ホーム > 企業情報 > CSR活動 > 事業部・グループ会社の活動紹介 > 神奈川事業部 > 神奈川事業部の活動紹介


神奈川事業部の活動紹介

「第16回かわさきサイエンスチャレンジ」で「光糸電話教室」を開催

小学校3〜6年生を対象に実施

川崎支店一丸で開催

NTT東日本 川崎支店は、2019年8月、かながわサイエンスパーク(KSP)で開催された「かわさきサイエンスチャレンジ」に参加しました。

今年で16回目となるこのイベントは、科学技術体験・ものづくり体験教室、サイエンス実験ショー等が一堂に集まる大きなイベントで、おもに小学生を対象に、川崎市内の企業・団体等が協力し開催されています。

フィジカルeスポーツ体験、トライサイエンス教室 探査機を宇宙へ送ろう、オリジナルゲームを作れるワクワクプログラミング等、子どもたちの科学への興味が広がり、探求心の湧く企画が多く出展され、川崎支店では、3回目となる「光糸電話教室」を開催しました。募集40名のところ、事前申し込みに約300名(昨年は164名)もの応募があり抽選による受け付けとなりました。参加した子どもたちは夢中になって光糸電話をつくり、大変盛り上がりました。

川崎支店は、今後も地域社会へ貢献する取り組みを行っていきます。

ドローンを活用した通信設備のり災調査

ドローンで撮った映像

NTT東日本 神奈川事業部は2019年10月31日、ドローンを活用して足柄上郡山北町玄倉、愛甲郡清川村の通信設備のり災調査を行いました。

2019年は相次ぐ台風に見舞われ、県内各地で土砂崩れが発生しました。それに伴い通信設備も小さくない影響を受けましたが、一部区間で被害の全容を把握しきれていない状況でした。そこで台風被害の影響で立ち入りが難しく、目視で確認できない場所を中心にドローンを用いて撮影を試み、状況を確認しました。

ドローン調査の写真

eスポーツを活用した地域活性化セミナーを開催

満席の会場

NTT東日本 神奈川事業部は2020年2月3日、eスポーツを活用した地域活性化セミナーを開催し、約130名のお客さまにご来場いただきました。人口減少・少子高齢化等が深刻化する昨今、新たに人を呼び込む町おこしのための手段の1つとして、eスポーツによる地域活性化が注目されています。

第1部のパネルディスカッションでは、eスポーツを活用した地域活性化に取り組んでいる横須賀市、eスポーツの教育分野での取り組みを行っている神奈川県教育委員会、ゲーム依存症等の研究を行っている国立大学法人神戸大学大学院、地域におけるeスポーツイベント開催の支援等eスポーツ全体の推進に取り組んでいるeスポーツコミュニケーションズ合同会社のご協力の下、地域活性化の事例や教育および医療分野での活用事例について活発な意見交換がなされました。

第2部では神奈川事業部の社員が、NTT東日本の公式eスポーツチームである「TERA HORNs」に挑戦する等、解説を交えながらのデモンストレーションが行われました。ご来場の皆さまにも体感していただき、会場は大いに盛り上がりました。

大会サポーターとして「横浜マラソン2019」をバックアップ

16名の社員がボランティアとして大会をサポート

NTT東日本は2015年から大会サポーターとして横浜マラソンを支援してきました。2019年大会も、例年同様に神奈川事業部がグループ会社と連携を取りながら、大会をバックアップしています。

大会当日の11月10日は心地良い秋晴れのなか、16名の社員らがボランティアスタッフとして給水を補助する等運営を後方支援しました。他にも、会社関係者約100名が駆けつけ、横浜市内を駆け抜けた40名ほどの社員ランナーを含む28,000名近い選手たちに熱い声援を送り、大会を盛り上げました。

川崎市「スマートライフスタイル大賞」奨励賞を受賞

表彰式で福田紀彦市長から表彰状とトロフィーを授与

NTT東日本グループでは、屋上緑化等のさまざまなグリーン化を推進しています。NTT東日本初台本社ビルでは、サツマイモ水気耕栽培「グリーンポテト※」の取り組みを行ってきました。サツマイモの葉は大きく、幾重にも重なり合っているため、蒸散作用や遮熱効果が期待できヒートアイランド現象の緩和に役立つとされています。

NTT東日本 川崎支店でも2010年から毎年実施しているNTT川崎ビル屋上緑化施策が、第8回スマートライフスタイル大賞「奨励賞」(地域共生推進賞)を受賞しました。

川崎市が川崎温暖化対策推進会議とともに主催する「スマートライフスタイル大賞」は、CO2削減、地球温暖化対策に寄与する優れた取り組みを実践する市民や事業者に贈られるもので、近隣保育園の園児や保育士と社員が共に、サツマイモや枝豆等を植える「苗植会」や「収穫祭」を行う等、10年にわたる地域をつなぐ取り組みが評価されました。

※ サツマイモ水気耕栽培による屋上緑化システム。液肥を用いる水気耕栽培システムであるため、耐荷重等の問題が少なく、ヒートアイランド対策に効果的録な屋上緑化を容易に導入できます。「グリーンポテト」は、NTTファシリティーズの登録商標です。