札幌病院


札幌病院ホーム > 診療部門・診療支援部門 > 耳鼻咽喉科


耳鼻咽喉科

当院の耳鼻咽喉科について

  • 耳鼻咽喉科では、首から上の脳、眼、歯を除いたすべての疾患の診断治療を行っています。
    疾患により、手術治療、薬剤治療(保存的治療)等、患者さんの希望に合わせて適切な治療を施行するべく、2名の耳鼻咽喉科学会認定専門医が診療に当たっております。
  • 手術入院を要する疾患としては外来治療で改善困難な副鼻腔炎、中耳炎、反復する扁桃炎、声帯ポリープ等が、また、唾液腺腫瘍や甲状腺腫瘍を含む、頭頸部腫瘍(良性、あるいは悪性)があります。
    急性炎症(重症の咽頭炎、喉頭炎)や、急性期の内耳性めまい、顔面神経麻痺、突発性難聴、コントロール困難な鼻出血については緊急入院に対応しております。
  • 日本耳鼻咽喉科学会認定研修施設

対応症状・疾患

対応症状(こんな症状の時)

  • 耳の症状:聞こえが悪い、耳鳴り、めまい、耳が痛い、耳からうみが出る、耳がつまった感じ、耳から血が出る
  • 鼻の症状:鼻がつまる、鼻みず、鼻がのどに落ちる、くしゃみ、鼻血、においがわからない、いびき
  • 口の症状:口の中の痛み、舌のしびれ、味がわからない
  • のどの症状:のどの痛み、のどの異常感、のみこみずらい、声のかすれ、呼吸が苦しい、寝ているときに呼吸が止まる
  • その他:顔の腫れ、顔の動きが悪い、顔の痛み、首の腫れ、頭痛

対応疾患

疾患名 説明文
アレルギー性鼻炎 アレルギー性鼻炎患者数の増加、低年齢化が問題になってきています。抗原(アレルギーの原因)を特定し、その患者さんにあったオーダーメイドの治療を心がけています。鼻閉の強い方には、外来でできる下鼻甲介粘膜のアルゴンガスプラズマ凝固療法を勧めていますが、特に症状の強い方に対しては入院にて粘膜下下鼻甲介切除術+後鼻神経切断術を行っています。
慢性副鼻腔炎 軽症の方は薬物療法のみで治癒します。手術が必要な場合は内視鏡下に手術を行います。内視鏡下の手術は手術侵襲も少なく、入院期間も比較的短期間ですみます。
めまい、耳鳴り、
難聴、末梢性顔面
神経麻痺
外来には赤外線CCDフレンツェル眼鏡、重心動揺計等を備え、めまいの診断に役立てています。新生児および乳幼児の聴力検査では、聴性脳幹反応(ABR)、耳音響放射測定装置等の他覚的聴力検査を導入し、難聴児の早期発見に努めています。また、補聴器の相談を随時お受けします。突発性難聴、顔面神経麻痺については必要に応じて入院の上、ステロイド、麻酔科での星状神経節ブロックを含めた治療を行っています。
急性中耳炎、
滲出性中耳炎、
中耳の手術
急性中耳炎は抗生剤の耐性菌が増加傾向にあり、難治性の患者さんも増えてきています。当院では急性中耳炎重症度別治療ガイドラインに準じて治療を行っています。難治性の滲出性中耳炎に対しては、鼓膜チューブ留置術を行い聴力を改善します。また鼓膜穿孔に対しては鼓膜形成術、慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎に対しては鼓室形成術等を行っています。
いびき、
睡眠時無呼吸
症候群
近年報道等で睡眠時無呼吸症候群が広く知られるようになり、いびき、睡眠時無呼吸を主訴に当科を受診する患者数が増えています。睡眠時無呼吸症候群は、高血圧、不整脈、脳血管障害等の原因や増悪因子になるといわれています。当科では外来受診当日にアプノモニターを貸し出し、自宅での迅速な無呼吸検査が可能です。精査必要例は入院の上、睡眠ポリソムノグラフィー(睡眠中の呼吸状態、無呼吸の回数、無呼吸の時間、いびき、血中酸素飽和度、脳波等の測定)を行い、治療方針を決定します。保存的治療として、睡眠中に鼻にマスクを付け呼吸の補助を行う方法(CPAP)があり、これが治療の主流となっています。その他、歯科での口腔内装置(マウスピース装用)、手術治療としては口蓋扁桃摘出術、口蓋・咽頭形成術があります。
甲状腺がん、
頭頸部がん
甲状腺がんについては積極的に手術治療を行っています。早期の頭頸部がんについては切除術や放射線治療を行っています。進行例については北大病院耳鼻咽喉科、北海道がんセンター等と連携し、治療に当たっています。いずれのがんについても患者さんのQOL(Quality Of Life)に配慮した治療を心がけています。

外来担当医表

 
午前 劉 澤周 劉 澤周 手術 劉 澤周 劉 澤周
前田 昌紀 前田 昌紀 前田 昌紀 前田 昌紀
午後 劉 澤周 検査 手術 劉 澤周 検査
前田 昌紀 前田 昌紀 手術

スタッフ紹介

氏名 劉 澤周(りゅう たくしゅう) 劉 澤周
役職 部長
専門分野 耳鼻咽喉科疾患全般、アレルギー性鼻炎
資格 日本耳鼻咽喉科学会 専門医
日本耳鼻咽喉科学会 補聴器相談医
氏名 前田 昌紀(まえだ まさのり)
役職 医長
専門分野 耳鼻咽喉科疾患全般、アレルギー性鼻炎
資格 日本耳鼻咽喉科学会 専門医

診療実績

手術件数

  • 2012年 298件
  • 2013年 323件
    (皮膚・皮下手術1件、鼻・副鼻腔手術67件、外耳・中耳手術153件、咽頭・扁桃手術48件、喉頭・気管手術7件、顔面・口腔・頸部手術47件)
  • 2014年 359件
    (皮膚・皮下手術0件、鼻・副鼻腔手術116件、外耳・中耳・内耳手術131件、咽頭・扁桃手術74件、喉頭・気管23件、顔面・口腔・頸部・食道50件)
  • 2015年 394件
    (皮膚・皮下手術0件、鼻・副鼻腔手術108件、外耳・中耳・内耳手術132件、咽頭・扁桃手術67件、喉頭・気管5件、顔面・口腔・頸部・食道47件)
  • 2016年 403件
    (皮膚・皮下手術0件、鼻・副鼻腔手術127件、外耳・中耳・内耳手術114件、咽頭・扁桃手術97件、喉頭・気管15件、顔面・口腔・頸部・食道50件)