NTT東日本

企業情報


ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 事業部・グループ会社の活動紹介 > 埼玉事業部 > 埼玉事業部の活動紹介


埼玉事業部の活動紹介

「第59回栃木県郡市町対抗駅伝競走大会」において記録運営協力

計測システムICチップを埋め込んだタスキ

大会本部内へ設置した計測集計システム

計測システム

NTT東日本 栃木支店は、2019年1月27日に「夢ふる とちぎ路駅伝」と題して開催された第60回栃木県郡市町対抗駅伝競走大会に記録運営として協力しました。

栃木県庁から栃木市総合運動公園陸上競技場の往復全10区間60.42Kmに31チームが参加し、沿道には多くの住民がランナーに熱い応援を行っていました。栃木支店は、スタート・フィニッシュ地点、並びに各中継所に自動計測システムを設置し、タスキにつけた専用チップを通して通過タイムの計測を行い、瞬時に計測された記録はメイン会場の県庁本館ロビー・栃木市総合運動公園陸上競技場のLEDトラックビジョンを使用し、リアルタイムで映像配信を行いました。あわせて地元テレビ局「とちぎテレビ」と「栃木放送(ラジオ)」の実況中継番組等へタイム配信を行い視聴者に好評を博しました。

健康チャレンジと連動したCSR活動を実施

ウォーキングをしながら並木通りの清掃を行う様子

参加者全員で記念写真

NTT東日本 栃木支店では、2018年11月21日、栃木エリアの地域貢献の一環として約20名の社員の自発的な参加によりCSR活動のさらなる活性化を目的とした清掃活動を実施しました。また、社員の健康増進につなげるため、健康チャレンジ施策とし、宇都宮市今泉地区ウォーキングマップ「並木道活き生きコース」において、清掃活動とあわせてウォーキングを行いました。栃木支店では今後もCSR活動のさらなる活性化につながる取り組みを続け、地域の方々に貢献していきます。

高校生インターンシップの受け入れ

NTT東日本 埼玉事業部 栃木支店では、2018年10月22日から26日までの5日間、高校生のインターンシップを受け入れました。

NTT東日本では、学生の就業意識の醸成や次世代の地域経済の担い手となる人材の育成を目的とした各種団体の活動に賛同し、社会貢献の一環や地域への企業PR、社内の活性化を目的に、2006年からインターンシップの受け入れを行っています。参加した学生からは、企業における職業体験を通して、働くことの喜びや厳しさ、職業人としての心構えを学べる良い機会になった等の感想が寄せられました。

高崎市学校給食残渣堆肥化事業における新たな堆肥開発について

新たに開発された堆肥「発酵もみがら堆肥(ケイ酸含有)」

給食残渣を堆肥化する設備

一般財団法人 日本土壌協会による「コンポスト品質確認書」

「食品リサイクル肥料確認書」

NTT東日本-関信越 群馬支店では、群馬県高崎市が推進している「学校給食残渣堆肥化事業」を長年にわたり業務受注し、同市と一体となって取り組んできました。

従前、高品質の堆肥作成・販売に取り組む他、新たな堆肥づくりにも挑戦し、「発酵もみがら堆肥(ケイ酸含有)」の製造に成功しました。その品質が、一般財団法人日本土壌協会の「コンポスト品質確認制度」において、基準に適合していると認証されました。本制度での基準適合は、2012年度に開始されて以降、全国でも10件程度しか認証されていない極めて希少なものとなります。

また、新たに農業IoTを導入したことで、温度・水分率等の管理が容易となり、さらなる安定した堆肥の提供が可能となりました。

NTT東日本-関信越 群馬支店では、さらなる挑戦として、食の循環型社会の形成に向け「食品リサイクル製品−認証・普及制度」における認証を2019年4月に受けました。

クラウド型ロボットプラットフォーム「ロボコネクト」に対応するオリジナルキャラクターデザインを活用したロボットソリューションの提供 〜第一弾としてマルコメ株式会社「マルコメ君」のオリジナルロボットを製作〜

NTT東日本 長野支店は、2018年11月に「ロボコネクト」対応のコミュニケーションロボット「Sota®(ソータ)」※(以下、Sota®)を活用した社内コミュニケーション活性化の実証実験を、マルコメ株式会社と共同で実施しました。本実証実験では、さまざまな時間帯で働く工場従業員の方々に、遠隔操作した「Sota®」から情報配信を行い、周知内容の浸透、周知の効率化、およびコミュニケーションの活性化を検証しました。後に行ったアンケートにて、従業員の約7割以上が以前と比べて情報取得・認知が高まったとの結果を得ました。

これを踏まえ、マルコメ株式会社ではコミュニケーションロボットの有効性を社外の活動にも活かすため、自社キャラクターのデザインを活用したオリジナルロボット製作の検討を進めていました。

