札幌病院


札幌病院ホーム > NTT東日本札幌病院について > 年報(2013年) > リウマチ膠原病内科


リウマチ膠原病内科

人の動き

2013年4月より坊垣幸先生が北大より当科へ着任されました。同年6月末で清水裕香先生が退職され、北海道大学医学部第二内科大学院へ戻られました。それと入れ替わりで7月より苫小牧市立病院から服部敏之先生が着任されました。研修医は3名の先生が研修に来てくれました。

業務内容

2013年は患者数の増加や新患患者さんへ対応するために、新たに新患外来を設けました。近隣の医療機関からご紹介いただく患者さんも徐々に増えてきております。新患外来も地域連携室を通していただくことで事前に予約が可能となっております。

当科の担当疾患は、関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどの膠原病であり、患者さんの主訴としては、関節痛、筋肉痛、発熱、皮疹、血球異常など多肢にわたります。時には、原因のはっきりしない発熱疾患や自己抗体陽性患者さんの原因精査や治療も担当しています。

関節リウマチに対して2003年に生物製剤が導入されてから、現在では合計7剤(抗TNFα-阻害剤5剤、IL-6阻害剤1剤、T細胞共刺激阻害剤1剤)が使えるようになりました。2011年にはMTXの使用量も8mg/週から16mg/週まで増量が可能となり、2013年7月にはJAK阻害薬も日本で初めて発売され、関節リウマチの治療の選択肢は広がり、今まで治療の難しかった症例にも有効な治療が行えるようになってきています。当院でも関節リウマチ患者の約20%の方に生物製剤を使用し良好なコントロールを目指した治療を行っております。また、当院では、積極的に関節エコー検査を施行し、関節リウマチの早期診断や寛解の評価に役立てるとともに、断層写真(thomosynthesis)を用いて手足の微少な骨びらんをより早期に把握し、治療方針の決定に役立てるように努めています(図1)。

また、膠原病の中には、皮膚筋炎やリウマチ性多発筋痛症、RS3PE症候群など、悪性疾患の合併が多い疾患も知られており、そのような患者さんに対しては、全身の悪性疾患の合併の検索なども積極的に行い、治療方針を決定しています。

さらに、膠原病の治療には、ステロイドや免疫抑制剤、生物製剤など免疫抑制作用のある薬を使用するため、日和見感染症対策にも取り組む必要があります。ニューモシスチス肺炎やサイトメガロウイルス感染症の続発や潜在性結核、B型肝炎の再活性化の問題にも、適切な予防策を行ったり、早期発見に努めるように十分な注意を払いながら診療しており、患者さんには安心して治療を受けていただけるように配慮しています。

また、総合病院のリウマチ科として、これらの感染症を発症した患者さんや膠原病にともなう腎不全や多臓器不全を伴う難しい症例の受け入れにも対応し、他科の専門医とも協力しながら治療を行っております。

外来担当表(2013年4月〜)

 
新患外来 坊垣 服部 笠原 服部 笠原
午前 笠原 坊垣 笠原 坊垣 服部
午後(予約外来) 小池
服部
笠原 坊垣 笠原 坊垣
  2010年 2011年 2012年 2013年
外来延べ患者数 5066 7435 6872 8585
入院延べ患者数 2048 3295 2599 3129
入院患者数(人) 101 143 168 145
平均年齢(歳) 56.6 62.9 63.7 60.0
平均在院日数(日) 23.3 23 16.5 21.3

入院患者168名の内訳

膠原病 124例 感染症 33例
関節リウマチ 57例 ニューモシスチス肺炎 1例
全身性エリテマトーデス 10例 サイトメガロウィルス感染症 2例
強皮症 15例 細菌性肺炎 10例
皮膚筋炎/多発性筋炎 12例 誤嚥性肺炎 5例
シェーグレン症候群 8例 敗血症 2例
成人発症Still病 2例 蜂窩織炎 2例
強直性脊椎炎 3例 感染性大動脈瘤 2例
混合性結合組織病 2例 トキソカラ症 1例
リウマチ性多発筋痛症 3例 骨髄炎 1例
周期性発熱症候群 1例 腎盂腎炎 1例
強直性脊椎炎 2例 肝膿瘍 1例
反応性関節炎 1例 ヘルペス髄膜炎 1例
顕微鏡的多発血管炎 5例 ウィルス感染関連血球貪食症候群 2例
間質性肺炎 17例 伝染性単核球症 1例
アミロイド関節炎 1例 リステリア腸炎、髄膜炎 1例

