支店ホーム > CSR活動 > NTT東日本千葉事業部グループ 環境方針


NTT東日本 千葉事業部グループ 環境方針

基本理念

NTT東日本千葉事業部グループは、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つと認識し、自然環境の保全に努め、環境に配慮した、よりよい企業活動を目指します。

また、国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向け、ICTを通じた付加価値の高いサービスをさまざまな 分野で提供することで、「地域とともに歩むICTソリューション企業」として、安心・安全で持続可能な社会の実現に貢献します。

基本方針

千葉県内ならびに茨城県内において、新たな価値と可能性を持つ優れたICTを活用したサービスを提供し、事業活動を通じて社会課題の解決に尽力するとともに、地域社会の持続的な発展に貢献することで、豊かで貴重な自然を次代へつないでいくため、 以下の方針に基づき環境マネジメントを推進します。

  1. 千葉事業部グループにおける様々な活動により影響を与える、又は千葉事業部グループがステークホルダーから影響を受ける可能性のある以下のテーマについて重点的に取り組みます。
    (1)環境に配慮したシステムとICTサービスの提供による地域の課題解決、及びお客様の資源・エネルギー消費等環境負荷低減への貢献
    (2)電気通信設備の効率的運用による省エネルギーの推進
    (3)DXや働き方改革の推進等、業務改善による環境負荷の低減
    (4)気候変動への適応等、自然災害やパンデミックへの対応
  2. 環境マネジメントシステムを構築し、定期的に見直しを実施し、継続的改善を行うことにより、環境パフォーマンスの向上、環境保護及び環境汚染の予防を図ります。
  3. 国、地方自治体等の環境規制及び当事業部グループが受け入れたその他の要求事項を順守します。
  4. 社員一人ひとりが、業務の内外によらず日常生活に伴って生じる環境負荷を認識し、自ら低減に向け行動できるよう、環境教育や意識啓発を行うとともに、地域の環境保護活動に積極的に参加し、地域社会に貢献します。
  5. 全ての事業活動は、生物多様性と密接に関係していることを認識し、生物多様性を将来世代に引き継ぐための取り組みを推進します。

この環境方針は、千葉事業部グループ内へ周知するとともに、ステークホルダーへも開示します。



SDGs(Sustainable Development Goals)とは,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標である。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っている。(出展:外務省)




2020年4月1日
東日本電信電話株式会社
千葉事業部長
境 麻千子