、生物製剤も皮下注射製剤の選択肢が増えたことから、症状の安定した患者さんに対しては、積極的に静注から皮下注射への移行も勧めてきています。

さらに、ご自分の病気について患者さんが、日頃疑問に感じたり悩んだりしても、医師になかなか聞けないようなことも気軽に質問していただいて、病気への理解を深めるために、本年10月12日に、初めて関節リウマチの患者さんを対象としたリウマチ教室を開催し、多数の方におこしいただきました。ご協力いただきました院内の関係者の皆様、誠にありがとうございました。今後も、引き続きこのような患者教育にも積極的に取り組んでいく予定です。

外来担当表(2014年7月〜2014年12月)

 
新患外来 坊垣 冨田 笠原 冨田 笠原
午前 笠原 坊垣 笠原 坊垣 冨田
午後(予約外来) 小池
冨田
笠原 坊垣 笠原 坊垣
  2010年 2011年 2012年 2013年 2014年
外来延べ患者数 5066 7435 6872 8585 8161
入院延べ患者数 2048 3295 2599 3129 3634
入院患者数(人) 101 143 168 145 170
平均年齢(歳) 56.6 62.9 63.7 60.0 59.90
平均在院日数(日) 23.3 23 16.5 21.3 21.4

入院患者170名の内訳

膠原病 138例 感染症 50例
関節リウマチ 49例 ニューモシスチス肺炎 3例
全身性エリテマトーデス 22例 サイトメガロウィルス感染症 3例
強皮症 6例 細菌性肺炎 9例
皮膚筋炎/多発性筋炎 20例 誤嚥性肺炎 4例
シェーグレン症候群 6例 敗血症 2例
成人発症Still病 2例 蜂窩織炎 2例
強直性脊椎炎 1例 化膿性関節炎 1例
混合性結合組織病 6例 Elsberg症候 1例
リウマチ性多発筋痛症 6例 歯周囲炎 1例
ベーチェット病 3例 尿路感染 1例
強直性脊椎炎 1例 梅毒II期 1例
反応性関節炎 2例 肺アスペルギルス感染症 2例
結節性多発動脈炎 1例 帯状疱疹 1例
巨細胞性動脈炎 1例 感染性心内膜炎 1例
顕微鏡的多発血管炎 8例 間質性肺炎(薬剤関連) 2例
好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 2例 間質性肺炎(器質化肺炎) 4例
痛風 1例 間質性肺炎(膠原病関連) 10例
偽痛風 4例 肺高血圧症 1例
不明熱精査 6例 血球貪食症候群 1例
血栓性微小血管障害 4例 マクロファージ活性化症候群 1例
IgG4関連疾患 1例 クリスタルグロブリネミア 1例
アレルギー性紫斑病 2例 コレステロール塞栓症 1例

