企業情報


ホーム > 企業情報 > 広報宣伝活動 > NTT東日本シンボルチーム > お知らせ > お知らせ(2018年) > バドミントン部のお知らせ


お知らせ

BADMINTON

2018年12月17日

BWFワールドツアーファイナルズ2018 男子シングルス桃田選手が準優勝 お知らせ一覧へ

12月12日(水)〜12月16日(日)まで中国 広州市にてBWFワールドツアーファイナルズ2018が開催されました。
この大会には、2018年に開催されたBWFワールドツアー(Super1000〜100が対象)で獲得したポイントにより、
各種目のランキング上位8組までに出場権が与えられます。
しかし実際に出場できるのは各国2組までという非常に狭き門である中、
世界選手権優勝者には優先的に出場権が与えられるため、桃田選手は3年ぶりの出場となりました。

優勝者には「ワールドツアーチャンピオン」の称号が与えられる今大会で2回目の優勝を目指す桃田選手は、
予選リーグ(グループB)の第1戦から第3戦をすべてストレートで勝利し、グループ1位で決勝トーナメント進出を決めます。

準決勝ではグループA2位のソン・ワンホ選手(韓国)と対戦。
第1ゲームを6-5からの5連続ポイントで一気にリードを奪い14本で制すると、続く第2ゲームも
スピード感のあるプレーでゲームの主導権を握り、ストレート勝利で決勝に駒を進めます。

3年ぶりの優勝がかかった決勝では世界ランク2位のシー・ユーチー選手(中国)と対戦。
地元選手を応援するアウェイの雰囲気の中、第1ゲーム初めに3連続失点しますが、すぐさま取り返し同点に追いつきます。
しかしその後も失点が続きリードを許すと、7-9から一気に突き放され12-21で第1ゲームを落とします。
続く第2ゲームも流れを変えることができず、中盤10-12まで迫るものの、その後も7連続ポイントを奪われ11-21で敗退。
試合後に「完敗」と語った桃田選手は、準優勝で今季ワールドツアーを終了しました。

【BWFワールドツアーファイナルズ2018】
日程:12月12日(水)〜12月16日(日)
開催地:中国 広州市

[大会成績]

男子シングルス 準優勝 桃田 賢斗

大会期間を通して選手への温かいご声援、誠にありがとうございました。