※重複症例を含む

業績

原著

  1. Amengual O, Atsumi T, Oku K, Suzuki E, Horita T, Yasuda S, Koike T. Phospholipid scramblase 1 expression is enhanced in patients with antiphospholipid syndrome. Mod Rheumatol. 23(1):81-88, 2013.
  2. Kamishima T, Kato M, Atsumi T, Koike T, Onodera Y, Terae S. Contrast-enhanced whole body joint MR Imaging in rheumatoid patients on tumour necrosis factor-alpha agents: a pilot study to evaluate novel scoring system for MR synovitis Clin Exp Rheumatol. 31(1):154, 2013.
  3. Fukaya S, Matsui Y, Tomaru U, Kawakami A, Sogo S, Bohgaki T, Atsumi T, Koike T, Kasahara M, Ishizu A. Overexpression of TNF-α-converting enzyme in fibroblasts augments dermal fibrosis after inflammation Lab Invest. 93(1):72-80, 2013.
  4. Koike T. IgG4-related disease: why high IgG4 and fibrosis? Arthritis Res Ther. Jan 25; 15(1):103, 2013.
  5. Harigai M, Mochida S, Mimura T, Koike T, Miyasaka N. A proposal for management of rheumatic disease patients with hepatitis B virus infection receiving immunosuppressive therapy. Mod Reumatol, Jan; 24(1):1-7, 2014.
  6. Harigai M, Takamura A, Atsumi T, Dohi M, Hirata S, Kameda H, Nagasawa H, Seto Y, Koike T, Miyasaka N. Elevation of KL-6 serum levels in clinical trials of tumor necrosis factor inhibitors in patients with rheumatoid arthritis: a report from the Japan College of Rheumatology Ad Hoc Committee for Safety of Biological DMARDs. Mod Rheumatol. 23(2):284-96, 2013.
  7. Takamura A, Hirata S, Nagasawa H, Kameda H, Seto Y, Atsumi T, Dohi M, Koike T, Miyasaka N, Harigai M. A retrospective study of serum KL-6 levels during treatment with biological disease-modifying antirheumatic drugs in rheumatoid arthritis patients: a report from the Ad Hoc Committee for Safety of Biological DMARDs of the Japan College of Rheumatology. Mod Rheumatol. 23(2):297-303, 2013.
  8. Fukae J, Isobe M, Kitano A, Henmi M, Sakamoto F, Narita A, Ito T, Mitsuzaki A, Shimizu M, Tanimura K, Matsuhashi M, Kamishima T, Atsumi T, Koike T.
    Positive synovial vascularity in patients with low disease activity indicates smouldering inflammation leading to joint damage in rheumatoid arthritis: time-integrated joint inflammation estimated by synovial vascularity in each finger joint Rheumatology,52(3):523-8, 2013.
  9. Kato M, Atsumi T, Oku K, Amengual O, Nakagawa H, Fujieda Y, Otomo K, Horita T, Yasuda S, Koike T. The involvement of CD36 in monocyte activation by antiphospholipid antibodies. Lupus. 22(8): 761-71, 2013.
  10. Koike T, Harigai M, Inokuma S, Ishiguro N, Ryu J, Takeuchi T, Tanaka Y, Yamanaka H, Hirose T, Yoshina T, Suzukawa M. Safety and effectiveness of 6 months' etanercept monotherapy and combination therapy in Japanese patients with rheumatoid arthritis: effect of concomitant disease-modifying antirheumatic drugs. J Rheumatol, 40(10): 1658-68, 2013.