※重複症例を含む

関節エコーと断層XPの検査件数

生物製剤使用者数

業績

原著

  1. Koike T. : My contribution, my dream - a look at the future of antiphospholipid syndrome.Lupus. 23(12) : 1332-1334, 2014.
  2. Fukae J, Tanimura K, Atsumi T, Koike T. : Sonographic synovial vascularity of synovitis in rheumatoid arthritis. Rheumatology,(Oxford). 53(4) : 586-91, 2014.
  3. Fukae J, Isobe M, Kitano A, Henmi M, Sakamoto F, Narita A, Ito T, Mitsuzaki A, Shimizu M, Tanimura K, Matsuhashi M, Kamishima T, Atsumi T, Koike T. : Structural deterioration of finger joints with ultrasonographic synovitis in rheumatoid arthritis patients with clinical low disease activity. Rheumatology ( Oxford ) . 53 ( 9 ) : 1608-12, 2014.
  4. Kasahara H, Nakamura H, Shinohara M, Koike T. : AP-VAS 2012 case report : an atypical case of microscopic polyangiitis presenting with acute tubulointerstitial nephritis without glomerular change. CEN Case Rep. 3 : 1-4, 2014.
  5. Ikeda K, Koike T, Wakefield R, Emery P. : Is the glass half full or half empty? Comment on the article by Gartner et al. Arthritis Rheumatol. 66(4) : 1055-6, 2014.
  6. Yamamoto K, Takeuchi T, Yamanaka H, Ishiguro N, Tanaka Y, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Iwai K, Sakamaki Y, van der Heijde D, Miyasaka N, Koike T. : Efficacy and safety of certolizumab pegol withoutmethotrexate co-administration in Japanese patients with active rheumatoid arthritis : The HIKARI randomized, placebo-controlled trial. Mod Rheumatol. Jul ; 24 ( 4 ) : 552-60, 2014.
  7. Yamamoto K, Takeuchi T, Yamanaka H, Ishiguro N, Tanaka Y, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Shoji T, Sakamaki Y, Desiree van der Heijde, Miyasaka N, Koike T. : Efficacy and safety of certolizumab pegol plus methotrexate in Japanese rheumatoid arthritis patients with an inadequate response to methotrexate : the J-RAPID randomized, placebo-controlled trial. Mod Rheumatol. 24 (5) : 715-724, 2014.
  8. D’Ippolito S, Meroni PL, Koike T, Veglia M, Scambia G, Di Simone N. : Obstetric antiphospholipid syndrome : a recent classification for an old defined disorder. Autoimmun Rev. 13(9) : 901-8, 2014.
  9. Tanaka Y, Yamamoto K, Takeuchi T, Yamanaka H, Ishiguro N, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Shoji T, Miyasaka N, Koike T. : Long-term efficacy and safety of certolizumab pegol in Japanese rheumatoid arthritis patients who could not receive methotrexate : 52-week results from an open-label extension of the HIKARI study. Mod Rheumatol. 24(5) : 725-733, 2014.
  10. Tanaka Y, Yamamoto K, Takeuchi T, Yamanaka H, Ishiguro N, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Shoji T, Miyasaka N, Koike T. : Long-term efficacy and safety of certolizumab pegol in Japanese rheumatoid arthritis patients with an inadequate response to methotrexate : 52-week results from an open-label extension of the J-RAPID study. Mod Rheumatol. 24(5) : 734-743, 2014.
  11. Harigai M, Mochida S, Mimura T, Koike T, Miyasaka N. : A proposal for management of rheumatic disease patients with hepatitis B virus infection receiving immunosuppressive therapy. Mod Reumatol, Jan ; 24 ( 1 ) : 1-7, 2014.