一方、NTT東日本は2016年9月1日よりクラウド型ロボットプラットフォーム「ロボコネクト」の提供を開始しており、ヴイストン株式会社が展開するSotaRが第一弾の対応ロボットとなる中、さまざまな業界のお客さまから、「自社のオリジナルキャラクターをロボット化したい」という声もいただいていました。

こうした中、ヴイストン株式会社協力の下、マルコメ株式会社のオリジナルキャラクター「マルコメ君」のロボット化と、NTT東日本が提供するロボコネクトへの接続を実現し、本ソリューションの提供を開始しました。

NTT東日本では、ロボコネクトパートナーと協力しながら、さまざまな業界における課題解決への貢献をめざすともに、地域のマスコットキャラクターへの活用等、地域の活性化に向けたコミュニケーションロボットのソリューション展開を進めていきます。

※Sota®:ヴイストン株式会社の登録商標です

オリジナルロボットの活用シーン
オリジナルロボットの活用シーン図
  1. @オリジナル対話シナリオ、オリジナル音声の作成
  2. A店頭での販売促進や各種イベントでの活用
  3. B企業受付での活用
  4. C各種インフォメーション端末との連携による施設案内
  5. D多言語によるインバウンド対応
  6. Eマーケティングデータの取得・分析 等

魚沼市におけるオンライン診療等の実証実験への協力

新潟県魚沼市では高齢化や慢性的な医師・看護師不足が地域課題となっています。そのため魚沼市は、高度医療を担う魚沼基幹病院と身近な医療を担う市立医療機関等の間で、効率的な役割分担を行い、将来にわたり市民が安心して医療サービスを受けることができる医療提供体制を構築しています。

その取り組みの一環として、2019年2月26日、へき地医療や在宅医療の活用を目的としたオンライン診療等の実証実験を行いました。NTT東日本 新潟支店では、新潟県における地域課題の解決に向けて、魚沼市と魚沼市医療公社小出病院が実施する本実験に協力しました。

当日は、NTT東日本のICTソリューションを活用し、市立小出病院と山間部大白川地区の患者居宅をつないでのオンライン診療を実施しました。あわせて、AI-OCRを活用した手書き診療申込書や紹介状等のデータ変換、セキュアオンラインストレージを活用した、遠隔施設間での診断結果の検査画像等のオンライン共有についてのデモンストレーションも行いました。

NTT東日本 新潟支店では、今後もICTを活用した遠隔診療、医療機関連携、医療事務のRPA化等に貢献していくことで、地域課題の解決をめざします。

ICTソリューションを活用したオンライン診療実証実験イメージ
オリジナルロボットの活用シーン図

「高崎消防(たかさき消防共同指令センター)救済訓練」を実施

ドコモ移動無線基地局車を用いた訓練

応急復旧訓練模様

NTT東日本 群馬支店は2018年3月13日、地震等の災害により県内西部を中心に被害が生じ、「たかさき消防共同指令センター」の119番受付全回線に故障が発生し119番の受付が不能となったことを想定とした通信確保や応急復旧訓練、災害復旧訓練を実施しました。あわせて、消防署職員を対象にした、119番受付不能時における対応研修と消防署職員による災害対策機器のデモも行われ、復旧訓練、デモ見学にはNTT東日本グループとドコモCS群馬支店の社員等約40名、研修会へは消防職員約80名が参加しました。

当日は、災害時用公衆電話の開設訓練や無線インターネット環境の開設訓練、ドコモ移動無線基地局車を用いたモバイル通信提供による携帯電話エリアの通信確保訓練等実践的な演習を行いました。

NTT東日本グループとドコモCS群馬支店が連携し、有事の際の連携強化並びに迅速な「たかさき消防共同指令センター」の通信確保・災害対策機器の習熟、スキル向上につながる有意義な訓練となりました。

埼玉県防犯のまちづくり活動の一環として「ホンデリング」に参画

埼玉支店にて開催された贈呈式での記念写真

寄贈した書籍の一部

NTT東日本 埼玉支店は「ホンデリング--本でひろがる支援の輪--」へ参画し、読み終わった不要な書籍やCD、DVD等を公益社団法人 埼玉犯罪被害者援助センターに寄贈しました。

ホンデリングは、「埼玉県防犯のまちづくり活動」の一環として取り組むもので、寄贈した書籍の買い取り金額は、寄付金として犯罪被害者の方の転居費用や無料カウンセリングおよび法律相談などの形で、犯罪被害者の支援に活用されます。

