ホーム > 企業情報 > NTT東日本について > ICTで、地域とともに。地域活性化×NTT東日本グループ > スマートアグリシティ


産官学連携で取り組む スマートアグリシティ

スマートアグリシティとは

最先端の農業ロボット技術や情報通信技術の活用などにより、世界トップレベルのスマート農業の実現による持続可能な地域社会形成をめざす取り組みです。

背景と目的

日本の農業は長期にわたる就農人口の減少と高齢化、後継者不足による「労働力の不足」に直面しています。農業を産業として維持・拡大するためには、この社会課題を早期に克服する必要があり、これらの課題解決に向けた取り組みが進められています。

取り組み事例

CASE 01

スマート農業およびサステイナブルなスマートアグリシティ実現に向けた産官学連携協定の取り組み

リリース時期
2019年6月
連携のイメージ
PROJECT
  • 岩見沢市

    「農業を軸とした地方創生」を掲げ、ICTによる「地域経済の活性化」 と「市民生活(暮らし)の質の向上」をめざし、スマート農業実現に向けた環境整備や「ひともまちも元気で健康」をテーマとした施策を展開しています。

  • 北海道大学

    岩見沢市等をフィールドとした近未来スマート農業技術の実証に取り組み、自動運転農機等のロボット化やベテラン農家の匠の技をデータ化・活用するデータドリブンな農業の実現によるイノベーション創出に取り組んでいます

  • NTTグループ

    事業活動を通じて、研究開発やICT基盤、人材等さまざまな経営資源や能力を活用し、パートナーの皆さまとコラボレーション(協業)しながら、デジタルトランスフォーメーションの推進による社会課題の解決をめざしています。

  • 安全自動走行に求められる最適な測位・位置情報配信基盤
  • 安全自動走行に求められる最適な次世代地域ネットワーク
  • 効率的データ伝送・圧縮技術など高度情報処理技術とAI分析基盤

※文中に記載の組織名・所属・肩書・取材内容などは、すべて2019年6月時点(インタビュー時点)のものです。
※上記事例はあくまでも一例であり、すべてのお客さまについて同様の効果があることを保証するものではありません。

CASE 02

農業・食品産業技術総合研究機構の栽培マニュアルをIoTでデジタル化し地域に最適化して展開する取り組み

リリース時期
2020年2月
取り組みの概要図
PROJECT

農業・食品産業技術研究機構(農研機構)が開発した「シャインマスカット」の人気は非常に高く、地域ブランド化や失敗のない栽培を実現することで新規参入への期待が高まっています。
一方、生産地では、特に高度なノウハウが求められる温度管理について、紙の栽培マニュアルを手に実際の圃場へ足を運び、都度照合しつつ管理する必要があり、その確認作業を自動化で軽減することによる効率的な栽培管理への転換が期待されています。その実現に向けて、農研機構、山梨県、長野県、群馬県、岩手県の公設農業試験研究機関および地元生産者とNTT東日本グループがコンソーシアムを組んで「栽培マニュアルプラットフォーム」を各地域に実装するプロジェクト進んでいます。

RESULT
栽培マニュアルのデジタル化により省力化と正確な栽培管理を支援

農研機構が提供する基本的な栽培マニュアルと、各県で地域の状況に合わせてカスタマイズしたマニュアル、センサーで取得した環境データをクラウド上で一元管理し、スマートフォン等で運用するプラットフォームやアプリケーションを開発し、生産者が栽培環境を適正に管理できるように支援。特別な技能を持たない生産者でも失敗の少ない栽培管理を行える環境づくりを推進しています。

※文中に記載の組織名・所属・肩書・取材内容などは、すべて2020年2月時点(インタビュー時点)のものです。
※上記事例はあくまでも一例であり、すべてのお客さまについて同様の効果があることを保証するものではありません。

農業IoTソリューション 畜産IoTソリューション スマートアグリシティ 次世代施設園芸 自営ネットワーク活用 地方版スマートシティ 催事運営ソリューション eスポーツビジネス デジタルミュージアム シェアリングシティ 食品衛生管理ソリューション スマートイノベーションラボとローカル5Gオープンラボについて