札幌病院


札幌病院ホーム > 診療部門・診療支援部門 > 産婦人科


産婦人科

当院の産婦人科について

産科

  • LDR室で、陣痛発来から分娩、産後の回復期まで過ごしていただきます。
  • ご家族の立ち会い分娩が可能です。
  • 妊婦さん自身の「アクティブバース」を勧めており、異常がない限りは助産師主体で自然なお産を目指しています。
  • 健診では早産の予防、異常の早期発見を目的とした医師による健診のほか、助産師外来も行っておりきめ細やかな健診をしています。
  • 希望があれば出生前診断にも対応し、その相談外来も開設しています。
  • 予約制で4Dエコー外来を開いています。

婦人科

  • 婦人科腫瘍専門医、細胞診指導医を中心に婦人科診療を行っています。
  • 子宮内膜症、子宮筋腫などの良性疾患の治療は、症状、年齢、ニーズに合わせ薬物療法、手術療法の中から最良の治療を選択することを目標にしています。
  • 子宮内膜症、子宮筋腫の外科治療は腹腔鏡手術を基本にしています。
  • 粘膜下筋腫、子宮内膜ポリープの診断は子宮鏡下手術を行っています。
  • 過多月経の治療には、子宮摘出に替わるマイクロ波子宮内膜焼灼術(子宮鏡下子宮内膜焼灼術、MEA)も行っています。
  • 子宮頸部異型上皮や上皮内癌は外来で最新式のNBIコルポスコープを用いて診断し、治療はレーザー治療(蒸散・円錐切除)を行っています。
  • 子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんの治療は手術療法、化学療法、放射線療法に対応しています。

産科のご案内

院内助産について

産科について(施設案内・立ち会い出産など)

ストーマ外来

対応症状・疾患

対応症状(こんな症状の時)

  • 妊娠と妊娠中のいろいろな問題
  • 月経(生理)の問題:生理の量が多い、生理痛がひどい、生理不順、生理が遅れている
  • 生理が止まらない、生理の前に体調が崩れるなど
  • 不正出血:生理以外に出血がある、閉経後なのに出血した、性交の後出血がある
  • おりものに血が混じるなど
  • 下腹部や陰部のしこり
  • 膣から何かできている
  • 尿のもれがある、または尿の出が悪い
  • 更年期障害:ほてり、不眠、いらいら感、冷え症など閉経前後におきる様々な症状、おりもの、陰部のかゆみ
  • 下腹痛
  • 不妊
  • 下肢のむくみ
  • 婦人科がん検診
  • 閉経後のヘルスチェック:骨粗しょう症など

対応疾患

疾患名 説明文
子宮筋腫 症状、筋腫の大きさ、部位と患者様のご希望に応じて治療法を選択いたします。薬物療法と手術療法が主体となります。当科で施行している手術術式としては、開腹しての子宮全摘のほか、お腹をきらない膣式手術や腹腔鏡補助膣式子宮全摘術、全腹腔鏡下子宮全摘出術を施行しています。また、子宮温存を希望される方には筋腫のみを摘出する、開腹下の子宮筋腫核出術(なるべく小さな切開創で行っています)、内視鏡で行う腹腔鏡下子宮筋腫核出術、粘膜下筋腫には子宮鏡下子宮筋腫核出術を行っています。
卵巣のう腫

良性腫瘍の場合はほぼ全例に対して腹腔鏡を用いた手術を行っています。基本的には4つの小さな孔(5mm)を開けて行いますが、腫瘍の内容、術式によっては、下腹部あるいは臍に1カ所の小さな傷で手術を行います。

子宮内膜症

薬物治療、対症療法のほか、腹腔鏡による診断と治療を行っています。治療法の選択は患者さまの年齢、主訴、ニーズを考慮して最適の治療法を相談して決定します。手術治療はほぼ全例、腹腔鏡で行います。