埼玉支店では、社員や社員の家族、OBへ協力を呼びかけ、段ボール6箱相当を寄贈し、2019年10月9日にNTT東日本 埼玉支店において寄贈式を実施しました。

NTT東日本 埼玉支店は、これまでも埼玉県防犯のまちづくり活動をはじめとする行政が推進する活動に積極的に参加してきましたが、今後も地域のお客さまとの「face to face」のつながりを大切に、地域とともに歩むICT ソリューション企業として、地域のお客さまの課題解決に貢献していきます。

不用品の再資源化に向けたサポート活動

古着の交換模様

修理した家具類の展示

NTT東日本-関信越 群馬支店では、群馬県高崎市が推進している「資源環境型地域社会の構築」に向けた取り組みを長年にわたり業務受託し、同市と一体となって取り組んでいます。

従前、同市の家庭から排出された粗大ごみ(家具等)については焼却処分していましたが、この取り組みは再利用可能な良品を当支店施設で保管し、修理したうえで年2回公開展示し、抽選により希望者へ無料で引き渡すリユース事業です。加えて、同市による小型家電に含まれる貴金属の有効活用のため使用済み小型家電の無料回収、不法投棄防止のため廃タイヤ、廃バッテリー、消火器等の有料回収を行うとともに、近年は古本・古着の交換会等も実施しています。

また、当支店社員による焼きそばの無料サービスや近隣農家による新鮮野菜等の販売も行い、地域イベントとして定着しています。

家族の職場参観日「埼玉ファミリーデー2019」

とう道見学模様

子どもたちが職場を訪問し名刺交換

NTT東日本 埼玉事業部は、2019年8月、社員の家族が職場を見学する「埼玉ファミリーデー2019(家族の参観日)」を開催し、17名の家族を職場に招きました。

本イベントは、日頃から社員の活躍を支えてくださるご家族に感謝の意を表するとともに、社員同士の交流を通じた相互理解の醸成を目的に開催行われるものです。当日は、事業部長室訪問、職場訪問をはじめ、とう道見学や公衆電話の使い方教室等の催しを通じて、職場を身近に感じていただきました。

「2019 NTTグループ群馬安全衛生大会」を開催しました

会場内の様子

健康チャレンジ表彰式

受賞者集合写真

NTT東日本 群馬支店は、2019年2月に「2019 NTTグループ群馬安全衛生大会」を開催しました。

このNTTグループ群馬安全衛生大会は、2019年で7回目の開催となり、当日はNTTグループ各社、協力会社さまの総勢207名が参加しました。

健康チャレンジ100・優良安全運転者の各種表彰をはじめ、作業安全講話、交通安全講話、健康増進講話を行い、さらには特別講演として熊本県危機管理防災企画監の有浦 隆氏より「防災・事故防止対応への提言」についてお話いただきました。

大会最後には、会場全体で気合いを込めて「ゼロ災」を唱和し、全員で“ゼロ災害”を誓いあいました。

特定外来植物「アレチウリ」駆除事業に参加

作業模様

駆除後の様子

駆除したアレチウリの山をバックに全員集合

2019年7月、「豊かな環境づくり長野地域会議」(事務局:長野地域復興局)が主催する水環境の保全のための「アレチウリ駆除事業」が開催され、NTT東日本 長野支店からは12名が参加しました。今年で7回目の参加となります。

アレチウリは生態系に影響を与える植物として特定外来生物に指定されており、旺盛な成長力で、既存の植物を覆いかぶさるように成長し続け、ほとんどを枯らしてしまいます。さらには昆虫や動植物への影響も危惧されています。長野県内の主要な河川敷のほぼ全域に繁殖しており、長野県環境部では駆除指導者研修を行う等、県を挙げて取り組みを進めています。

猛暑の中、会場となった千曲川河川敷の長野市若穂落合橋周辺で総勢60名の参加者が熱中症に気をつけながら駆除作業に汗を流しました。

ビオトープツアー「トキをプロデュース・野生復帰推進事業」

学習会の模様

作業の模様

集合写真

国の天然記念物であるトキは、かつて日本各地に生息していましたが、明治期に始まった乱獲や生息環境の悪化等により、大正末期にその数が激減し、2003年には日本産の野生のトキは絶滅してしまいました。こうした状況下、日本におけるトキの保護増殖への取り組みが進められ、2018年6月には、環境省が佐渡島で1年以上生存したトキの数が、目標の200羽を超えたと発表しています。

新潟県では、佐渡島全域でのトキ定着をめざし「トキをプロデュース・野生復帰推進事業」を推進しており、NTT東日本 新潟支店は、その一環として「NTT東日本新潟グループビオトープツアー(佐渡エコアイランド)」を実施しています。2019年は9回目の実施で、新潟支店および埼玉事業部等の社員17名の参加者は、トキのえさ場となるビオトープづくり、トキの森公園等の施設見学等を行い環境に対する社員の意識高揚を図るとともに、生態系保全に貢献することができました。

