法人のお客さま


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 葛飾区様


葛飾区様

シンクライアントで利便性とセキュリティーを両立
校務効率化により子どもと向き合う時間の確保を

葛飾区様

フューチャースクール推進事業・葛飾区立本田小学校の取り組み
〜タブレットPCを用いて、子どもたちの関心が高まる授業が実現〜

総務省が実施している「フューチャースクール推進事業」の実証校のひとつである葛飾区立本田小学校では、NTT東日本がシステム構築・運用を担当しています。児童一人一人にタブレットPCを配布したのをはじめ、効率的に充電が可能な保管庫なども設置。各教室に配備した無線LAN環境により、タブレットPCに記入した内容は電子黒板に手軽に表示できるようになっており、先進のICTを活用した、効果的な授業が実現しています。

例えば、1年生の算数の授業では、タブレットPCのデジタル模造紙機能を用いて、くり上がりの足し算を教える際に、一人一人に計算の意図など自分の考えを書かせ、電子黒板に表示することで互いの考え方を学び合う授業を実践しています。また、5年生の総合的な学習の時間に行ったのは、インターネットを利用した「世界の食文化」についての調べ学習。プレゼンテーションソフトを使って電子黒板で発表するとともに、メールソフトを用いて発表者に感想を送信する授業を展開しています。さらに6年生の国語の授業では、タブレットPC付属のカメラ機能を用いて、身近な事物や風景などを撮影し、撮った写真から川柳を詠む授業を実施。電子黒板を用いて発表したお互いの句を鑑賞するとともに、活発な意見交換を行うことで、表現力を養う授業を行いました。

このようにタブレットPCや電子黒板を用いた授業を実際に行っている教員からは、「子どもたちはタブレットPCを喜んで用いるので、学習意欲が高まる」「教員同士の学び合いも深まり、授業力向上につながる」といった声も上がっています。

  • 文中記載の会社名および製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。
  • 文中記載の組織名・所属・役職・サービス名などはすべて2011年8月時点のものです。

地域の今と未来を、見つめ続けるICTへ。NTT東日本の地域ICTレポート

第4回教育ITソリューションEXPO

NGN

ひかり電話オフィスA(エース)

ビジネスイーサ

オフィス光ソリューション

BUビリング


ホーム > 法人のお客さま > 導入事例 > 葛飾区様