  12. Koike T, Harigai M, Ishiguro N, Inokuma S, Takei S, Takeuchi T, Yamanaka H, Haruna S, Ushida N, Kawana K, and Tanaka Y. : Safety and effectiveness of adalimumab in Japanese rheumatoid arthritis patients : Postmarketing surveillance report of 7740 patients. Mod Rheumatol, 24 ( 3 ) : 390-398, 2014.
  13. Koike T, Harigai M, Inokuma S, Ishiguro N, Ryu J, Takeuchi T, Takei S, Tanaka Y, Sano Y, Yaguramaki H, Yamanaka H. : Effectiveness and Safety of Tocilizumab : Postmarketing Surveillance of 7901 Patients with Rheumatoid Arthritis in Japan. J Rheumatol. 41(1) : 15-23, 2014.
  14. Ikeda K, Seto Y, Narita A, Kawakami A, Kawahito Y, Ito H, Matsushita I, Ohno S, Nishida K, Suzuki T, Kaneko A, Ogasawara M, Fukae J, Henmi M, Sumida T, Kamishima T, Koike T. : Ultrasound assessment of synovial pathologic features in rheumatoid arthritis using comprehensive multiplane images of the second metacarpophalangeal joint : identification of the components that are reliable and influential on the global assessment of the whole joint. Arthritis Rheumethotrexate : 52-week results from an open-label extension of the J-RAPID study. Mod Rheumatol. 24(5) : 734-743, 2014. 11.Harigai M, Mochida S, Mimura T, Koike T, Miyasaka N. : A proposal for management of rheumatic disease patients with hepatitis B virus infection receiving immunosuppressive therapy. Mod Reumatol, Jan ; 24 ( 1 ) : 1-7, 2014.
  15. Ikeda K, Seto Y, Sakamoto F, Henmi M, Fukae J, Narita A, Nakagomi D, Nakajima H, Tanimuera K, Koike T.:Analysis of the factors which influence the measurement of synovial power Doppler signals with semiquantitative and quantitative measures- a pilot multicenter exercise in Japan. Mod Rheumatol, 24(3) : 419-425, 2014.
  16. Takeuchi T, Yamamoto K, Yamanaka H, Ishiguro N, Tanaka Y, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Shoji T, Miyasaka N and Koike T. : Early response to certolizumab pegol predicts long-term outcomes in patients with active rheumatoid arthritis : results from the Japanese studies. Mod Rheumatol. 25(1) : 11-20, 2015.
  17. Kataoka H, Yasuda S, Fukaya S, Oku K, Horita T, Atsumi T, Koike T.:Decreased expression of Runx 1 and lowered proportion of Foxp3+ CD25+ CD4+ regulatory T cells in systemic sclerosis. Mod Rheumatol. 25 (1) : 90-5, 2015.
  18. Kaneko Y, Koike T, Oda H, Yamamoto K, Miyasaka N, Harigai M, Yamanaka H, Ishiguro N, Tanaka Y, Takeuchi T.:Obstacles to the implementation of the treat-to-target strategy for rheumatoid arthritis in clinical practice in Japan. Mod Rheumatol. 25(1) : 43-49, 2015.
  19. Koike T. : Antiphospholipid syndrome : 30 years and our contribution. Int J Rheum Dis. 2014 Dec 19. [Epub ahead of print]
  20. Kono M, Yasuda S, Stevens RL, Koide H, Kurita T, Shimizu Y, Kanetsuka Y, Oku K,Bohgaki T, Amengual O, Horita T, Shimizu T, Majima T, Koike T, Atsumi T. : RasGRP4 is Aberrantly Expressed in the Fibroblast-like Synoviocytes of Patients with Rheumatoid Arthritis and Controls their Proliferation. Arthritis Rheumatol. 2014 Oct 20. [ Epub ahead of print]
  21. Yamanaka H, Harigai M, Ishiguro N, Inokuma S, Takei S, Takeuchi T, Tanaka Y, Suzuki H, Shinmura Y, Koike T. : Trend of patient characteristics and its impact on the response to adalimumab in patients with rheumatoid arthritis : post hoc time-course analysis of an all-case PMS in Japan. Mod Rheumatol. 2014 Dec 9 : 1-18. [Epub ahead of print]

