企業情報


ホーム > 企業情報 > 広報宣伝活動 > NTT東日本シンボルチーム > お知らせ > お知らせ(2017年) > バドミントン部のお知らせ


お知らせ

BADMINTON

2017年5月31日

2017年日本ランキングサーキット大会 桃田選手、古賀・齋藤ペアが大会初優勝 お知らせ一覧へ

本日、大会最終日を迎えた2017年日本ランキングサーキット大会は各種目の決勝戦が行われ、男子シングルスに桃田 賢斗選手、男子ダブルスに古賀 輝・齋藤 太一ペアが出場しました。

ナショナルチームA代表の有力選手との対戦となった男子シングルス決勝は、長いラリーからスタート。
切れの良いスマッシュが次々決まり、また相手選手のミスもあり大差をつけて前半を折り返すと、後半も勢いそのままに連続得点をあげ、第1ゲームを先制します。
しかし2ゲーム目は相手選手に主導権を握られ、自分のプレーを発揮できないまま14本で失い、ファイナルゲームへ突入。
勝負をかけた第3ゲームは一点を争う激しい攻防を繰り返し、1点のリードで前半を折り返します。後半押されながらも、徐々に桃田選手らしいショットが決まり始め、16-18からの4連続ポイントで逆転。最後は相手選手のショットがアウトになり21-19で勝利。大接戦を制し、復帰戦を優勝で飾りました。

久々の復活となった男子ダブルス古賀・齋藤ペアは、1ゲーム目の立ち上がりは相手選手に連続得点を許したものの、4連続ポイントで調子をつかむと、いつものコンビネーションの良さを取り戻して接戦に持ち込みます。1点を追う終盤では17-18から連続ポイントをあげ21-19で競り勝ちます。
続く第2ゲームは相手にペースを握らせることなく終始リードする展開。後半には6連続ポイントも飛び出し、そのまま反撃の隙を与えず21-9で勝利。

今季初の国内大会で男子シングルス、男子ダブルスの2種目を制し、幸先の良いスタートを切りました。

2017年日本ランキングサーキット大会
日程:5月27日(土)〜5月31日(水)
開催地:埼玉県 さいたま市記念総合体育館

[大会成績]

男子シングルス 優勝 桃田 賢斗
  25位 古賀 輝
女子シングルス 5位 大家 夏稀
  9位 川島 里羅
  25位 橋本 由衣
男子ダブルス 優勝 古賀 輝・齋藤 太一ペア
  17位 松丸 一輝・西川 裕次郎(法政大学)ペア
  25位 藤野 琢人・星野 翔平ペア
女子ダブルス 3位 渡邉 あかね・新玉 美郷ペア
  5位 尾﨑 沙織・川島 里羅ペア

最後まで攻めの姿勢で勝利を引き寄せ、
復帰戦を優勝で飾った桃田選手。

第2ゲームは大差をつけ見事、優勝した
古賀・齋藤ペア

大会期間を通じて、選手たちへの温かいご声援、誠にありがとうございました。