札幌病院


札幌病院ホーム > 診療部門・診療支援部門 > ドックセンター


ドックセンター

当院のドックセンターについて

日本における3大死因は、がん・心臓病・脳卒中で、この3つが全体の約6割を占めます。これらの病気の発生には、高齢化社会の到来や、過食・運動不足・喫煙などの生活習慣が強く関連しており、今後ますます増えていくことが予想されています。人間ドックでは、職場の健康診断や、自治体などで行われているがん検診よりも充実した検査を行って、潜在する病気を早期発見して治療を受けて頂くこと、また、近い将来大きな病気を引き起こす原因となりうる問題を見つけて予防に取り組んで頂くことを目的としています。

当院では、主な検査結果※については、受診当日に、全受診者へ、説明を実施しています。
また、人間ドックの検査結果は、当院専門診療科からも閲覧可能であり、各診療科と連携をとることによって、発見された問題は、スムーズに、無駄なく、精密検査や治療に結びつけられています。
(※画像診断、病理検査を除く)

受診のお問い合わせ

ドックセンター直通ダイヤル
電話番号 (011)623-8364
予約受付時間 9:30〜16:00 (平日のみ)
  • 人間ドック 紹介キャンペーン 実施中!
  • 人間ドック はじめて受診キャンペーン 実施中!

受診のご案内

業務概要

検査の流れ

  • 午前:検査の順序は、入替わることがあります。
  • 午後:医師からの結果説明と看護師面談には、1人あたり約15分かかります。各々、開始時刻が異なりますので、午前中にご確認下さい。順番は、原則朝の受付順となります。それまでの時間はフリータイムとなります。
  • ご希望のコースによっては、実施しない検査もあります。

当ドックで発見された臓器別がん症例数

(診療人数) 食道 十二指腸 大腸 肝臓 胆嚢 膵臓 腎臓 膀胱 前立腺 甲状腺 乳腺 婦人科 血液 その他 総計
2011年度 (4658) 2 13 0 4 2 0 0 0 0 0 4 0 3 4 1 1 34
2012年度 (4425) 4 2 0 5 2 0 0 1 3 0 13 0 3 2 0 1 36
2013年度 (4242) 2 7 0 5 5 0 0 1 4 0 6 0 1 3 0 1 35
2014年度 (4207) 3 7 0 3 4 1 0 0 1 0 5 1 0 1 3 1 30
2015年度 (4441) 3 10 0 7 2 0 0 1 2 1 6 1 2 1 0 1 37

悪性新生物検出方法(のべ人数)

当ドックセンターでは、希望される方には全員、内視鏡検査を実施しており、食道がん・胃がんの早期発見に貢献しています。
また、低線量胸部CT検査も、肺がんの早期発見に威力を発揮しています。

悪性新生物検出方法(のべ人数)

がん発見率(全臓器)

がん発見率(全臓器)

スタッフ紹介

氏名 綿野 敬子(わたの けいこ) 綿野 敬子
役職 ドックセンター長
専門分野 循環器疾患・予防医学
資格 医学博士
日本内科学会認定 総合内科専門医
日本循環器学会認定 循環器専門医
日本人間ドック学会認定 人間ドック健診専門医
日本医師会認定 産業医
氏名 橋本 正人(はしもと まさひと)
役職 医師
専門分野 胸部外科
資格 医学博士
日本外科学会 指導医
日本胸部外科学会 指導医
日本呼吸器外科学会 指導医
日本医師会認定 産業医
氏名 小林 清一(こばやし せいいち)
役職 医師
専門分野 アレルギー学、免疫検査学
資格 医学博士
日本人間ドック学会認定 人間ドック認定医
日本人間ドック学会認定 人間ドック健診情報管理指導士
日本医師会認定 産業医
日本食品安全協会認定 上級健康食品管理士
氏名 古本 智夫(ふるもと ともお)
役職 医師
専門分野 循環器疾患全般
資格 医学博士
日本高血圧学会 指導医・評議員
日本心血管内分泌学会 評議員
看護師 8名