  11. Yamamoto K, Takeuchi T, Yamanaka H, Ishiguro N, Tanaka Y, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Iwai K, Sakamaki Y, van der Heijde D, Miyasaka N, Koike T. Efficacy and safety of certolizumab pegol without methotrexate co-administration in Japanese patients with active rheumatoid arthritis: the HIKARI randomized, placebo-controlled trial. Mod Rheumatol. Nov 1:1-9, 2013,
  12. Koike T, Harigai M, Ishiguro N, Inokuma S, Takei S, Takeuchi T, Yamanaka H, Haruna S, Ushida N, Kawana K, and Tanaka Y. Safety and effectiveness of adalimumab in Japanese rheumatoid arthritis patients: Postmarketing surveillance report of 7740 patients. Mod Rheumatol, Nov 6, 2013, in press.
  13. Fukae J, Tanimura K, Atsumi T, Koike T. Sonographic synovial vascularity of synovitis in rheumatoid arthritis. Rheumatology, Sep 18, 2013, in press.
  14. Koike T, Harigai M, Inokuma S, Ishiguro N, Ryu J, Takeuchi T, Takei S, Tanaka Y, Sano Y, Yaguramaki H, Yamanaka H. Effectiveness and Safety of Tocilizumab: Postmarketing Surveillance of 7901 Patients with Rheumatoid Arthritis in Japan. J RheumatoL, Nov 1, 2013, in press.
  15. Ikeda K, Seto Y, Narita A, kawakami A, Kawahito Y, Ito H, Matsushita I, Ohno S, Nishida K, Suzuki T, Kaneko A, Ogasawara M, Fukae J, Henmi M, Sumida T, Kamishima T, Koike T. Ultrasound assessment of synovial pathologies in rheumatoid arthritis using comprehensive multi-plane images of the 2nd metacarpophalangeal joint-Identification of the components which are reliable and influential on the global assessment of the whole joint. Arthritis Rheum, Nov 18, 2013, in press.
  16. Ikeda K, Seto Y, Sakamoto F, Henmi M, Fukae J, Narita A, Nakagomi D, Nakajima H, Tanimuera K, Koike T. Analysis of the factors which influence the measurement of synovial power Doppler signals with semi-quantitative and quantitative measures- a pilot multicenter exercise in Japan
    Mod Rheumatol, Nov 5, 2013, in press.
  17. Yamamoto K, Takeuchi T, Yamanaka H, Ishiguro N, Tanaka Y, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Shoji T, Sakamaki Y, Desiree van der Heijde, Miyasaka N, Koike T. Efficacy and safety of certolizumab pegol plus methotrexate in Japanese rheumatoid arthritis patients with an inadequate response to methotrexate: the J-RAPID randomized, placebo-controlled trial.
    Mod Rheumatol. 1-10, 2013,
  18. Tanaka Y, Yamamoto K, Takeuchi T, Yamanaka H, Ishiguro N, Eguchi K, Watanabe A, Origasa H, Shoji T, Miyasaka N, Koike T. Long-term efficacy and safety of certolizumab pegol in Japanese rheumatoid arthritis patients who could not receive methotrexate: 52-week results from an open-label extension of the HIKARI study. Mod Rheumatol. 2013 Dec 29. [Epub ahead of print]
  19. 清水 裕香(NTT東日本札幌病院 リウマチ膠原病内科), 笠原 英樹, 小池 隆夫, 神島 保, 渥美 達也:Tomosynthesisによる関節リウマチの関節裂隙狭小化・骨びらんのスコアリングの妥当性について『北海道医学雑誌』88(4-5) 161:2013.
  20. 田川 小百合, 笠原 英樹, 清水 裕香, 大友 耕太郎, 小池 隆夫:「急性尿細管間質性腎炎で発症した顕微鏡的多発血管炎の症例」、『日本内科学会雑誌』、102(7) :1797-1799:2013.

