札幌病院


札幌病院ホーム > 診療部門・診療支援部門 > 外科


外科

当院の外科について

消化器外科

当科は消化器病センターの一員として、消化器内科と共に消化器疾患の治療を行っております。

図のように消化器とは口からはじまり食道、胃、肝臓、胆嚢、膵臓、小腸、大腸、肛門へと続く、食物の分解、吸収、排泄に関わる多くの臓器から成ります。この広い範囲で起こる様々な病気に対して、内科的治療(投薬、内視鏡など)では困難な場合、外科的治療(手術)を行い、病気を治します。

現在では、手術方法、麻酔方法、薬剤の進歩、手術前後の管理の発達により、手術による体への影響を最小限にし、痛みが少なく、合併症を抑えることにより、身体能力の低下しているご高齢の方でも手術によって病気を治すことが可能になっております。


がん・腫瘍外科

NTT東日本札幌病院は北海道がん診療連携指定病院です

日本に多いがん(肺・胃・肝・大腸・乳)を中心に、様々ながん・悪性腫瘍に対して各科と連携して、手術療法、放射線療法、化学療法などを効果的に組み合わせてがん治療を行います。

  • 手術療法: 外科医
  • 放射線療法: 放射線科医
  • 化学療法: 腫瘍内科医、外科医

がんの種類によっては、手術のみで治せるがんもあれば、手術よりも放射線療法、化学療法が優れた効果を示すものもあります。がんの治療には、これら三つのうち一つでも欠くことは出来ません。

さらに、がんによるものや、がん治療によって起こる様々な症状に対応するには、多くの診療科との協力が必要となります。がんと診断された時から、がんによる身体的・精神的な痛み、苦しみ、悩みなどを軽くしたり取り除くのが緩和医療です。

患者様とその家族が、がんを知り、がんと向き合い、がんに負けることのなくできうる限りのQOL(Quality of life:人生の質、生活の質)を実現できるような医療の提供に努めております。


内視鏡外科

キズの小さな内視鏡手術

通常の開腹手術

からだに負担をかけない手術

おなかを大きく切る手術ではなく、小さいキズからカメラ(手術用内視鏡)で覗きながら行う内視鏡手術を、胆石、ヘルニアから胃癌、大腸癌、肝臓や膵臓など多くの疾患で行っております。

特長
  • キズが目立たず
  • 水着や温泉でも気にならない
  • 痛みが少ない
  • 回復が早く、入院期間が短くて済む
  • 社会復帰が早く、仕事、運動が出来る
  • 合併症が少ない、など

以上より、若い方はもちろん高齢な方や持病がある方などにこそ、体に負担の少ない内視鏡手術が最適と考えております。まだまだすべての手術とはいきませんが、年々増加してます。 NTT東日本札幌病院では日本内視鏡外科学会技術認定医が責任を持って手術治療を行います。

高度な内視鏡手術
  • 腹腔鏡下食道アカラシア手術
  • 腹腔鏡下胃全摘術
  • 腹腔鏡補助下肝切除術
  • 腹腔鏡補助下膵頭十二指腸切除術
  • 腹腔鏡下膵体尾部切除術
  • 腹腔鏡下低位前方切除術
  • 腹腔鏡下直腸切除術、等

おへそに隠れてキズが分かりません

おへそのキズだけの手術

より体にやさしい手術としておへそだけのキズから行う単孔式内視鏡手術を積極的に取り入れています。大きく開腹する手術から内視鏡手術へと進化し、さらにおへそのキズ一つで手術が可能になりました。患者さんの負担を極限まで低減した新しい手術方法です。 現在、若い方からご高齢の方まで、多くの方々に単孔式内視鏡手を受けていただいております。

対象疾患

胆石症、虫垂炎、ヘルニア、大腸癌、食道アカラシア、肝嚢胞、
膵腫瘍、など

高度な単孔式腹腔鏡手術
  • 内視鏡合同単孔式腹腔鏡下胃切除術LECS
  • 単孔式腹腔鏡下脾臓摘出術
  • 単孔式腹腔鏡下脾臓温存膵体尾部切除
  • 単孔式腹腔鏡下肝嚢胞開窓術、等


