札幌病院


札幌病院ホーム > NTT東日本札幌病院について > 年報(2013年) > 産婦人科


産婦人科

診療

2013年度は上記のようなスタッフの異動があった。川俣あかり、真里谷奨、沼田佳苗が、3月で異動になり、かわりに清水亜由美、斎藤雅恵、鈴木利理が着任した。西川、二瓶はこの1年もそのまま診療にあたった。非常勤では水曜日の外来は佐藤まり子が、水金の外来は村岡友美子が担当している。

産科

分娩方針はこれまでどおり、リスクを的確に把握し、リスクの低い妊婦さんには自然分娩を推奨している。2013年度の分娩数は583件であった。昨年度は22%であった帝王切開率は今年度は18.5%に低下した。理由は明らかではないが、選択的帝王切開の件数が昨年度より少なかった。(図1、表1、2)

当院は地域周産期センターの役割も担っており、2013年は8件の母体搬送を受け入れた。逆に他病院への搬送は1件であった。今年度の、産科の統計を表1に示す。30週未満の切迫早産症例で他院へ搬送した1例を除いては搬送した症例はなかった。それ以外に30週未満の早産症例はなかった。

助産師外来(パール外来)を導入し9年が経過した。妊婦さんからも違和感なく受け入れられている。今年度は、さらに一歩踏み出し、院内助産システムの構築を目指している。外来の妊婦健診では、超音波スクリーニング、早産予防の取り組みを行っている。また、出生前診断について希望のある妊婦には専門助産師による出生前診断の相談外来を行っている。産後のメンタルヘルスケアへの取り組みとして、産後うつ病のスクリーニングを行っている。リスクのある症例には産後2週間健診や電話訪問など行っている。搬送の受け入れは、妊娠30週以降の切迫早産、子宮内胎児発育遅延、妊娠高血圧症候群などを中心に受け入れている。

表1 2013年度産科統計

総計 592
帝王切開 110
  予定帝切 68
  緊急帝切 42
  帝王切開率 18.60%
【合併症】
  常位胎盤早期剥離 2
  前置胎盤 4
  弛緩出血 6
  IUGR 0
  PIH 10
  HELLP症候群 1
  双胎 9
早産 42
  30週未満 0
  30週0日〜34週6日 9
  35週0日〜36週6日 34
分娩時異常出血(1000ml以上) 50
  1000〜1499ml 34
  1500〜1999ml 12
  2000ml以上 6
吸引分娩 22
双胎経腟分娩 1

表2 帝王切開の適応

緊急帝王切開の適応
母体要因 予定c/sの陣発 11
BEL 5
既往c/s 2
双胎 3
ヘルペス 1
CPD、分娩停止 10
PIH 10
HELLP症候群 1
胎児要因 IUGR 1
PROM早産子宮内感染 4
OCT陽性 1
胎児心拍異常 8
双胎/NRFS 2
早剥 2
選択的帝王切開の適応
既往c/s 29
BEL 16
双胎 2
筋腫核出後 6
前置胎盤 5

婦人科

表3に示すように、2013年度の婦人科手術件数は843件(術式別の総計)であった。手術患者ベースでは858人の手術を行った(帝王切開含む)。年間手術件数は腹腔鏡手術:388件、子宮鏡手術:62件、レーザー手術:139件、骨盤臓器脱手術:38件となっている(表3)。腹腔鏡手術の内訳は、附属器の手術が最も多く、184件。子宮摘出術(LAVH/TLH)が119件。子宮筋腫核出術が61件となっている(図3、4) 。レーザーを用いて子宮頸部上皮内癌に対しては円錐切除を行っているが、中等度ないし高度異形成の症例にはレーザー蒸散術を日帰り手術で行っている。今年度は139件のCIN治療をレーザーで行ったことになる。メッシュを用いた骨盤臓器脱に対するTVM手術は、導入から200例を超え、安定した成績である。

子宮筋腫、子宮内膜ポリープに対する子宮鏡手術、過多月経に対するマイクロ波子宮内膜焼灼術(子宮鏡下子宮内膜焼灼術)は計62件施行した。来年度はさらなる細径子宮鏡システムも導入予定であり、臨床に応用していきたい。

