札幌病院


札幌病院ホーム > 診療部門・診療支援部門 > 看護部 > 病棟看護


病棟看護

5階ナースステーション

対応診療部門

  • 外科
  • 心臓血管外科
  • 循環器内科
  • 耳鼻咽喉科

疾患の特徴

  • 外科:消化器・乳腺・呼吸器外科疾患
  • 心臓血管外科:虚血性心疾患・弁膜・、胸腹部大動脈瘤・下肢閉塞性動脈疾患・静脈疾患など
  • 循環器内科:虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)・心不全・高血圧・不整脈など
  • 耳鼻咽喉科:扁桃炎・副鼻腔炎・顔面神経麻痺・突発性難聴・睡眠時無呼吸症候群など

病棟の特徴

外科と内科の急性期病棟で、毎日手術や検査がある中、重症心不全や化学療法、ターミナル患者の看護も行っています。看護拠点を分散配置し受持ち患者に近い位置で看護実践を行う『分散型看護提供方式』をとり、患者や家族に寄り添ったケアに努めています。

6階ナースステーション

対応診療部門

  • 産科
  • 小児科
  • NICU

疾患の特徴

  • 産科:ローリスク分娩からハイリスク分娩まで幅広く入院しています
    自然分娩(ラマーズ法・ソフロロジー法)・帝王切開・切迫早産・羊水穿刺・骨盤位外回転
  • 小児科:小児急性期疾患全般の方が入院しています
    肺炎・気管支炎・その他小児感染症・小児手術・小児内分泌疾患・アレルギー治療
  • NICU:当院での出生に限らず地域周産期センターとして、低出生体重児・新生児多呼吸・胎便吸引症候群・新生児感染症の方が入院しています

病棟の特徴

妊娠・出産・育児など人生の若いステージのライフイベントに関わる仕事なので、病棟には生きるエネルギーに満ちたオーラがあります。責任は重いですが周産期・小児科の最新医療を積極的に学び母子に寄り添うケアを目指しています。

7階ナースステーション

対応診療部門

  • 消化器内科
  • 皮膚科
  • 眼科
  • 婦人科

疾患の特徴

  • 消化器内科:内視鏡検査・カプセル内視鏡・EUS・ERCP・肝生検・化学療法
  • 皮膚科:帯状疱疹、蜂窩織炎などの治療・皮膚がん・腋臭症などの手術
  • 眼科:白内障・硝子体手術
  • 婦人科:婦人科の手術・化学療法

病棟の特徴

内科系・外科系の混合病棟で、毎日多くの検査、処置、手術が行われています。また、化学療法や終末期の看護も携わっています。医師をはじめとして、医療ソーシャルワーカーなど多くの職種と連携して患者さんに寄り添った看護を行っています。

8階ナースステーション

対応診療部門

  • 整形外科
  • 泌尿器科
  • リウマチ膠原病内科
  • 糖尿病内分泌内科

疾患の特徴

骨折や靭帯損傷の治療、腎癌・前立腺癌の手術や化学療法・放射線療法、不妊治療、膠原病の原因検索と治療、糖尿病・内分泌疾患の治療と精査。

病棟の特徴

思わぬケガをされる方、開腹せずに腹腔鏡やロボット手術を受けすぐに社会復帰をされる方、症状の原因検索と治療及び生活指導が必要な方などが入院する病棟です。日々のケアの充実を図り、多職種と協働しながら患者さんにとって大切な日常生活が送れるよう関わっています。

9階ナースステーション

対応診療部門

  • 地域包括ケア病棟 / 糖尿病内分泌内科

疾患の特徴

主に、急性期の治療後(ポストアキュート)の在宅復帰に向けた医療やリハビリを行う。

病棟の特徴

病状が安定した患者さんを対象に自宅や施設への退院に向けて、治療や退院支援を行う病棟です。糖尿病教育入院も行っています。医師やリハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカー、管理栄養士、認定看護師などと連携し、チームで患者さんとご家族を支える看護を実践しています。

10階ナースステーション

対応診療部門

  • 呼吸器内科
  • 腎臓内科
  • 麻酔科

疾患の特徴

  • 呼吸器内科:検査、化学療法、終末期看護。腎臓内科:透析導入、腹膜透析。
  • 麻酔科:多汗症手術、疼痛緩和目的のブロック。

病棟の特徴

呼吸器内科での化学療法、放射線治療、終末期看護をはじめ、麻酔科の手術や疼痛コントロール等多方面での看護を担っています。腎臓内科は腹膜透析などの在宅支援が必要な患者も増えており、他職種と連携しながら患者ニーズに沿った看護に力を注いでいます。

ICU(集中治療室)

疾患の特徴

ICUでは、心臓血管外科の開心・開胸術、外科術後患者の他、心不全、重症肺炎など、全科における緊急性があり重症度の高い患者を受け入れ、クリティカルケアを実践しています。

ICUの特徴

病床数4床で看護体制は2対1をとっています。人工呼吸器などの医療機器を取扱い、重症患者さんの呼吸・循環・代謝をはじめとする全身管理など専門性の高いケアを実践しています。院内のコードブルーでは、すみやかに現場に駆けつけ救命処置にあたり活躍しています。

手術センター

疾患の特徴

6室を使用し、心臓血管外科・消化器外科・呼吸器外科・整形外科・産婦人科・泌尿器科・眼科・耳鼻科・腎臓内科・皮膚科・麻酔科の手術が行われています。2018年の手術件数は3509件でした。2017年1月からロボット支援下手術がスタートし、泌尿器科・外科(下部消化器・呼吸器)の手術で適応となっています。

手術センターの特徴

11科の手術が行われています。手術看護の主な業務は、手術準備・術前術後訪問・器械出し・外回り業務です。患者さんには、術前訪問から術後訪問まで同じ看護師が担当し、安全と安心を提供しています。