著書

  1. 小池隆夫:「Chapter1関節リウマチの基礎知識(概念、病因、病態)」住田孝之編、株)診断と治療社、東京:『関節リウマチクリニカルクエスチョン』:P2-3、2014.
  2. 坊垣幸、小池隆夫:総論「関節リウマチの自然経過と生命予後−Bioの前とBioの後−」株)日本臨牀社、東京:日本臨牀増刊号『最新関節リウマチ学』P14-18、2014.
  3. 坊垣幸、小池隆夫:病態からみたくすりの副作用「薬剤起因性ループス」株)医歯薬出版株式会社、東京:医学のあゆみ第5土曜特集『くすりの副作用のすべて』P887-893、2014.

学会発表

  1. 坊垣幸、笠原英樹、清水裕香、服部敏之、小池隆夫:「早期関節リウマチ診断におけるトモシンセシスの有用性」第39回北海道リウマチ研究会、2014年3月8日
  2. 服部敏之、笠原英樹、坊垣幸、小池隆夫:「免疫抑制療法施行中の患者におけるHBV再活性化率の検討」第39回北海道リウマチ研究会、札幌、2014年3月8日
  3. 服部敏之、笠原英樹、坊垣幸、小池隆夫:「トシルズマブ投与後に生じた多発皮膚潰瘍の1例」第50回膠原病談話会、札幌、2014年3月15日
  4. 小池隆夫:「関節リウマチ超音波標準化委員会からの報告」第58回日本リウマチ学会総会・学術集会、東京、2014年4月24〜26日
  5. 服部敏之、笠原英樹、坊垣幸、小池隆夫:「当院での免疫抑制療法施行中の患者におけるHBV再活性化率の検討」第58回日本リウマチ学会総会・学術集会総会、東京、2014年4月24〜26日
  6. 坊垣幸、笠原英樹、清水裕香、服部敏之、小池隆夫:「早期関節リウマチ診断におけるトモシンセシスの有用性」第58回日本リウマチ学会総会・学術集会総会、東京、2014年4月24〜26日
  7. 笠原英樹:「当院でのリウマチ科診療〜Tomosynthesisと関節エコーを使ったRAの早期診断」Ten Topics in Rheumatology 、札幌、2014年8月30日
  8. 坊垣幸、冨田智子、服部敏之、清水裕香、笠原英樹、小池隆夫:「全身性エリテマトーデス(SLE)に合併した血栓性微小血管障害症(TMA)の2例」第24回日本リウマチ学会北海道・東北支部学術集会、札幌、2014年11月23〜24日
  9. 富田智子、坊垣幸、笠原英樹、小池隆夫:「皮膚筋炎に合併した皮膚潰瘍にシクロフォスファミドが有効であった2例」第24回日本リウマチ学会北海道・東北支部学術集会、札幌、2014年11月23〜24日
  10. 坊垣幸、冨田智子、服部敏之、笠原英樹、小池隆夫:「トシリズマブ(TCZ)投与による第XIII因子活性の低下をきたし、コレステロール塞栓症を発症した関節リウマチの一例」第29回臨床リウマチ学会、福岡、2014年11月29〜30日
  11. 冨田智子、服部敏之、坊垣幸、笠原英樹、小池隆夫:「寒冷暴露後に急性右大腿動脈塞栓を呈したクリスタルグロブリネミアの一例」第29回臨床リウマチ学会、福岡、2014年11月29〜30日

学会講演

  1. 小池隆夫:教育講演「関節リウマチ超音波標準化委員会からの報告」第58回日本リウマチ学会総会・学術集会、東京、2014年4月25日
  2. Takao Koike:lecture;Global evidence andJapanese experience on Tocilizumab. The34th Korean College of Rheumatology, Korea,2014年5月16〜17日
  3. 小池隆夫:特別講演「自己免疫疾患治療におけるBIOLOGICS:REVIEW」第11回免疫疾患フォーラム、つくば市、2014年7月31日
  4. 小池隆夫:特別講演「リウマチ診療の進歩」第10回Sapporo Rheumatology Seminar 、札幌、2014年8月2日
  5. 小池隆夫:インフリキシマブアドバイザリー会議「生物学的製剤のPMSについて」東京、2014年9月4日
  6. 小池隆夫:特別講演「免疫異常とその病気」北海道免疫疾患談話会、札幌、2014年9月5日
  7. 小池隆夫:特別講演「リウマチ診療−過去、現在、未来−」第24回日本リウマチ学会北海道・東北支部学術集会、札幌、2014年11月23日
  8. 小池隆夫:レミケードアドバイサリー会議、東京、2014年12月16日

座長記録

  1. 小池隆夫:教育講演「関節リウマチ超音波標準化委員会からの報告」第58回日本リウマチ学会総会・学術集会、東京、2014年4月25日
  2. Takao Koike:lecture;Global evidence and Japanese experience on Tocilizumab. The 34th Korean College of Rheumatology, Korea,2014年5月16〜17日
  3. 小池隆夫:特別講演「自己免疫疾患治療におけるBIOLOGICS:REVIEW」第11回免疫疾患フォーラム、つくば市、2014年7月31日
  4. 小池隆夫:特別講演「リウマチ診療の進歩」第10回Sapporo Rheumatology Seminar 、札幌、2014年8月2日
  5. 小池隆夫:インフリキシマブアドバイザリー会議「生物学的製剤のPMSについて」東京、2014年9月4日
  6. 小池隆夫:特別講演「免疫異常とその病気」北海道免疫疾患談話会、札幌、2014年9月5日
  7. 小池隆夫:特別講演「リウマチ診療−過去、現在、未来−」第24回日本リウマチ学会北海道・東北支部学術集会、札幌、2014年11月23日
  8. 小池隆夫:レミケードアドバイサリー会議、東京、2014年12月16日
  9. 小池隆夫:特別講演「リウマチ診療の今」第227回薬剤師臨床セミナー、札幌、2015年1月15日
  10. 小池隆夫:講演「知ってほしいリウマチ」函館市民健康講座、函館、2015年2月28日