子宮頸部異型上皮

細胞診とコルポスコープによる精密検査の他、ヒトパピローマウイルスの検査も可能です。コルポスコープは最新式のNBIシステムを使用して正確な診断に努めています。上皮内癌、あるいは診断のために必要な場合はレーザーメスを用いた子宮頸部円錐切除を行います。条件を満たし、特に若年の方には日帰り入院で施行できるレーザー子宮頸部蒸散術を行っています。

過多月経

電子レンジで使われているマイクロ波を利用して子宮内膜を焼却・凝固する治療です。これまで先進医療として施行していましたがH24年4月から子宮鏡下子宮内膜焼灼術として保険収載されました。生理は毎月子宮内膜が剥げてきて出血が起こりますが、マイクロ波で深くまで焼いてしまうと子宮内膜が再生して来ないため、生理の量が激減します。ただし、術後は絶対に妊娠を望めません。子宮筋腫や子宮腺筋症などで子宮が大きくなっている場合、生理のときの出血が多く(過多月経)、強い貧血になったり、日常生活の不便を感じている方がたくさんいらっしゃいます。また、そのような病気が見られなくても過多月経で困っている方もみられます(機能性過多月経といいます)。子宮筋腫や子宮腺筋症の治療としては原則的には摘出手術が望ましいですが、子宮摘出術を受けたくない方、薬物療法が副作用で継続できないあるいは無効な方、いろいろな合併症のため手術を受けるのが困難である方などが対象となります。妊娠を望む方、子宮の悪性腫瘍が疑われる方は対象にはなりません。

悪性腫瘍

子宮頸がん

初期のがんに対しては妊娠の可能性をのこしたレーザーによる円錐切除術を行います。進行している場合は、広汎子宮全摘術、放射線療法、化学療法、放射線と抗がん剤の併用療法などを行っています。

子宮体がん

原則として手術療法ですが、子宮温存が希望でごく初期のものにはホルモン療法を行う場合もあります。

卵巣がん

手術療法の後、必要がある場合は抗がん剤による化学療法を行っています。化学療法は外来化学療法を積極的に導入しています。

外来担当医表

   
午前 婦人科 西川 鑑
9:00〜10:30
(予約のみ)
西川 鑑 二瓶 岳人 西川 鑑 二瓶 岳人
山中 郁仁 金 美善 佐藤 まり子 清水 亜由美 山中 郁仁
村岡 友美子 清水 亜由美
(予約のみ)
村岡 友美子
産科 (予約外来) (予約外来) (予約外来) (予約外来) (予約外来)
午後 婦人科 手術   手術 (予約のみ・
フォローアップ外来)
手術
産科 手術 (予約外来) 手術 (予約外来) 手術

※印の付く専門外来は、事前に予約が必要です。

スタッフ紹介

氏名 西川 鑑(にしかわ あきら) 西川 鑑
役職 部長
専門分野 婦人科腫瘍、婦人科内視鏡手術、骨盤臓器脱、周産期医学
資格 医学博士
札幌医科大学医学部 臨床教授
札幌医科大学医学部 非常勤講師
札幌医科大学大学院医学研究科 臨床准教授
日本産科婦人科学会 専門医・代議員
日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医・評議員
母体保護法 指定医師
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医・代議員
日本周産期新生児医学会 母体・胎児 暫定指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
女性ヘルスケア 暫定指導医
北海道産科婦人科学会 理事
札幌産婦人科医会 理事
日本臨床細胞学会北海道支部 理事
北海道産婦人科医会 理事
新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
臨床遺伝専門医
ベストドクターズ2016-2017
氏名 二瓶 岳人(にへい たけひと) 二瓶 岳人
役職 主任医長
専門分野 産婦人科一般
資格 医学博士
日本産科婦人科学会 専門医
母体保護法 指定医師
医療安全管理者
氏名 山中 郁仁(やまなか いくひと)
役職 医長
専門分野 婦人科腫瘍
周産期医学
婦人科内視鏡手術
資格 医学博士
日本産科婦人科学会 専門医 指導医
母体保護法 指定医師
日本周産期新生児医学会 周産期専門医(母体・胎児)
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本産科婦人科内視鏡学会 技術認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定医(産婦人科)
札幌医科大学大学院医学研究科 臨床講師
氏名 清水 亜由美(しみず あゆみ)
役職 医長
専門分野 産婦人科一般
資格 医学博士
日本産科婦人科学会 専門医
母体保護法 指定医師
氏名 金 美善(きん みそん)
役職 医師
氏名 里吉 雅恵(さとよし まさえ)
役職 医師
資格 日本産科婦人科学会 専門医
新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
氏名 佐藤 まり子(さとう まりこ)
役職 非常勤医師
資格 産婦人科専門医
氏名 村岡 友美子(むらおか ゆみこ)
役職 非常勤医師
資格 産婦人科専門医

