札幌病院


札幌病院ホーム > 診療部門・診療支援部門 > 小児科


小児科

当院の小児科について

  • 小児科は週2回の乳幼児検診、週3回の心臓外来(布施茂登医師担当)、月4回の神経外来(火曜日の午後、川村医師担当)のほかは、一般診療(感染症、アレルギー、腎疾患、自己免疫疾患、炎症性腸疾患、免疫不全、先天性代謝疾患など)(主に森俊彦医師が担当)を行っています。
  • 平成23年4月より毎週月曜日の午後にSOTI外来(食物アレルギーの耐性誘導外来)(星野恵美子医師担当)を開設しました。外来患者は急性感染症、気管支喘息などが中心ですが、専門外来への紹介患者も増えております。
  • 入院病床は新生児6床と一般乳幼児19床で、入院総数は年間1200名程度です。多くは急性感染症ですが、内分泌疾患、食物アレルギーの負荷試験やrushSOTI患者も増えています。
  • NICU入院は年間200名前後です。多くは当院で出生した児の高ビリルビン血症、感染症、呼吸障害、低出生体重児ですが、他の産院からの新生児の受け入れも積極的に行っており新生児の紹介入院も増えてきています。重症児は札幌医大病院やコドモックルに搬送し、うまく連携をとっています。
  • 平日は午後8時まで、休日も午前中は院内に小児科医が待機しており、小児の救急患者は小児科医が対応するようにしております。また、それ以降の時間帯でも入院依頼に関しては小児科2次輪番に関係なく、急患室の看護師より直接待機の小児科医に連絡が行くようになっており、基本的に365日、24時間入院要請に関しては受けています。ただし産院からの新生児の入院に関してはNICUでのレスピレーターの使用状況によっては、受け入れできないことがありますが、極力断らないようにしております。
  • 平成17年度より初期研修医が小児科にも研修に来るようになり、出来るだけ多くの患者さんの主治医となってもらうようにしており、研修終了後は救急外来で小児の一次救急に対応できるようになってもらうことを目標としています。また、平成20年度より当院で募集した小児科後期研修医も診療に携わっています。

対応症状・疾患

対応症状(こんな症状の時)

  • 発熱が何日も続く
  • 病院で薬をもらっているが咳が止まらない
  • 発疹、紫斑がでている
  • けいれんがあった
  • 心雑音、不整脈があるといわれた
  • 低身長

対応疾患

疾患名 説明文
感染症 普通感冒、インフルエンザ、感冒性腸炎、麻疹、水痘、ムンプスなど
呼吸器疾患 気管支炎、肺炎など
心疾患 先天性心疾患、川崎病など
神経疾患 てんかんなど
腎疾患 腎炎、ネフローゼ、尿路感染症など
アレルギー疾患 気管支喘息、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、食物アレルギーなど
血液疾患 鉄欠乏性貧血、血小板減少性紫斑病など
内分泌、代謝疾患 甲状腺疾患、クル病、糖尿病など
新生児疾患 低出生体重児など

外来担当医表

 
午前 森 俊彦 森 俊彦 森 俊彦
森 俊彦 黒岩 由紀
午後 黒岩 由紀 乳幼児健診 森 俊彦 乳幼児健診 森 俊彦
布施 茂登
(心臓外来)※1
布施 茂登
(心臓外来)※1
星野 恵美子※1
(SOTI外来)
出張医
(神経外来)※1
星野 恵美子※1
(SOTI外来)

※1 印の付く外来は、事前に予約が必要です。

スタッフ紹介

氏名 森 俊彦(もり としひこ) 森 俊彦
役職 部長
専門分野 小児科一般、先天代謝異常、小児内分泌、小児感染症、小児アレルギー疾患、小児リウマチ、呼吸器疾患、腎疾患、膠原病
資格 医学博士
札幌医科大学医学部 臨床准教授
日本小児科学会 専門医・代議員
氏名 布施 茂登(ふせ しげと)
役職 医長
専門分野 小児科全般、小児循環器疾患、先天性心疾患、川崎病
資格 医学博士
札幌医科大学医学部 非常勤講師
日本小児科学会 専門医・指導医
日本小児循環器学会 評議員・専門医
日本川崎病学会 運営委員
北海道小児循環器研究会 幹事
北海道川崎病研究会 会長
日本超音波医学会 北海道地方会運営委員
氏名 黒岩 由紀(くろいわ ゆき)
役職 医長
専門分野 小児科一般、小児感染症、小児血液疾患
資格 医学博士
日本小児科学会 専門医・指導医
日本血液学会 専門医
ICD(感染管理医)
日本医師会認定 産業医
新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
氏名 平川 賢史(ひらかわ さとし)
役職 医師
専門分野 小児科一般、小児感染症疾患
資格 医学博士
日本小児科学会 専門医・指導医
ICD(感染管理医)    
氏名 矢吹 郁美(やぶき いくみ)
役職 医師
専門分野 小児科一般
氏名 櫻井 のどか(さくらい のどか)
役職 医師
氏名 星野 恵美子(ほしの えみこ)
役職 医師
専門分野 小児科一般、食物アレルギー、プライマリ・ケア
資格 日本小児科学会 専門医・指導医
ICD(感染管理医)
日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア認定医・指導医

