山梨支店


支店ホーム > お知らせ > 平成27年度 第29回 電話応対コンクール山梨県大会への後援について


News Release

NTT東日本山梨支店
2015年10月1日

平成27年度 第29回 電話応対コンクール山梨県大会への後援について

 公益財団法人日本電信電話ユーザ協会山梨支部(支部長 金丸 康信)主催による「第29回電話応対コンクール山梨県大会」に東日本電信電話株式会社山梨支店(支店長 安藤 耕治)は後援します。
 電話応対コンクールは、各企業の電話応対サービスとトーク技術のレベルアップを図るために、毎年実施しており、電話の応対をしながら営業マインドも試される競技問題に取り組み、電話応対サービスの技能を競い合います。
 なお、山梨県大会は県内3ブロック大会の上位40名によって行われますが、全国大会の選考も兼ねていることから本大会で最も優秀な成績を収めた方が、山梨県代表として11月27日(金)に群馬県前橋市で開催予定の「第54回全国大会」に出場します。

1.開催日時 2015年10月 6日(火) 9:30〜16:30
2.開催場所 山梨県JA会館 (甲府市飯田1−1−20)
3.主   催 公益財団法人日本電信電話ユーザ協会 山梨支部
4.後   援 東日本電信電話株式会社 山梨支店
5.参 加 者 40名(15事業所)
6.競技内容 あらかじめ指定された問題に基づいて模擬応対者と3分以内で応対する。

 ■テーマ:     『聴きとる力を磨き、訊き出す力を鍛える』

 ■問題のねらい:  電話応対にとって最も大事なことは、聴きとる力、訊きだす力です。
             「きく力」はコミュニケーションにとって最も重要な能力であり、対話を
             形作る基本です。それは、ICT化がどんなに進んだとしても、電子
             メールでは実現できない能力だからです。
              電話をかけてきたお客様が、「良い応対だった」と感じるのは、(1)話
             をしっかり聞いてくれた (2)求めることに正確に応えてくれた (3)説
             明が分かりやすかった (4)手際よく応対してくれた (5)心の温かさを
             感じたといった印象を持っていただいた時です。このような応対が
             『顧客満足』につながります。
7.審査方法 審査基準については「最初の印象」「基本応対スキル」「コミュニケーションスキル」・「情報・サービスの提供」「最後の印象」「顧客満足評価(CS)」などについて5名の審査委員が採点します。(競技時間は3分以内とします。)
8.大会日程    8:45 受付開始          9:30 開会式
  10:00 競技開始         14:30 競技終了
  15:30 表彰式・閉会式

本件に関するお問い合わせ先

公益財団法人日本電信電話ユーザ協会 山梨支部
TEL0120−680966
NTT東日本山梨支店 企画総務部門
TEL(055)231−8850