乳腺外科

マンモグラフィ読影認定医が検診を毎日行います。 デジタルマンモグラフィの施設認定を受けており、女性技師による診断能力に優れた質の高い検査を受けていただきます。

ピンクリボン運動に参加してます:平日お忙しい方は月に一度のNTTサンデーマンモをご利用下さい。

日曜日乳がん検診のお知らせ

当院では乳がん診療ガイドラインに準拠した治療を心掛けております。
通院で抗癌剤治療が必要な方には外来化学療法室で治療を受けていただいております。

乳がんの診断、病理学的評価、手術療法(温存手術、センチネルリンパ節診断)、化学療法、ホルモン療法、放射線科と共同した温存手術後の放射線療法、転移再発部位への照射治療、緩和ケアなど各科との連携を生かした総合病院における一貫した治療を提供しております。

連携病院

しきしま乳腺クリニック(敷島裕之院長)、 北海道大学病院乳腺外科、北海道大学消化器外科II


マンモグラフィ撮影


乳腺エコー検査

自己検診をおすすめします

乳がんは自分で発見することができます。定期健診の間にしこりを発見して来られる方もおります。月に一度は自己検診を行ってください。閉経前の方は、乳房の張っていない月経が終わって1週間くらいの間に行ってください。閉経後の方は毎月行ってください。

それでは自己検診をやってみましょう
  1. 鏡の前で、乳房の形が変わっていないか、左右差がないかを確認します。
  2. 外側から内側へなでるように指でしこりがないか調べてみてください。
  3. 次に仰向けになって触ってみてください。
  4. 乳頭から分泌物がないかも見てください。下着についたりする場合もあります。

乳房の硬さや広がりには個人差がありますので、ご心配な事がありましたら外科外来までお問い合わせください。


救急外科

急性虫垂炎、腹膜炎、腸閉塞、消化管穿孔など救急疾患に対して、早急に検査・診断を行い、麻酔科、救急部、手術室、ICUと共同して緊急手術に対応しております。

2013年急性胆管炎・胆嚢炎診療ガイドラインに基づき、急性胆嚢炎に対しても積極的に早期腹腔鏡下胆嚢摘出術を行う事により、入院、治療期間の短縮に努めています。


急性胆嚢炎治療方針

出典)急性胆管炎・胆嚢炎診療ガイドライン改訂出版委員会ほか編:急性胆管炎・
胆嚢炎診療ガイドライン 2013.医学図書出版 2013 Mar 一部改変

ERAS(Enhanced recovery after surgery)術後回復力強化プログラム

手術後の早期回復を目的としたプログラムに取り組んでいます。栄養サポートチーム(NST)と共同し、手術後だけでなく、手術前から栄養状態の改善を図り、手術後の合併症予防、早期回復に努めております。


セカンドオピニオン

医療に関する情報提供・説明をわかりやすく行い、インフォームドコンセントに基づく医療を心がけております。セカンドオピニオンをお求めの方はお気軽にご相談下さい。(水・木曜日)


ストーマ外来

水曜日午後に人工肛門に対するストーマ外来診療を行っています。当院には専門看護師がおりますので、困ったことやわからないことなどはお気軽にお尋ねください。(水曜日午後)

皮膚・排泄ケア分野認定看護師常勤

ストーマ外来


対応症状・疾患

対応症状(こんな症状の時)

胸にしこりがある 乳がん検診(マンモグラフィー、超音波検査)をお勧めします。
右の下腹が痛い 虫垂炎の可能性があります。
みぞおち、右の横腹が痛い 胆石、胆のう炎の可能性があります。
足の付け根あたりが腫れる ヘルニア(脱腸)の可能性があります。
肛門が痛い、出血、脱出 ぢ(イボ痔、キレ痔、アナ痔など)の可能性があります。出血は要注意です。
胆石があると言われた どのような時に手術が必要かなどを説明いたします。  
手術が必要と言われた  どのような手術方法が最適か、低侵襲内視鏡手術は可能かを判断します。  