著書

  1. 清水裕香、笠原英樹、小池隆夫 EXPERT 膠原病・リウマチ 改定第3版 「抗リン脂質抗体症候群」2013/3/29刊行
  2. 小池隆夫:総論「免疫・アレルギー疾患の薬物治療の歴史と展望」田中良哉編、株)羊土社、東京:『免疫・アレルギー疾患の分子標的と治療薬事典』P14-21,2013.
  3. 坊垣幸,小池隆夫:「抗リン脂質抗体症候群」 田中良哉編、株)羊土社、東京:『免疫・アレルギー疾患イラストレイテッド 』P141-145,2013.
  4. 坊垣幸,小池隆夫:「全身性エリテマトーデス」 田中良哉編、株)羊土社、東京:『免疫・アレルギー疾患イラストレイテッド 』P131-140,2013.
  5. 小池隆夫:【膠原病診療の最新情報-診断と治療のトピックス-】 全身性エリテマトーデス 『Mebio』:30(10) P16-25,2013.

学会講演

  1. 清水裕香、笠原英樹、神島保、小池隆夫「Tomosynthesisによる関節リウマチの関節裂隙狭小化・骨びらんのスコアリングの妥当性について」第38回 北海道リウマチ研究会 2013年3月2日
  2. 小池隆夫:「Bio の10年:これまでとこれから」、セルトリズマブ ペゴル新発売記念講演会、長崎、2013年4月4日
  3. 清水裕香、笠原英樹、神島保、小池隆夫 「Tomosynthesisによる関節リウマチの関節裂隙狭小化・骨びらんのスコアリングの妥当性について」第57回日本リウマチ学会総会・学術集会総会 京都 2013年4月18-22日
  4. 渡邊麻子、笠原英樹、清水裕香、小池隆夫「大腸ポリペクトミーにより改善したRS3PE症候群の1例」 第57回日本リウマチ学会総会・学術集会総会 京都 2013年4月18-22
  5. 小池隆夫:「Bioの10年:これまでとこれから」、シムジア新発売記念講演会inつくば、つくば市、2013年7月5日
  6. 小池隆夫:「SLE:最近の話題」、第37回県北膠原病研究科医、長崎、2013年7月22日
  7. 小池隆夫:「オレンシア皮下注に対する期待」、CMI北海道・東北営業部キックオフミーティング、札幌、2013年8月2日
  8. 小池隆夫:「ゼルヤンツ新発売記念講演会」、東京、2013年8月3−4日
  9. 小池隆夫:「SLEの治療〜ループス腎炎の薬物治療について〜」、アステラス製薬社内レクチャーミーティング、札幌、2013年8月20日
  10. 小池隆夫:「関節リウマチにおけるアバタセプトの有用性」、札幌オレンシア皮下注発売記念セミナー、札幌、2013年9月4日
  11. 小池隆夫:「Bioの10年:これまでとこれから」、北部九州セルトリズマブペゴル新発売記念講演会、北九州、2013年9月10日
  12. Koike T:「My contribution, my dream: 1983-2013」、14th International Congress on Antiphospholipid Antibodies & 4th Latin American Congress on Autoimmunity、Rio de Janeiro、Brazil、2013/9/17-23.
  13. 小池隆夫:「知って欲しいリウマチ・膠原病の知識」、北洋銀行・市民医療セミナー、札幌、2013年10月15日
  14. 服部敏之、笠原英樹、坊垣幸、丸山治彦、小池隆夫 「鑑別に苦慮した難治性胸水の一例」 まりも研究会 苫小牧 2013年10月19日
  15. 小池隆夫:「SLE:最近の知見」、第4回北海道W.I.N(women in nephrology) 学術講演会、札幌、2013年11月2日
  16. Koike T:「Antiphospholipid syndrome: Lessons from the genetic study」、Autoimmunity Congress Asia、Hong Kong、2013/11/19-23.
  17. Koike T:「Antiphospholipid syndrome: 30 years」、6th Autoimmunity Congress Asia、Hong Kong、2013/11/19-23.
  18. 小池隆夫:「リウマチ診療の進歩」、第16回滝川リウマチ懇話会、滝川、2013年12月2日
  19. 小池隆夫:新時代の骨粗鬆症治療 in Sapporo、札幌、2014年2月27日
  20. 小池隆夫:RA Global-Japan Advisory Board Meeting、東京、2014年3月2日
  21. 小池隆夫:「Bioの10年:これまでとこれから」、東北リウマチ講演会「シムジア発売1周年記念講演会」、仙台、2014年3月15日

