札幌病院


札幌病院ホーム > 診療部門・診療支援部門 > 皮膚科


皮膚科

当院の皮膚科について

  • 皮膚科専門医の常勤医2名で、湿疹、アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、水虫、にきび、いぼ、うおのめなど多くの皮膚病を幅広く取り扱い、患者さんが満足されるような治療が行えるように心掛けております。
  • 年間延べ2万人の外来患者を受け入れており、一般的治療の他にあざに対するQスィッチレーザー治療も行っています。
  • 皮膚腫瘍、ホクロ、皮膚外傷、熱傷、難治性皮膚潰瘍、巻き爪などに対し皮膚外科手術(皮膚腫瘍単純切除、植皮術など)を積極的に行っており腋臭症の手術も保険診療で行っています。
  • 白斑や乾癬やアトピー性皮膚炎に対し全身型紫外線照射装置によるナローバンドUVB光線療法を行っています。
  • 全身麻酔を要する皮膚手術、難治性皮膚潰瘍、帯状疱疹などの入院診療を行っています。
  • レーザー治療、ケミカルピーリングおよび手術は予約制ですのでご相談ください。

対応症状・疾患

対応症状(こんな症状の時)

  • アトピー性皮膚炎やカブレ、虫刺されの様に皮膚に紅みやブツブツがある場合
  • 皮膚にかゆみがある場合
  • 皮膚に黒や赤のあざがある場合
  • 皮膚に腫瘍(できもの)がある場合
  • 痛みを伴う発疹がある場合(皮膚細菌感染、帯状疱疹など)
  • 切り傷やヤケドの場合

対応疾患

疾患名 説明文
皮膚腫瘍 皮膚の腫瘍には悪性のもの(がん)、良性のもの、悪性ではあるが表内に局在し浸潤していないもの(表皮内がん)があります。良性のものとしては色素性母斑(ほくろ)、粉瘤、脂漏性角化症(老人性いぼ)、血管腫、線維腫があり外科的に切除が可能です。
悪性腫瘍を疑う所見は腫瘤が非対称で、境界が不規則で不明瞭で、表面から出血していることがあります。急激に大きくなってくるような腫瘤は特に要注意です。

外来担当医表

 
午前 (予約外来) 阿久津 裕 阿久津 裕 阿久津 裕 阿久津 裕
高橋 仁美 高橋 仁美 高橋 仁美 高橋 仁美
午後 手術 高橋 仁美 外来手術 阿久津 裕
(第1・3週 代務医)
高橋 仁美

※診療は予約優先となっており、混雑状況によっては医師の指定が出来ない場合もあります。

スタッフ紹介

氏名 阿久津 裕(あくつ ゆたか) 阿久津 裕
役職 部長
専門分野 皮膚腫瘍(悪性・良性)の治療、皮膚外科の治療、皮膚レーザー治療
資格 医学博士
札幌医科大学大学院医学研究科 臨床教授
日本皮膚科学会 専門医・指導医
日本皮膚科学会 臨床評価医
氏名 高橋 仁美(たかはし ひとみ)
役職 医師

診療実績

手術件数(手術室および外来を含めて)

[単位:件]
  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
皮膚腫摘出術単純縫合 553 453 496 523 589
植皮手術 19 35 26 14 14
皮弁 10 11 6 13 12
指・趾切断 2 5 4 1 2
腋臭症手術 1 5 5 4 1
外傷創手術 18 16 21 26 29
その他 10 5 11 12 19

生検数

[単位:件]
  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
皮膚生検 127 152 128 160 188
筋生検 4 3 4 3 4
リンパ節生検 17 5 15 7 7

レーザー治療件数

[単位:件]
  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
Qスイッチルビーレーザー治療、
アレキサンドライトレーザー治療
136 145 146 142 129
CO2レーザー治療 181 200 211 198 182

施設・設備紹介

全身性紫外線照射装置
全身性紫外線照射装置
紫外線の中のUVAとナローバンドUVBを照射できる機器です。UVBの中でも特定の狭い領域(311〜313nm)を利用したものがナローバンドUVBで乾癬、白斑、アトピー性皮膚炎などの皮膚病に効果があります。ナローバンドUVBは治療に必要な波長だけを使っているので短時間の照射ですみ、副作用も少ないです。
Q-スイッチルビーレーザー
Q-スイッチルビーレーザー
皮膚内部のメラニン色素を効果的に破壊するレーザー治療機器です。傷跡をほとんど残さずメラニン色素のみを治療します。
太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性色素沈着症、扁平母斑は保険適用です。
アレキサンドライトレーザー
アレキサンドライトレーザー
皮膚のメラニン色素に対し選択的に吸収されやすい波長を出すレーザー機器です。皮膚の浅いシミや脱毛などに効果があります。
炭酸ガスレーザー
炭酸ガスレーザー
水を含んだ組織にレーザーが吸収され、組織を蒸散させる機器でイボや軟線維腫、肉芽腫を取り除きます。