園児とともにひまわりを育成 〜東日本大震災復興支援〜

園児と社員による種まき

ひまわり鑑賞会記念写真

NTT東日本 埼玉支店では、NPO法人チームふくしまが東日本大震災復興への支援活動として展開している「福島ひまわり里親プロジェクト」に参画しています。

このプロジェクトは、ひまわりを育てる里親を全国から募集し、育てた種を福島に送り返すことで、雇用創出・エネルギー活用・観光対策の分野への復興支援を行うものです。

埼玉支店では、さいたま市立常盤保育園様に協力いただき、園児と当社社員、OB等が参加し、2019年5月に種をまき、ひまわりを育成、種の収穫を行いました。12月には、収穫した種を福島に送り届ける準備を行う「ひまわりの種を送ろう会」を開催する予定としています。

群馬交響楽団」によるチャリティコンサートを主催

NTT東日本 群馬支店では、地域の文化振興支援を目的に1997年から「群馬交響楽団」によるチャリティコンサートを主催しています。来場者から寄せられた寄付金は、高崎市文化振興基金におくる他、2012年からは東日本大震災への義援金として日本赤十字社にも寄付し、復興支援を形骸化させないための取り組みとして今も続けています。

2019年2月に23回目となるコンサートを開催し、約1,900名に来場いただき、約190万円の寄付金が集まりました。これまでのチャリティ金の合計金額は約3,800万円となっています。

新潟県における地域の見守り活動の活性化に向けた「社員向け講習会」を開催

講習会受講模様

講習会模様

NTT東日本 新潟支店は、新潟県と「新潟県における地域の見守り活動に関する協定」を2017年2月に締結し、独り暮らしの高齢者を含めたすべての地域住民が安心して暮らせるよう新潟支店およびグループ会社、協力会社の社員等が一体となって「地域の見守り活動」に取り組んでいます。

新潟支店は2019年9月19日と20日に、地域の見守り活動の活性化を目的とした講習会を昨年度に引続き開催しました。見守り活動に必要な知識や安全に活動するための留意点等について、本活動に携わる社員等に習得させることで、積極的に取り組む土壌をつくり、地域の見守り活動の活性化へとつなげます。

この講習は、新潟支店の会議室他、県内6ビルをTV会議で接続し、NTTグループ各社および協力社員等の社員286名を対象に行われました。

認知症の方とその家族を支援する認知症サポーターの育成

「認知症サポーター養成講座」受講の様子

「認知症サポーター証」(左上)と「オレンジリング」(左下)

NTT東日本 埼玉事業部では、地域に密着した社会貢献活動への意識を高めるため、認知症の方やその家族が安心して生活を継続できる社会の実現に向けた取り組み「認知症サポーター養成講座」を社員向けに開催しています。認知症サポーターとは、認知症について正しい知識と理解を身に付け、認知症の方やその家族へ適切な対応が行えるようになることで、その生活を応援していくというものです。

2019年度は、NTT東日本 埼玉、栃木、長野、新潟の各エリアで実施し合計146名の社員が新たに認知症サポーターとして認定されました。受講者には認知症サポーターの証として「オレンジリング」が交付されました。なお、これまでに埼玉事業部では1577名が認知症サポーターに認定されています。

「NTT東日本 群馬支店 児童画コンクール」開催

群馬県知事賞の作品

入賞作品

NTT東日本 群馬支店では毎年、県内の小学生を対象とした「NTT東日本 群馬支店 児童画コンクール」を開催しています。これは、美術教育活動の支援と、次代を担う児童に電話やインターネットなどの電気通信世界への理解と関心を深めてもらう目的で実施しています。

2018年度も群馬県、群馬県教育委員会、上毛新聞社の後援、ドコモCS群馬支店の協賛のもと開催し、151校から2299点の作品が寄せられました。同年11月、群馬支店内のYOU HALLで表彰式と入賞作品展を行い、入賞した42作品をお披露目しました。

夏休みに開催、小学生向けアートワークショップ

ワークショップで制作したろう画

NTT東日本 群馬支店は、2018年8月、小学生を対象とした夏休みワークショップ「チャレンジ!ろう画」をYOU HALL友の会、子ども美術館運営委員会と共同で開催しました。小学生に創造する喜びを体験してもらうため参加費無料で開催したもので、28名の子どもたちが、ろう画の制作に参加しました。

群馬支店では、地域社会への貢献活動の一貫として、子どもたちが自発的に制作発表出来る場として1997年「子ども美術館」を群馬支店内のYOU HALL隣に開設しました。「世界一ちいさな美術館で、世界一おおきな夢をふくらまそう」をコンセプトに、毎月の展示の他、ワークショップを実施しており、ろう画は今年で6回目のワークショップ開催となりました。