座長その他

  1. 小池隆夫:アドバイザリー会議「第5回EARTHJAPAN」東京、2014年4月19日
  2. 小池隆夫: Opening Remarks 、Closing Remarks、「AoI関節エコーワークショップ」東京、2014年4月19〜20日
  3. 小池隆夫: Opening Remarks 、Closing Remarks、「AoI関節エコーワークショップ」東京、2014年5月17〜18日
  4. 小池隆夫:スポンサード・シンポジウム3座長、「疾患が疾患を生む−臓器連関からみた病態生理−」第51回日本臨床分子医学会学術集会、東京、2014年4月12日
  5. 小池隆夫:ランチョンセミナー1座長、「超音波検査による関節リウマチ診療の向上」第58回日本リウマチ学会総会・学術集会、東京、2014年4月24日
  6. 小池隆夫:イブニングセミナー2座長、「セルトリズマブペゴルの最新の知見」第58回日本リウマチ学会総会・学術集会、東京、2014年4月24日
  7. 小池隆夫:特別講演座長「骨粗鬆症治療薬の使い方とメディカルスタッフによる診療支援の重要性」北海道骨粗鬆症メディカルマネージャーセミナー、札幌、2014年5月24日
  8. 小池隆夫: 総合司会、Opening Remarks 、Closing Remarks、Q&Aコーナーパネリスト、市民公開講座「もしかして…リウマチ?」札幌、2014年6月1日
  9. 小池隆夫:Closing Remarks、「Rheumatology Update 2014」東京、2014年6月6日
  10. 小池隆夫:Session1座長、「アクテムラ創製と医療環境の未来」全国アクテムラ皮下注発売一周年記念講演会、東京、2014年6月21日
  11. 小池隆夫:Closing Remarks、「AoI関節エコーワークショップ」東京、2014年6月22日
  12. 池隆夫:Opening Remarks、「ヒュミラ発売6周年記念全国講演会」東京、2014年7月5日
  13. 小池隆夫:司会、「シムジアWEBシンポジウム」札幌、2014年7月14日
  14. 小池隆夫:総合司会、「第9回リウマチヤングアカデミー」札幌、2014年7月18〜20日
  15. 小池隆夫:Closing Remarks、「レミケード発売学術講演会」東京、2014年7月26日
  16. 小池隆夫:特別講演座長、「第4回リウマチケアミーティング」札幌、2014年8月8日
  17. 小池隆夫: Opening Remarks 、Closing Remarks、「AoI関節エコーワークショップ」東京、2014年8月23〜24日
  18. 小池隆夫:Closing Remarks、「第13回北海道リウマチ医の会」札幌、2014年8月22日
  19. 小池隆夫:特別講演座長、「内科医のためのリウマチ外科セミナー」札幌、2014年9月17日
  20. 小池隆夫:Opening Remarks、「ORENCIA Expert Forum」東京、2014年9月21日
  21. 小池隆夫: Opening Remarks 、Closing Remarks、「AoI関節エコーワークショップ」東京、2014年9月27〜28日
  22. 小池隆夫: Opening Remarks 、Closing Remarks、「AoI関節エコーワークショップ」東京、2014年10月18〜19日
  23. 池隆夫:Opening Remarks、「第11回リウマチとTNF-α北海道フォーラム」札幌、2014年10月25日
  24. 小池隆夫:特別講演座長、「札幌関節リウマチT細胞セミナー」札幌、2014年10月17日
  25. 小池隆夫:特別講演座長、「高尿酸血症Up date2014」札幌、2014年11月1日
  26. 小池隆夫:Closing Remarks、「第13回札幌膠原病フォーラム」札幌、2014年11月7日
  27. 小池隆夫:Opening Remarks、「Frontiers in Rheumatoid Arthritis Conference 2014」札幌、2014年12月6日