企業情報


ホーム > 企業情報 > 広報宣伝活動 > NTT東日本シンボルチーム > 野球部 > 都市対抗野球大会

都市対抗野球大会/第83回 都市対抗野球大会

都市対抗野球大会

  • 都市対抗トップ
  • 試合結果一覧
  • トーナメント表
  • 大会のみどころ
  • チームメッセージ
  • 観戦に行こう!
  • 補強選手について

試合結果一覧

[準決勝] NTT東日本 vs JX-ENEOS(横浜市) [● 2-4]

7月23日(月) 18:00 東京ドーム
JX-ENEOSとの準決勝。序盤は先発・井納と相手投手との緊迫した投手戦。試合中盤・六回にスリーランを浴び、3点を失うNTT東日本。八回にも1点を失い0-4とされたが、八回に1点をあげ1-4とすると九回にも1点を追加し必死の追い上げを見せる。しかし猛追も実らずそのまま2-4で試合終了。二年連続の決勝進出はならなかった。

[準々決勝] NTT東日本 vs 日本生命(大阪市) [○ 10-0]

7月22日(日) 19:00 東京ドーム
ベスト4進出をかけた日本生命との準々決勝。三回まではどちらも譲らぬ投手戦の様相を見せたが、四回に上田の犠飛で先制し、五回に村上のタイムリーで2点を追加したNTT東日本打線がそこから爆発。七回には打者一巡、5点を奪う猛攻を見せる。先発・黒田の好投もあり、終わってみれば10-0の圧勝で準決勝進出を決めた。

[二回戦] NTT東日本 vs トヨタ自動車(豊田市) [○ 7-2]

7月21日(土) 10:32 東京ドーム
トヨタ自動車との二回戦。NTT東日本は初回3本のヒットで幸先よく3点を先制すると、二回には二死満塁のチャンスに5番・平野が圧巻のホームラン。大量7点のリードを奪う。投げては都市対抗野球本大会初登板となる先発・井納が八回を2失点と好投。最終回を守護神・末永がぴしゃりと締め、圧勝で準々決勝進出を決めた。

[一回戦] NTT東日本 vs JR東海(名古屋市) [○ 2-1]

7月14日(土) 18:12 東京ドーム
一回戦はJR東海との対戦。先発に起用されたベテラン・黒田は四回までをノーヒットにおさえる好投を見せる。打線は初回、岩本に本塁打が飛び出すがその後追加点を奪えず、逆に五回に1点を失い同点とされる。しかし八回に補強選手・村上のタイムリーで奪った2点目を守りきり、NTT東日本が2-1で勝利。二回戦進出を決めた。
第83回 都市対抗野球大会 東京都代表決定戦 代表決定戦の試合結果一覧はこちら