伊豆病院


伊豆病院ホーム > 病院紹介 > 部門紹介 > 看護部 > 教育体制


教育体制

新人からのメッセージ

教育の目的

看護者一人ひとりが、チーム及び組織の中で看護をより適切に行う事が出来るようになることを目的に教育活動を行う。

教育理念

  • 私たちは、科学的な根拠に裏づけられた質の高い看護を提供するために専門的知識を有する。
  • 私たちは、看護者として成長できる教育環境を作り自己研鑽する。
  • 私たちは、看護実践の中から教育課題をみつけ、自ら計画し実践する。

教育体制

  1. 院内教育
    クリニカルラダーによる教育
    看護職が臨床経験を積み重ねながら成長できるように 「臨床実践能力開発段階モデル」による教育を実施しています。

ラダーレベルごとの研修目標と研修内容

レベル 目標
研修内容
1
(卒後1年)
基本的なマニュアルに従い必要に応じて助言を得て看護を実践する ・看護倫理
・看護過程:情報収集と統合
・日常生活援助技術
・安全・感染管理の基本
2
(卒後2年)
標準的な看護計画に基づき自立して看護を実践する ・看護倫理
・看護過程:全体像の把握と優先順位
・フィジカルアセスメント(応用)
・日常生活援助技術
・緊急時の対応
3
(卒後3年)
ケアの受け手に合う個別的な看護を実践する ・看護倫理
・看護過程:困難事例の展開・優先順位
看護理論の活用
・自立に向けた日常生活支援技術
・リーダーシップメンバーシップ
4
幅広い視野で予測的判断をもち看護を実践する ・看護倫理
・看護過程:困難事例の展開 心理的な問題への対応
・教育・指導
5
より複雑な状況において、ケアの受け手にとって最適な手段を選択しQOLを高めるための看護を実践する ・看護倫理
・看護過程:記録の監査
・家族指導
・コーチング
ジェネラリスト 高い看護実践能力とチーム医療の推進ができる ・看護を語る
・看護実践ステップアップ研修
スペシャリスト 専門領域における卓越した看護実践と組織横断的な活動を実践する ・コンサルテーション
・研究
マネジージャー 管理者としてすぐれた資質を持ち創造的に組織を発展させる ・目標管理
・管理プロセス

臨床実践能力開発段階モデル

看護部 臨床実践能力開発段階モデル

新人教育

<看護師>

新人看護職員研修のプログラムに沿って2ヶ月間集合研修を行なっています。このプログラムの特徴は、自己の考えをまとめて話す、人との関係を作るための社会人・専門職としての姿勢や態度を楽しく学べるよう看護師だけでなく多職種合同でのチーム力を高める研修や、院内スタンプラリー等を取り入れています。

看護技術は、病棟の専門性を生かし全病棟で実習を行っています。月曜日に講義・演習を行い火曜日から金曜日の午前まで病棟で実習を行い、午後振り返りを行って技術が習得できるよう支援しています。2ヶ月間の集合研修中から、教育担当責任者だけでなく、フロアの教育担当者、実地指導者、プリセプターが関わり、集合研修と現場での研修を実施しています。2ヶ月間の集合研修終了後からは、ラダー1の研修計画にそって、継続的に教育を行います。

病棟配置後1ヶ月、4ヶ月、1年の多職種合同研修では、同期の仲間と悩みや目標を共有できるようグープワークを行い新人職員を支援している。

新人教育プログラム

平成28年度新人教育スケジュール概要 <4月> 【看護師】

目標:社会人・専門職業人としての姿勢や態度を身につける。
日常生活援助の知識を深め患者の身体機能に合わせた生活援助技術を経験できる。

        1 2 3
       

入社式
全体オリエンテーション
PM【講義】職業倫理など

休日 休日
4 5 6 7 8 9 10

AM【全体オリエンテーション】
・就業規則
・院内・避難経路確認
人権啓発・個人情報保護

PM【講義・演習】
・新人のための役割認識とマナー

AM【講義】
・看護部の理念と組織
・業務、委員会・看護方式
PM【講義・演習】
・看護部の教育体制
・看護・介護倫理
・接遇
・自己PRのカード作成

AM【講義】
・感染管理

PM【講義・演習】
・チーム医療と役割

AM【講義】
・情報管理
・安全管理
PM【講義・演習】
・災害防災管理
・実習の振り返り
・スタンプラリー

AM【講義】
・目標管理
PM【講義】
・電子カルテの操作方法

休日 休日
11 12 13 14 15 16 17

【実習】
シャドーイング(病棟)

【実習】
シャドーイング(病棟)

AM シャドーイング(外来・在宅)