表3 2013年度手術術式別件数

産科手術
選択帝王切開術 60
緊急帝王切開術 46
シロッカー氏頸管縫縮術 7
前置胎盤合併帝王切開術 5
卵管結紮術 1
計119
婦人科手術
腹腔鏡下子宮付属器腫瘍摘出術 184
腹腔鏡下腟式子宮全摘術 119
腹腔鏡下子宮筋腫核出術 61
腹腔鏡下内膜症病巣除去術 18
腹腔鏡下子宮外妊娠手術 6
小計:腹腔鏡手術 388
腹式子宮全摘術 64
腹式子宮付属器腫瘍摘出術 30
腹式子宮筋腫核出術 1
腟式子宮筋腫核出術 1
小計:良性開腹手術 96
卵巣癌手術 19
子宮体部癌手術 19
子宮頸部癌手術 5
小計:進行癌手術 43
子宮頸部レーザー照射術 98
子宮膣部円錐切除術 41
小計:レーザー手術 139
流産手術 57
子宮内膜掻爬術 12
胞状奇胎除去術 6
子宮頚管ポリープ切除術 2
小計:腟式(掻爬など)手術 77
子宮鏡下子宮筋腫核出術(内膜ポリープを含む) 49
子宮鏡下子宮内膜焼灼術 13
小計:子宮鏡手術 62
子宮脱手術 35
膣閉鎖術 3
小計:骨盤臓器脱手術 38
計858

研究活動

北海道トキソプラズマ研究会として前方視的研究を行ってきた結果から、先天性トキソプラズマ感染症の管理指針を提唱している。現在も精査、カウンセリング等の紹介が多い。子宮頸部上皮内病変に関してはヒトパピローマウイルスのタイピング検査を取り入れた管理・治療方針の確立を目標に前方視的研究を行っている。TVM症例の手術成績、子宮内膜症症例の臨床研究、産後うつのスクリーニングに関しての臨床研究も行っている。

2013年度業績

講演

  1. 6月24日 お母さまになる方のための母子保健教室 プレママわくわくセミナー ハロー赤ちゃん! (札幌 札幌エルプラザ) 西川鑑
  2. 6月28日 院内勉強会 婦人科手術の実際-婦人科良性疾患を中心に― 西川鑑
  3. 7月27日 第25回北海道輸血シンポジウム 札幌医科大学講堂
    IV 患者中心の輸血医療(Patient Blood Management, PBM) 産婦人科医の考えるPatient blood management (PBM) 西川 鑑
  4. 7月29日 キッセイ薬品社内講演会 子宮内膜症性嚢胞の成因についての仮説 西川 鑑
  5. 8月27日 持田製薬社内勉強会 慢性骨盤痛(CPP)への対応 西川 鑑
  6. 9月9日 第8回 小樽マイルドケアの会 特別講演 慢性骨盤痛(CPP)への対応 西川 鑑
  7. 9月14日 医師・看護師・検査技師のための第50回日本自己血輸血学会教育セミナー  (札幌) NTT 東日本札幌病院における自己血輸血の現状と課題 西川 鑑
  8. 10月18日札幌市産婦人科医会学術講演会 Opening Remarks 北海道における子宮体がんの現状 西川 鑑
  9. 10月19日 2.45GHzマイクロ波で行うマイクロ波子宮内膜アブレーション講習会 (札幌) 基調講演「マイクロ波による過多月経の治療法」 西川 鑑
  10. 10月26日 NTT東日本札幌病院健康セミナー 加齢とホルモン 婦人科医が考える女性のウェルネス 西川 鑑

座長

  1. 2月2日 第52回北海道婦人科癌化学療法談話会 座長 西川鑑
  2. 2月17日 第38回札医医学会 ポスターセッション 司会 西川 鑑
  3. 11月23日 第34回日本臨床細胞学会北海道支部会 特別講演座長 西川 鑑