座長記録

  1. 小池隆夫:ランチョンセミナー1、「関節エコーを用いたRA診断と薬物治療評価」、第57回日本リウマチ学会総会・学術集会、京都、2013年4月18日
  2. 小池隆夫:教育研修講演13、「関節リウマチの診断と疾患活動性モニタリングにおける関節エコーの活用」、第57回日本リウマチ学会総会・学術集会、京都、2013年4月19日
  3. 小池隆夫:ランチョンセミナー13、「新しい生物学的製剤セルトリズマブベゴルへの期待」、第57回日本リウマチ学会総会・学術集会、京都、2013年4月19日
  4. 小池隆夫:イブニングセミナー6、「寛解を目指したRA治療の新たな治療戦略〜サイトカイン・ダイナミズムとBiologics治療〜」、第57回日本リウマチ学会総会・学術集会、京都、2013年4月19日
  5. 小池隆夫:「オレンシアの最新知見」、オレンシア皮下注製剤適正使用セミナー、東京、2013年7月25日
  6. 小池隆夫:特別講演の座長、第3回札幌リウマチケアミーティング、札幌、2013年8月9日
  7. 小池隆夫:シムジア新発売記念講演会、大阪、2013年9月28日
  8. 小池隆夫:第2回札幌GOAL研究会の座長、札幌、2013年10月16日
  9. 小池隆夫:講演2「全例調査からみた適正使用情報」オレンシア皮下注発売記念講演会、東京、2013年10月20日
  10. 小池隆夫:第12回札幌膠原病フォーラム講演会、特別講演座長、札幌、2013年11月1日
  11. 小池隆夫:セッション2、痛風・高尿酸血症フォーラム2013、札幌、2013年11月9日
  12. Koike T:「Parallel session 1: Epidemiology and clinical presentation of autoimmune diseases」、Autoimmunity Congress Asia、Hong Kong、2013/11/19-23.
  13. Koike T:「The future of therapeutic approaches to autoimmune diseases-symposium sponsored by Pfizer Japan」、Autoimmunity Congress Asia、Hong Kong、2013/11/19-23.
  14. 小池隆夫:イブニングセミナー、第41回日本臨床免疫学会、下関、2013年11月28日
  15. 小池隆夫:「関節リウマチ治療10年の進化−免疫学的考察を交えて−ランチョンセミナー、第41回日本臨床免疫学会、下関、2013年11月29日
  16. 小池隆夫:Session 1「シムジアデータセッション」、Experts in Rheumatoid Arthritis 2014、東京、2014年2月1日
  17. 小池隆夫:Target therapy top meeting、札幌、2014年3月1日
  18. 小池隆夫:「糖尿病療養指導士の現状と課題」、第48回糖尿病学の進歩、札幌、2014年3月7日
  19. 小池隆夫:Meet the Xpert in Sapporo、札幌、2014年3月17日

その他の発表(健康セミナー)

  1. 笠原英樹:「関節リウマチについて」NTT病院 健康セミナー(2013.3.16)

その他(新聞記事)

  1. 小池隆夫:北海道新聞(朝刊)、生活医療コラム「知ってほしいリウマチ膠原病」(全30話)
    (22)多発性筋炎と皮膚筋炎 自己免疫が筋肉を攻撃:2013年1月9日
    (23)シェーグレン症候群(1) 免疫が涙腺、唾液腺を攻撃:2013年1月16日
    (24)シェーグレン症候群(2) 腎炎や肺炎起こす場合も:2013年1月23日
    (25)血管炎症候群(1) 血流悪化し臓器に障害:2013年1月30日
    (26)血管炎症候群(2) 川崎病 冠動脈瘤予防が目標:2013年2月6日
    (27)膠原病と妊娠・遺伝(1) 少数ながら影響出ることも:2013年2月13日
    (28)膠原病と妊娠・遺伝(2) 薬の用法に気をつけて:2013年2月20日
    (29)今後の展望 iPS細胞に可能性も:2013年2月27日
    (30)共有 仲間つくり立ち向かって:2013年3月6日