企業情報


ホーム > 企業情報 > 広報宣伝活動 > NTT東日本シンボルチーム > お知らせ > お知らせ(2016年) > バドミントン部のお知らせ


お知らせ

BADMINTON

2016年2月22日

アジア団体選手権 兼 第29回トマス杯・第26回ユーバー杯アジア予選 男女ともに準優勝 お知らせ一覧へ

2月15日(月)から2月21日(日)までアジア団体選手権 兼
第29回トマス杯・第26回ユーバー杯アジア予選が開催されました。
NTT東日本からは男子団体戦 日本チームに桃田選手、
女子団体戦 日本チームに橋本選手、三谷選手、松尾選手が出場しました。

男子団体戦 日本チームにシングルスで出場した桃田選手は、
出場した全試合をストレート勝ちする活躍でチームを決勝へ導きます。
決勝ではインドネシアチームとの対戦。桃田選手が第1シングルスで大差をつけてストレート勝ちしたものの、
続く第1ダブルスではゲームを奪われ試合はイーブンに。
その後も一進一退の戦いを繰り広げますがチームは惜しくも敗退し、準優勝の成績を収めました。

女子団体戦 日本チームには女子シングルスに橋本選手、三谷選手、女子ダブルスに松尾選手が出場。
予選リーグ、決勝トーナメントと順調に勝ち進み、決勝では中国チームと対戦しました。
2勝2敗でむかえた第3シングルスに出場した橋本選手は、序盤リードするも及ばず敗退。
男子とともに準優勝に輝きました。

この結果、トマス杯前回優勝国として本選への出場権をすでに獲得している男子チームとともに、
女子チームもユーバ―杯本選への出場権を獲得しました。

選手たちへの温かいご声援、誠にありがとうございました。