ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 事業部・グループ会社の活動紹介 > NTTスポーツコミュニティ > NTTスポーツコミュニティの活動紹介


NTTスポーツコミュニティの活動紹介

「大宮アルディージャサッカー教室 in ブータン」を開催

(C)N.O.ARDIJA

日本国大使館主催「日本週間(ジャパンウィーク)」イベント中のサッカー教室の様子

(C)N.O.ARDIJA

ブータンサッカー界の未来を担う選手の育成にも貢献

(C)N.O.ARDIJA

僧衣を身にまとい笑顔でサッカーを楽しむ

(C)N.O.ARDIJA

国境を越えた通信会社同士の交流も

JICA、ブータンテレコム、NTT東日本、大宮アルディージャ参加メンバーによる集合写真

2019年10月6日から9日の4日間にわたり、NTTスポーツコミュニティが運営する大宮アルディージャはブータンでサッカー教室を開催しました。「大宮アルディージャサッカー教室 in ブータン」は、日本とブータンの外交関係をより良いものにすることを目的とした日本国大使館主催「日本週間(ジャパンウィーク)」のイベントの一環で、首都・ティンプーで行われました。2016年以来、2度目の開催となった今回は、国際協力機構(以下、JICA)・ブータンサッカー協会・国立僧侶学校・ブータンテレコムの協力およびNTT東日本、グローバルパートナーである株式会社ジェーシービー・CBC株式会社の協賛を得て実施しました。

4日間にわたった教室では、一般公募の現地小中学生78名の他、U-13、U-14、U-15ブータン代表37名、国内唯一の国立僧侶学校の児童・生徒に教職員も加わった25名に向け、エクササイズや実際の試合を想定した具体的な戦術の指導、ミニゲーム等を行いました。最終日となった10月9日は、現地通信会社ブータンテレコムのフットサルチームとの親善試合を行いました。

ブータンでは、JICAの技術協力プロジェクトである「災害対策強化に向けた通信BCP策定プロジェクト」の実施事業者として、NTT東日本とジャパンリーコムの共同事業体がブータンテレコムと本プロジェクトを進めており、JICA、ブータンテレコム、NTT東日本から多数のメンバーが参加し、サッカーを通じて楽しく親睦を深めました。

参加者からは「サッカーは言葉の壁を乗り越え、みんなを笑顔にする力がある。みんながすぐに打ち解けて楽しむことができるサッカーというスポーツの素晴らしさを、あらためて実感した」という声がありました。

「NTTイーアジア(旧NTTベトナム)presents大宮アルディージャ サッカー教室 in ベトナム」を開催

サッカー人気が高いベトナム、各会場一体感あるサッカー教室に

ダクノン省の小学校に寄付金を贈呈

ビンズオン省の中学校では奨学金を贈呈

NTTイーアジア(旧NTTベトナム)は、恵まれない地域の学校や病院施設を訪問し、支援金や生活用品等を届ける社会貢献活動を毎年実施しています。活動の一環として、2019年12月23日・24日、NTTスポーツコミュニティが運営する大宮アルディージャとともに、ダクノン省の小学校とビンズオン省の小学校、中学校を訪問し、サッカー教室を開催しました。

ダクノン省の小学校では、サッカー教室参加の子どもたち25名の他、見学に来ていた268名の子どもたちも飛び入り参加し、コーチの掛け声のもと、笑顔でボールを追いかけました。締めくくりには、コーチ陣も参加してのエキシビションマッチを行い、元気な笑顔が溢れるサッカー教室とすることが出来ました。

ビンズオン省の小学校・中学校では、合計93名の子どもたち全員が、NTTイーアジア(旧NTTベトナム)贈呈のロゴ入りTシャツを早速身につけ、嬉しそうにして参加してくれました。この日を待ちわびていた子どもたちは思いっきりボールを追いかけ、「とても楽しかった」「Jリーグのクラブが来てくれてうれしい」と大いに喜んでくれました。

また、サッカー教室開催に併せ、ダクノン省の小学校には緊急用トイレ設置工事に必要な資金を、ビンズオン省の中学校では、生徒10名に対する学業支援のための奨学金を寄付しました。