ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 事業部・グループ会社の活動紹介 > NTTル・パルク > NTTル・パルクの活動紹介


NTTル・パルクの活動紹介

環境に配慮した業務用車両を活用したカーシェアリングサービスの提供について

近年、ソーシャルメディアの普及に伴い、インターネットを介して個人や法人が所有するモノ・場所・スキル等の遊休資産を貸し借りするシェアリングエコノミーが普及・拡大しており、地域の課題解決にも活用されています。NTT東日本グループにおいても、保有している約8,000台の業務車両を、社員が利用しない休日等にカーシェアリングサービス「ノッテッテ」として提供し、環境負荷低減に貢献しています。

この取り組みは、NTT東日本グループ保有の駐車スペース等を管理しているNTTル・パルクとNTT東日本が連携し、2019年10月に開始した取り組みです。サービスの利用にあたっては、初期登録から、ステーション検索、車両予約、解錠・施錠、決済までのすべてがスマートフォンで完結します。車両は電気自動車(EV)をはじめとする低炭素車両を中心に導入し、社会のCO?排出量を削減することで、低炭素社会の実現に寄与します。また、新型コロナウイルス禍において、電車やバス等の密閉、密集空間を避ける「地域の足」としても有効です。

カーシェアリングサービス「ノッテッテ」サービスイメージ