学会発表

  1. 2月2日 北海道婦人科癌化学療法談話会第52回例会
    低悪性度子宮内膜間質肉腫の5症例
    川俣 あかり、西川 鑑1、沼田 佳苗、真里谷 奨、二瓶 岳人1
    (NTT東日本札幌病院産婦人科1
  2. 3月2日〜3日 第7回TVM研究会学術集会(福岡)
    〈一般演題〉
    当院における骨盤臓器脱に対するTVM手術180例の成績と合併症
    西川 鑑1、沼田 佳苗、真里谷 奨、川俣 あかり、二瓶 岳人1(NTT東日本札幌病院1)、松川 雅則(滝川市立病院)
  3. 5月10日〜12日 日本産科婦人科学会第65回学術講演会(札幌)
    〈一般演題〉
    低悪性度子宮内膜間質肉腫の5症例
    川俣あかり、西川 鑑1、沼田 佳苗、真里谷 奨、二瓶 岳人1
    (NTT東日本札幌病院1
    マイクロ波子宮内膜症者術の合併症を回避するための工夫
    西川 鑑1、沼田 佳苗、真里谷 奨、川俣あかり、二瓶 岳人1
    (NTT東日本札幌病院1
    当院における40歳以上の高年出産216例の検討
    沼田 佳苗、西川 鑑1、真里谷 奨、川俣あかり、二瓶 岳人1
    (NTT東日本札幌病院1
    CIN397例に対する子宮頸部円錐切除術ならびにレーザー蒸散術の治療成績
    真里谷 奨、沼田 佳苗、川俣あかり、二瓶 岳人1、西川 鑑1
    (NTT東日本札幌病院1
  4. 5月31日〜6月2日 第54回日本臨床細胞学会学術総会(春期大会)(東京)
    〈一般演題(口演)〉
    タモキシフェン投与により出現する子宮頸部の異型細胞について
    西川 鑑1、真里谷 奨、沼田 佳苗、川俣あかり、小松賢一郎2、杉田 有子2、本間 則之2、高桑 康成2、佐藤 昌明2
    (NTT東日本札幌病院産婦人科1、NTT東日本札幌病院臨床検査科2
  5. 6月22日 第3回北海道GYN腹腔鏡セミナー(札幌市)
    Growing Teratoma Syndromeに対する腹腔鏡下アプローチの有用性について
    真里谷 奨
  6. 7月13日 第13回北海道婦人科腫瘍セミナー(札幌市)
    当院で経験した低悪性度子宮内膜間質肉腫の6症例
    齋藤 雅恵
  7. 7月14日 第2回札幌婦人科がんの会(札幌市)
    子宮頸部明細胞癌2症例
    鈴木 利理、西川 鑑1、齋藤 雅恵、清水亜由美、二瓶 岳人1
    (NTT東日本札幌病院1
  8. 7月19日〜21日 第54回日本婦人科腫瘍学会学術講演会(東京都)
    卵巣癌症例の血小板数と腹水の貯留の関連
    沼田 佳苗、西川 鑑1、真里谷 奨、川俣 あかり、二瓶 岳人1
    (NTT東日本札幌病院1
    最近経験した低悪性度子宮内膜間質肉腫の6症例
    西川 鑑1、沼田 佳苗、真里谷 奨、川俣 あかり、二瓶 岳人1
    (NTT東日本札幌病院1
  9. 8月17日 第11回北海道周産期談話会(札幌)
    PET検査にて妊娠が発覚した一例
    齋藤 雅恵ら
  10. 9月5日〜7日 第53回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会(名古屋市)
    〈一般演題(示説)〉
    腹腔鏡下手術後に生じた臍ケロイドの3例
    清水亜由美、鈴木 利理、齋藤 雅恵、二瓶 岳人1、西川 鑑1
    (NTT東日本札幌病院1
  11. 10月12日〜13日 第40回日本産婦人科医会学術集会(仙台市)
    懇談会
    若手医師が勤務環境に臨むこと 清水亜由美
  12. 11月2日〜3日 第52回日本臨床細胞学会学術総会(秋期大会)(大阪市)
    〈一般演題(示説)〉
    子宮頸部明細胞腺癌の2例
    鈴木 利理1、西川 鑑1、小松賢一郎2、杉田 有子2、本間 則之2、高桑 康成2、佐藤 昌明2
    (NTT東日本札幌病院産婦人科1、NTT東日本札幌病院臨床検査科2
  13. 11月15日〜16日 第58回日本生殖医学会学術講演会・総会(神戸市)
    〈一般演題(ポスター)〉
    多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)診断基準Rotterdam criteriaと日産婦2007の比較検討
    清水 亜由美、遠藤 俊明、馬場 剛、森下 美幸、久野 芳佳、池田 桂子、逸見 博文1、木谷 保2、西川 鑑3、真名瀬賢吾4、幡 洋5、斉藤 豪
    (KKR札幌医療センター斗南病院1、エナレディースクリニック2、NTT東日本札幌病院3、五輪橋産科婦人科小児科病院4、大谷地産婦人科5
  14. 11月23日 第34回日本臨床細胞学会北海道支部総会並びに学術総会(札幌市)
    〈一般演題〉
    子宮頸部明細胞腺癌の二症例
    鈴木 利理1、西川 鑑1、齋藤 雅恵、清水亜由美、二瓶 岳人1、小松賢一郎2、杉田 有子2、本間 則之2、高桑 康成2、佐藤 昌明2
    (NTT東日本札幌病院産婦人科1、NTT東日本札幌病院臨床検査科2

総説

  1. 札医通信 547号 第38回札医医学会印象記 産婦人科 西川鑑

学会幹事

  1. 11月23日 西川 鑑 第34回日本臨床細胞学会北海道支部会 学術集会会長

講義

  1. 6月21日 札幌医科大学医学部 子宮頸部の良性・悪性疾患 西川 鑑

症例報告

  1. 「卵巣未熟奇形腫の治療後に発生したGrowing teratoma syndromeに対して腹腔鏡下病巣切除術の施行した一例」
    真里谷 奨、西川 鑑、沼田 佳苗、川俣 あかり、二瓶 岳人、斉藤 豪
    日本婦人科内視鏡学会雑誌 29,1 158-163,2013