対応疾患

疾患名 説明文
消化器 食道 食道癌、食道アカラシア、逆流性食道炎、食道裂孔ヘルニア。いずれも内視鏡手術が可能です。
胃癌、胃腫瘍、十二指腸腫瘍、消化性潰瘍穿孔。いずれも内視鏡手術が可能です。  
大腸 大腸癌、大腸憩室炎、クローン病、潰瘍性大腸炎。積極的に内視鏡手術を行っています。  
肝臓 肝癌、肝腫瘍、肝嚢胞。いずれも内視鏡手術が可能な場合があります。  
胆道 胆管癌、胆石症、総胆管結石。単孔式内視鏡手術を行っています。  
膵臓 膵癌、膵腫瘍。内視鏡手術が可能な場合があります。  
脾臓 血液疾患、腫瘍。単孔式内視鏡手術を行っています。  
虫垂炎 虫垂炎に対しては抗生剤治療や内視鏡手術を行います。  
肛門 痔核、痔瘻、直腸脱、肛門周囲膿瘍
ヘルニア ソケイヘルニア、小児ヘルニア、大腿ヘルニア、閉鎖孔ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア、傍ストマヘルニア。ほとんど の症例で内視鏡手術が可能です。  
乳腺   乳癌、良性腫瘍、乳腺症、膿瘍、乳がん検診

外来担当医表

 
午前 山田 秀久 市之川 一臣 山田 秀久 古川 聖太郎 山田 秀久
市之川 一臣 道免 寛充 古川 聖太郎 不定 市之川 一臣
乳がん検診 乳がん検診 乳がん検診 乳がん検診 乳がん検診
午後 手術 手術 (予約外来) 手術 手術

※乳がん検診はクーポン使用の有無、超音波検査の希望など事前にご連絡、ご予約下さい。
※印の付く専門外来は、事前に予約が必要です。
※平日お忙しい方は月に一度のNTTサンデーマンモをご利用ください。

スタッフ紹介

氏名 山田 秀久(やまだ ひでひさ) 山田 秀久
役職 部長
専門分野 外科一般
資格 医学博士
日本外科学会 指導医、専門医
日本消化器外科学会 指導医、専門医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会 技術認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
乳がん検診マンモグラフィ読影認定医(AS)
日本医師会認定産業医
麻酔科標榜医
氏名 市之川 一臣(いちのかわ かずおみ)
役職 医長
専門分野 外科一般
資格 医学博士
日本外科学会 専門医
日本乳癌学会 乳腺専門医
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 乳房再建用エキスパンダー・インプラント責任医師
乳がん検診マンモグラフィ読影認定医(A)
氏名 道免 寛充(どうめん ひろみつ)
役職 医長
専門分野 外科一般
資格 医学博士
日本外科学会 専門医
日本呼吸器外科学会 専門医
日本呼吸器学会 専門医
日本消化器外科学会 専門医
日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
乳がん検診マンモグラフィ読影認定医
氏名 古川 聖太郎(ふるかわ しょうたろう)
役職 医師
専門分野 外科一般
資格 日本外科学会 専門医
乳がん検診マンモグラフィー読影 認定医
氏名 桐山 琴衣(きりやま ことえ)
役職 医師
専門分野 外科一般

診療実績

症例数、手術件数等

[単位:件]
  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
総数 522 480 422 646 729
胃癌 25(10) 25(17) 24(16) 25(22) 34(30)
大腸癌 54(28) 40(30) 52(38) 68(63) 66(56)
肝癌 12(0) 8(0) 6(1) 10(4) 16(10)
乳癌 65 49 34 92 151
肺癌 14(14) 13(9) 3(3) 27(25) 38(37)
膵・胆道癌 9 7 12 6 6
脾臓疾患 2(2) 2(2) 5(5) 3(3) 2(2)
胆石 45(45) 59(59) 69(69) 93(92) 92(91)
ヘルニア 70(10) 70(17) 64(43) 80(51) 64(47)
虫垂炎 22(20) 20(17) 28(28) 29(28) 34(34)

()内は内視鏡手術数を表します。

[単位:件]
  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
緊急手術総数 38 36 48 85 97
急性虫垂炎 10 7 13 24 20
急性胆嚢炎 1 1 7 19 16
腹膜炎 10 12 12 13 13
腸閉塞 7 6 6 7 9
気胸、膿胸 2 2 0 10 18
その他 8 8 10 12 21

学会施設認定

  • 日本外科学会認定施設
  • 日本消化器科学会認定施設
  • 日本乳癌学会認定施設
  • 日本呼吸器外科学会関連施設
  • デジタルマンモグラフィ認定施設