企業情報


ホーム > 企業情報 > 広報宣伝活動 > NTT東日本シンボルチーム > お知らせ > お知らせ(2018年) > バドミントン部のお知らせ


お知らせ

BADMINTON

2018年5月1日

2018年アジアバドミントン選手権大会で男子シングルス桃田選手が初優勝 お知らせ一覧へ

4月24日(火)〜4月29日(日・祝)まで2018年アジアバドミントン選手権大会が開催され、
NTT東日本から男子シングルスに桃田 賢斗選手が出場しました。

ベテランや今年の全英オープン王者等、強敵を下して勝ち上がってきた桃田選手は、
準決勝でこれまで1度も勝利していない元世界ランク1位、マレーシアのリー・チョンウェイ選手と対戦。
第1ゲームでは16-19とリードされるも逆転し先制。第2ゲームではその勢いのまま14本で勝利し、
ストレート勝ちで決勝進出を決めます。

決勝ではリオオリンピック金メダリスト、中国のチェン・ロン選手と対戦。
第1ゲーム序盤、5連続ポイントで9-2とリードするも、12-14と逆転を許し追う展開に。
しかし粘り強く攻め再び連続ポイントを決めると、21-17で先制します。
続く第2ゲームでは、競り合いながらも桃田選手が常にリードを保ちます。
中盤14-13と迫られますが焦りをみせることなく、激しい打ち合いから7連続ポイントを畳み掛け21-13で見事勝利。
準決勝に続きオリンピックメダリストを破り、男子シングルスで日本人初のアジア選手権制覇を果たしました。

大会期間を通して選手への温かいご声援、ありがとうございました。