ページの先頭です。
メインメニューへジャンプ
本文へジャンプ

関東病院

看護部について

看護部長メッセージ

看護部長 野上さとみ

私たちが看護を実践していく上で大切にしていることのひとつとしては「安全で良質な看護の提供」があります。質の高い看護サービスを提供するために、院内教育体制を整え、看護職として成長できる環境づくりを行っています。
また、専門・認定看護師により、多職種と連携しよりよい医療の提供に取り組んでいます。
質を保つ取り組みとしては、JCI(Joint Commission International-国際的な医療機能評価)を受審し医療安全の向上に努めています。
また、私たちは「患者さんの生活を見る」視点を持ち、地域関係機関と協働し“より良い医療の選択”ができるように支援しています。
そして看護職員が、キャリアの成長とライフバランスが取れ、やりがいや誇りを持てるよう職場環境を整える取り組みを行っています。
「NTT東日本関東病院で医療・看護を受けて良かった」
「NTT東日本関東病院で看護を提供できて良かった」
と思っていただけるように日々進化(深化)し続けます。

看護部の理念

「実践」「教育研究」「サービス」のつながりを大切に

  • 私たちは健康を連続した過程と捉え、あらゆる健康段階にある人々に看護を提供します。
  • 私たちは患者さんの満足を目標とし、効果性と適切性を備えた看護を提供します。
  • 私たちは専門職として質の高い看護サービスを提供するために自己啓発に努めます。
  • 私たちは研究活動を通して、よりよい看護実践の探求を続けます。
  • 私たちはチーム医療を推進し、ともに働く人々の職務満足向上に尽くします。

看護部の教育理念

  • 各部門の特性をふまえた日常の看護活動の充実(OJT)
  • 個人の自己啓発による学習支援活動(研究・研修支援)
  • 専門的能力の支援(認定・専門看護師)
  • 接遇の向上
このページのトップへ↑