ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 事業部・グループ会社の活動紹介 > NTTブロードバンドプラットフォーム > NTTブロードバンドプラットフォームの活動紹介


NTTブロードバンドプラットフォームの活動紹介

ニューイヤー駅伝2020において小型・軽量GPSデバイスを導入
〜ロードレースにおける選手位置情報の視える化を実現〜

NTT東日本のグループ会社であるNTT・ブロードバンドプラットフォームは、2020年1月1日に開催された「ニューイヤー駅伝inぐんま〜第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会〜」において、NTTグループが研究開発を進めてきた小型・軽量GPSデバイスによる、選手位置情報の可視化技術を活用し、新たなスポーツ観戦のかたちを提供しました。このプロジェクトは、NTTグループのNTT西日本やNTT・スマートコネクトをはじめ、株式会社TBSテレビおよび一般社団法人日本実業団陸上競技連合との連携により実現したものです。

スポーツ競技において、選手の位置情報を可視化する取り組みは世界中で積極的に行われてきました。しかしながら、駅伝やマラソン等ロードレースにおいては、電波環境や選手が装着するGPSデバイスの大きさや重さが課題となり、正確な位置情報を把握することが困難でした。この課題解決に向けて、NTTグループは、実業団連合・TBSテレビ協力の下、数多くのレース等で実証実験を重ね、今回の導入に至りました。NTT・ブロードバンドプラットフォームは、無線ネットワーク設計および「Drive-By技術*1」によるどこでもIoTの提供や衛星測定システム「みちびき*2」に対応した小型・軽量GPSデバイスの開発・提供等を行っています。

各選手のナンバーカードに装着したGPS機能搭載のカード型チップである「選手の負担にならない小型・軽量のGPSデバイス*3」から位置情報を受信し、TBSテレビ番組内のデータ放送「ニューイヤー駅伝2020」にて、走行順と各チームの距離差をほぼリアルタイムで表示します。また、大会関係者が選手のリアルタイムな位置を確認できるよう大会関係者向けのウエブサイトにも位置情報を配信します。なお、このデバイスを活用したロードレースのライブ中継は初の試みでした。

NTT・ブロードバンドプラットフォームは、今後も位置情報表示のさらなる高精度化をめざし、スポーツのライブ観戦のイノベーションに貢献していきます。

「ニューイヤー駅伝2020」のデータ放送画面イメージ

※1 Drive-By技術:走行する車から無線サービスを提供する技術。

※2 衛星測定システム「みちびき」:準天頂軌道の衛星が主体となって構成されている日本の衛星測位システム。

※3 選手の負担にならない小型・軽量のGPSデバイス:NTT・ブロードバンドプラットフォームとあいホールディングス株式会社の関連子会社である株式会社Social Area Networksが共同で開発したもの。