企業情報


ホーム > 企業情報 > 広報宣伝活動 > NTT東日本シンボルチーム > 野球部 > 都市対抗野球大会

都市対抗野球大会/第83回 都市対抗野球大会

都市対抗野球大会

  • 都市対抗トップ
  • 試合結果一覧
  • トーナメント表
  • 大会のみどころ
  • チームメッセージ
  • 観戦に行こう!
  • 補強選手について

インタビュー

[準決勝] NTT東日本 vs JX-ENEOS [● 2-4]

7月23日(月) 18:00 東京ドーム
垣野多鶴監督
「来年に向け、進歩を続けていきます」
垣野多鶴監督

 相手ピッチャーの緩急つけた投球に、打線が翻弄されてしまいました。八回以降の打撃がもう少し早い段階からできていたら、また違った展開もあったのでしょうが……。ノーストライド打法は完成に近づいていましたが、新たな技術的課題として、今後取り組んでいきます。
 井納の出来は悪くなかったと思いますが、点を取られないように早めに交代させました。結果的にそれが裏目に出てしまいましたが、交代に後悔はありません。選手は一生懸命プレーしていました。ほめてやりたい。
 勝ち進んでいれば決勝の相手はJR東日本。ぜひ昨年のリベンジをして黒獅子旗を手にしたかったので、とても残念です。チームも選手も来年にむかって進歩していきます。大会期間を通じて、皆さまの応援が我々の背中を後押ししてくれ、大きな力になりました。ご声援、ありがとうございました。

北道貢キャプテン
「成長の手ごたえはありましたが、優勝には足りなかった」
北道貢キャプテン

 今日は井納ががんばっていたので、何とか先制して流れを引き寄せたかった。でも、なかなかいい攻撃ができなくて、反撃が遅くなってしまいました。自身のタイムリーにしても、もっと早く出たら良かったんですが……。投手陣に申し訳ないことをしてしまいました。
 ベスト4に終わりましたが、今年のチームは技術も向上したし、去年の準優勝を経験したことで一人ひとりが自信を持ってプレーできるようになりました。成長したという確かな手応えを感じています。でも優勝するには、まだ足りない。今日は3点を取られて引き下がってしまいました。いつも先制逃げ切りの試合ができるとは限らないので、リードされてもしっかり追いつき、逆転まで持っていける強さを身につけないといけないと思います。
 今日は平日なのに、物凄く多くの方々に応援していただきました。NTT東日本の応援は日本一だと思います。その後押しを受けて黒獅子旗を手にしたかったですが……。期待に応えられず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

第83回 都市対抗野球大会 東京都代表決定戦 代表決定戦の試合結果一覧はこちら