法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > サービス > 業種特化ソリューション > 公共・自治体 > 防災情報ネットワーク > ソリューション概要


防災情報ネットワーク

ソリューション概要

防災行政無線は、日常での様々な情報伝達を含めて、地域の重要な告知システムです。一方、主に光インフラ(IPネットワーク)を利用したIP告知システムは、防災無線では実現困難な、双方向通信や画像を含めたきめ細かい情報伝達が可能です。 NTT東日本ではこの双方の特長を踏まえ、ハイブリッド型防災情報ネットワークとしてご提供いたします。

「NTT技術ジャーナル」2008年9月号に紹介記事が掲載されました。

防災情報ネットワークの概要図

よくあるご質問

Q防災情報ネットワークとはなんですか?
A防災行政無線や地域ブロードバンドネットワークにより、自治体が提供する防災情報や行政情報を迅速・的確に全市民へ伝達するためのトータルネットワークソリューションです。
Qどのようなことが実現できますか?
Aこれまでのアナログ防災無線やオフトーク通信といった情報伝達手段は、行政側からの一方的な情報提供となっていました。これを地域ブロードバンドネットワークやデジタル防災行政無線により行政、住民双方向での情報伝達を実現するものです。これにより万一の場合の要支援者に対する安否確認や平常時の地域コミュニティーの活性化が期待できます。

このページに関する資料請求・お問い合わせはこちらから 資料請求・お問い合わせ

関連する商品
安否確認サービス
災害時の安否確認と緊急連絡を迅速化し、お客さまの事業の復旧と継続策定をサポートします。
NTT東日本のデータセンターよりサービスを提供し、大規模災害時にも安心・安全、きめ細かな利用申し込み単位のメニューで規模に応じた導入を頂くことができ、また、インターネット経由でモバイル端末でも利用できます。
道路情報システム
天候や事故・工事などによる道路状況の変化を、道路運用管理者はもちろん、ドライバーにも随時提供。道路の維持管理や平常運行に貢献します。
河川情報システム
新たな都市型災害として注目を浴びる水害。気象情報と監視カメラによるリアルタイムの河川監視情報で、情報収集⇒分析⇒警報など一般家庭への情報提供まで、統合型のシステムを提供します。
危機管理システム
正確な情報の共有と迅速な対策・対応は、災害の被害を最小限に抑えるための必須条件。危機管理システムで防災・減災を支援します。