設備紹介

4D超音波診断装置
4D超音波診断装置

赤ちゃんの立体的な動画を撮影できます。

半導体レーザー
半導体レーザー

子宮頚部上皮内腫瘍のレーザー治療に用います。

ヒステロファイバースコープ
ヒステロファイバースコープ

外来で即時に検査が可能です。

コルポスコープ
コルポスコープ(NBIシステム搭載)

NBIシステムを搭載したコルポスコープにより正確な診断を行ってます。

腹腔鏡用ベッスルシーリング
腹腔鏡用ベッスルシーリングシステム

マイクロ波治療システム
マイクロ波治療システム

過多月経の治療のためのMEAで使用しています。

バイポーラーレゼクトスコープ
バイポーラーレゼクトスコープ

粘膜下筋腫や子宮内膜ポリープの治療にレゼクトフープを用います。バイポーラレゼクトスコープは、「水中毒」という合併症をおこしません。

診療実績

婦人科手術件数

[単位:件]
  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
腹腔鏡手術 324 388 413 405 413
子宮鏡手術 104 62 92 99 63
子宮脱手術 35 38 59 46 59
レーザー手術 114 139 156 152 160
進行がん手術 40 43 30 54 40
その他の手術 236 173 200 169 148
総手術件数(婦人科) 853 843 950 925 883

分娩統計

[単位:件]
  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
経膣分娩 464 475 456 475 461
予定帝王切開 78 58 73 92 73
緊急帝王切開 56 50 42 45 51
合計 598 583 571 612 585

腹腔鏡手術の内容

[単位:件]
  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
付属器腫瘍手術 152 184 194 197 211
子宮全摘出術 74 119 137 126 156
子宮筋腫核出術 73 61 55 60 39
その他 25 24 17 27 24
合計 324 388 403 410 430

2016年度産科手術実績

[単位:件]
選択帝王切開術 56
緊急帝王切開術 53
シロッカー氏頸部管縫縮術 4
前置胎盤合併帝王切開術 3
卵管結紮術 4
外陰血腫除去術 3
胎盤用手剥離術 1

2016年度婦人科手術実績

[単位:件]
腹腔鏡下子宮付属器腫瘍摘出術 211
腹腔鏡下腟式子宮全摘術 148
腹腔鏡下子宮筋腫核出術 39
腹腔鏡下内膜症病巣除去術 18
腹腔鏡下子宮外妊娠手術 6
腹式子宮全摘術 47
腹式子宮付属器腫瘍摘出術 21
腹式子宮筋腫核出術 5
卵巣癌手術 25
子宮体部癌手術 5
腹腔鏡下子宮悪性腫瘍手術 8
子宮頸部癌手術 2
子宮頸部レーザー照射術 114
子宮膣部円錐切除術 46
流産手術 35
子宮内膜掻爬術 22
胞状奇胎除去術 4
子宮頚管ポリープ切除術 4
バルトリン腺腫瘍摘除術 5
尖圭コンジローマ手術 5
子宮鏡下子宮筋腫核出術(内膜ポリープを含む) 52
子宮鏡下子宮内膜焼灼術 11
子宮脱手術(膣閉鎖含む) 59