診療実績

2016年度の疾患統計

NICU入院
低出生体重児 58例
(極低出生体重児2例)
早産児(36週未満) 28例
人工呼吸器使用 5例 院外出生 32例
新生児黄疸 76例 新生児一過性多呼吸 14例
羊水吸引症候群 4例 無呼吸 17例
気胸・縦隔気腫 2例 新生児感染症(疑いも) 10例
新生児低血糖 25例 新生児仮死 27例
墜落分娩 2例 水腎症 2例
肝血管腫 1例 海綿状血管腫(左腕) 1例
染色体異常 3例
(Down症候群 2例)
心内膜症欠損症 1例
心房中隔欠損症 2例
195例
小児科一般病棟入院
感染症、呼吸器疾患 気管支喘息 34例 喘息性気管支炎 39例
急性気管支炎 16例 RSウイルス感染症 139例
急性肺炎 140例 マイコプラズマ肺炎、感染症 77例
ヒトメタニューモウイルス感染 21例 急性上気道炎
+咽頭炎
+扁桃炎
31例
急性喉頭炎 12例 急性中耳炎 7例
急性胃腸炎 101例
(ノロウイルス腸炎 23例、ロタウイルス腸炎 21例、キャンピロバクター腸炎 3例、サルモネラ腸炎 3例、クロストリジウム1例、エネシニア腸炎 1例、病原大腸菌O157 1例)
インフルエンザ 51例
アデノウイルス感染症 10例 伝染性単核球症 and/or EBV感染 9例
無菌性髄膜炎 9例
(ムンプス髄膜炎5例)
突発性発疹 10例
溶連菌感染症 21例 急性虫垂炎 5例
ヘルペス性
歯肉口内炎
1例 ヒトパレコウイルス3型 3例
ヘルパンギーナ 3例 手足口病 1例
日本海裂頭条虫症 2例 急性脳炎/脳症 8例
(インフルエンザ4例、突発性発疹1例、
ヒトパレコ3型 1例)
敗血症 1例
(GBS 1例)
蜂窩織炎 4例
単純性股関節炎 1例 化膿性股関節炎 1例
回腸末端炎
/腸間膜リンパ節炎
6例 頚部
/顎下部リンパ節炎
6例
百日咳 5例 扁桃周囲膿瘍 1例
内分泌代謝疾患 低身長 8例 甲状腺機能低下症 3例
腎、泌尿器疾患 急性腎盂腎炎
・尿路感染症
13例 間質性腎炎 1例
リウマチ性疾患と
その周辺疾患
川崎病 40例
(レミケード使用 1例)
全身型若年性特発性関節炎 1例
SLE+抗リン脂質抗体症候群 1例 CAPS 1例
JIA疑い 1例 アレルギー性紫斑病 7例
多型性浸出性紅斑 3例 反復性耳下腺炎 1例
血液、腫瘍性疾患 組織球性壊死性
リンパ節炎
3例 ITP 2例
先天性溶血性貧血 2例
神経疾患 熱性痙攣 52例
(複雑型熱性けいれん 28例)
てんかん 6例
胃腸炎に伴う痙攣 5例 顔面神経麻痺 1例
良性乳児けいれん 1例 Leigh脳症 1例
SMA 1例
その他 食物アレルギー 53例
(食物負荷試験 53例、rush SOTI 1例)
Hunter症候群
(酵素補充療法)
1例
腸重積症 5例 異物誤飲 3例
(100円玉、画鋲1例、すずらん1例)
潰瘍性大腸炎 1例 横紋筋融解症
(神経性食欲不振症)
1例
脊椎奇形 1例 多発性肝血管腫 1例
乳児眼窩部血管腫 1例 甲状腺舌管嚢胞 1例
1193例