PM
・シャドーイングの振り返りGW
レポート看護の仕事
・技術の復習

【講義・演習】
・看護過程の展開(NANDA/NOC/NIC)

【講義・演習】
・看護過程の展開
・看護必要度の評価方法

休日 休日
18 19 20 21 22 23 24

【講義・演習】
・環境整備技術
・食事援助技術(介助 経菅栄養・胃瘻)
・排泄援助技術(オムツ、尿器、導尿、留置カテーテルなど)
・バイタルサイン他 計測

【病棟実習】

学んだ技術を実践する

AM:病棟実習

PM
振り返り
技術の復習

【講義・シミュレーション】
・呼吸・循環を整える技術(酸素吸入 吸引 ネブライザー)
・創傷管理技術
・与薬の技術
採血・検体採取・検体準備と提出・心電図モニター・12誘導
・針刺し事故防止

特別
講演
休日
25 26 27 28 29 30 1

【講義・演習】
・活動・休息援助技術(体位変換・移動)
・清潔・衣生活援助技術(清拭 陰洗 口腔ケア 入浴 更衣)

【病棟実習】

学んだ技術を実践する

AM:病棟実習

PM【GW】
 振り返り
 技術の復習

休日

休日 休日

先輩ナースの卒業校 一覧

大学名 専門学校名
千葉大学大学院看護学研究科 静岡県立東部看護専門学校
浜松医科大学医学部看護学科 沼津市立看護専門学校
静岡県立大学 浜松市立看護専門学校
埼玉県立大学 富士市立看護専門学校
名古屋大学 静岡県立厚生連看護専門学校
東海大学 看護科 NTT東日本関東病院付属高等看護学院
日本赤十字豊田看護大学 静岡医療センター附属静岡看護学校
茨城県立医療大学 国立伊東温泉病院附属看護学校
神戸市立看護短期大学 愛知県豊橋市立看護専門学校
帝京平成短期大学 甲府看護専門学校
神奈川県立衛生短期大学 衛生看護科  
静岡県立大学短期大学部  
順天堂大学付属 医療短期大学看護学部  

<介護福祉士>

介護福祉士新人教育研修プログラムに沿って3週間教育を行った後病棟に配置します。
入社後1〜2週目で、社会人、専門職としての姿勢と態度を新人看護職員と共に学びます。共に学び合うことでお互いの専門性について理解を深めます。
介護の基本的な技術については、講義・演習を行った後病棟で実習を行い技術の習得を目指していきます

 

ケアワーカー教育プログラム

院外教育

専門性に沿った質の高い知識を身につけ看護実践に生かせる能力を養うために、種々の研修に参加できるように支援しています。

認定看護師資格取得支援

Ⅰ認定看護師選定基準

  1. 認定看護師要請過程の受験要件を満たしている。
  2. 当院で看護師として5年以上勤務している。
  3. 認定取得後認定看護師の役割(看護実践、相談、調整)が果たせる能力がある。
  4. 認定看護しとして、活動し成果が出せる期間勤務ができる。

Ⅱ選定方法

  1. 小論文
  2. 面接試験

<当院に在職している認定看護師>
  • ・脳卒中リハビリテーション看護認定看護師  4名
  • ・感染管理認定看護師  1名
  • ・認知症看護認定看護師  2名
  • ・糖尿病看護認定看護師:教育中  1名

研究会(看護師)

目的:当院の基本方針を推進するためには、専門職として自律しチーム医療における役割の発揮が重要となる。本研修で専門職チームの一員としての役割を学び以下の目的を持つ

  1. 新人同士が組織の枠組みを共有し関係性を築く
  2. 協働意欲を高め、コミュニケーションしやすい環境をつくり、リアリティーショックを軽減できる

多職種合同研修計画(1〜3年)

1年目
目標

・新人同士が組織の枠組みを共有し関係性を築く

・協働意欲を高めコミュニケーションしやすい環境を作り、リアリティーショックを軽減する
開催月 テーマ 内容
4月 チーム医療の一員としてメンバーシップを発揮する 講義・演習
5月 医療チームの中での自分の役割を考え1年後の自分をイメージする グループワーク
10月 チームの一員として体験したことを語る グループワーク
3月 チームの一員として役割を語り互いを認め合う グループワーク
2年目
目標

・医療チームの一員として自分の意見が言えるように、対人関係能力(社会人基礎力)を身につける

開催月 テーマ 内容
6月 チームの中で自分の意見を伝える 講義・演習
3月 医療チームの一員としての実践を語る グループワーク
3年目
目標

・専門職として自律しチーム医療における役割を理解し行動できる

開催月 テーマ 内容
12月 事例を通じて自分の役割を言語化する グループワーク

H26年 新入職員多職種合同研修の様子

多職種合同研修 チームの中で自分の専門性を発揮する