企業情報


ホーム > 企業情報 > 広報宣伝活動 > NTT東日本シンボルチーム > お知らせ > お知らせ(2017年) > 野球部のお知らせ


お知らせ

BASEBALL

2017年7月25日

<都市対抗>10-4で日本通運に勝利!36年ぶり2回目の優勝・黒獅子旗獲得! お知らせ一覧へ

優勝の証である黒獅子旗を、堂々と掲げる
キャプテン越前選手

第88回都市対抗野球大会は、大会最終日となる本日、決勝戦が行われました。

6年ぶりに決勝に進出したNTT東日本は、日本通運(さいたま市)と対戦。
みごと10-4で勝利し、1981年(電電東京)以来2度目、NTT東日本としては初となる優勝を勝ち取りました。

決勝戦は、お互いの意地とプライドがぶつかり合う、激しい点の取り合いとなりました。
序盤、NTT東日本投手陣は相手の強力な打線に打ち込まれ、三回までに4点を奪われます。

しかし、今大会を強力打線で打ち勝ってきたナインが奮起。
二回の越前選手の2ランを皮切りに、伊藤選手、加藤選手のソロホームラン2本を含む猛攻撃を見せ、
五回までに4点を奪い返し、同点に追い付きます。

そして運命の七回、下川選手が二死一塁から値千金の3ランホームランを高々とセンタースタンドへ放ち
勝ち越しを決めると、九回にも伊藤選手のタイムリーと福田選手の犠牲フライで3点を加え、10-4で圧巻の勝利。
壮絶な打ち合いを制し、念願の黒獅子旗を手中に収めました。

第88回都市対抗野球大会
日程:7月14日(金)〜7月25日(火)
球場:東京ドーム

[大会成績]
優勝(36年ぶり2回目、NTT東日本として初)

[表彰選手]
橋戸賞(最優秀選手賞):福田 周平内野手
若獅子賞(新人賞):堀 誠投手
首位打者賞:福田 周平内野手(5試合 24打席20打数11安打 打率.550)
打撃賞:喜納 淳弥内野手
大会優秀選手:大竹 飛鳥投手、末永 彰吾投手、堀 誠投手、上田 祐介捕手、喜納 淳弥一塁手、下川 知弥二塁手、
                       福田 周平遊撃手、越前 一樹外野手、伊藤 亮太外野手、加藤 孝紀指名打者(補強選手・明治安田生命)

またNTT東日本応援団が第55回応援団コンクール大会期間賞で最優秀賞を受賞しました。

満員のスタンドからの大きな声援は、選手たちにとって大きな力となりました。
大会期間を通じての温かいご声援、誠にありがとうございました。