企業情報


ホーム > 企業情報 > 広報宣伝活動 > NTT東日本シンボルチーム > お知らせ > お知らせ(2018年) > 野球部のお知らせ


お知らせ

BASEBALL

2018年7月21日

<都市対抗>準々決勝 4-5で大阪ガスに惜敗。大会ベスト8に お知らせ一覧へ

六回1/3からの登板以降、0点に押さえる力投
をみせた大竹選手

本日、第89回都市対抗野球大会準々決勝が行われました。
NTT東日本は大阪ガスと対戦しましたが、4-5と惜敗、準決勝進出はなりませんでした。

先制したのはNTT東日本でした。四回、先頭打者の下川選手がセンター前ヒットで出塁すると、送りバント、四球でチャンスを広げます。二死一・二塁で迎えた5番・越前選手の一振りはレフトスタンドへ。
先制の3ランが飛び出し、試合の主導権を握ります。

今大会初の登板となる堀投手は、四回まで粘りのピッチングで無得点に抑えましたが、五回に1点を失うと、さらに六回にも1点を失い、なおも一死一・三塁。このピンチにNTT東日本は武内投手、末永投手、大竹投手と継投しますが、結局この回に4点を失い、3-5と逆転を許してしまいます。

NTT東日本は八回に下川選手の犠牲フライで1点を返し4-5と1点差に詰め寄りますが、反撃およばすこのまま試合終了。
惜しくも連覇はかなわず、ベスト8の成績を収めました。

【第89回都市対抗野球大会】
日程:7月13日(金)〜7月24日(火)
球場:東京ドーム

[大会成績]
ベスト8

[表彰選手]
大会優秀選手:大竹 飛鳥投手、下川 知弥二塁手、越前 一樹外野手、桝澤 怜外野手

また、NTT東日本応援団が第56回応援団コンクール大会期間賞で優秀賞を受賞しました。

大会期間を通じてたくさんの温かいご声援をいただき、誠にありがとうございました。