札幌病院


札幌病院ホーム > 診療部門・診療支援部門 > 腎臓内科


腎臓内科

当院の腎臓内科について

  • 腎疾患を専門とする5名の医師で治療を行っています。
  • 腎臓内科は全国的にも専門医が少ない診療科ですが、当院は日本腎臓学会認定専門医が4名在籍しています。(3名の医師は同時に透析医学会の専門医資格も有しています。)
  • 腎臓・透析両学会の認定教育病院であり高度な医療を提供するとともに、研修医など若いドクターの教育にも熱心に取り組んでいます。腎臓・透析学会などの学会活動・学会報告・学術論文などにも力を入れています。
  • 札幌市中央区唯一のアフェレシス学会の認定病院です。血漿交換、血液吸着、血球成分除去(潰瘍性大腸炎などの治療)をはじめとする各種のアフェレシス治療も積極的に行っています。
  • 外来では、健康診断で尿異常(尿たんぱくや尿潜血)を指摘された方や、腎臓機能の異常を指摘された方、慢性糸球体腎炎やネフローゼ症候群と診断された方、むくみの相談にこられた方、などを対象に診療しています。特に尿異常や腎機能障害を指摘された方で、精密検査の必要がある場合には、腎生検を行ない、その結果を元に診断治療を行っています。
  • 末期腎不全に対する医療として、内シャント手術などを含めた血液透析導入、合併症をかかえた維持血液透析患者の管理のほか、腹膜透析の導入・維持管理も行っています。腎疾患のすべての病期の患者さんを対象に腎臓内科としてトータルな医療の実践を目指しています。
  • 腎疾患を疑われる患者さんはお気軽にご相談下さい。また、地域の先生方におかれましては、お困りの病態等がございましたらご紹介いただければ幸いです。
  • 医学生、ドクター、コメディカルの見学や短期〜長期の研修も積極的に受け入れています。ご希望の方は部長まで連絡をください。

人工透析センター

対応症状・疾患

対応症状(こんな症状の時)

  • 健康診断で尿検査に異常を指摘された時
  • 足や顔にむくみがある時
  • 腎臓病あるいは腎機能異常を指摘された時

対応疾患

疾患名 説明文
慢性腎臓病(CKD) 慢性の腎臓病のことを近年CKDといいます。よってCKDにはいろいろな腎疾患を含みます。下記にそれらの病気について記載します。いろいろな病気や原因により腎臓の機能が低下した状態を慢性腎不全といいます。
慢性糸球体腎炎 慢性糸球体腎炎は、蛋白尿、血尿が持続し、徐々に腎機能が低下する可能性がある疾患です。自覚症状がないため、多くは検診の際に尿異常で発見されます。腎生検をすることによって確定診断をつけ、検査結果に応じた治療をしていきます。特にIgA腎症では、病期によっては、扁桃摘出術とステロイドパルス療法による治療で、かなりよい治療効果をあげることができます。腎不全に進行する疾患も多く、透析導入の原因の第二位となっており、症状がなくても早めの受診をお願いします。
糖尿病腎症 糖尿病の三大合併症のひとつで、現在透析導入疾患の原因の第一位です。 高血糖の状態が長期間続くと、腎臓に障害がおきます。障害がおこると、微量アルブミン尿に続いて、尿蛋白が陽性となり、高血圧、むくみなどの症状がでて、腎機能も低下していきます。
蛋白尿の出現前の微量アルブミンが出現している段階で早期発見し、血糖、血圧を厳しくコントロールすることで、腎症の進行はおさえることができます。
ネフローゼ症候群 ネフローゼ症候群とは、尿蛋白が一日3.5g以上、血清アルブミン3.0g/dl以下(正常4.0g/dl以上)に低下した状態で、多くは浮腫を伴います。場合によっては、腹水、胸水もたまることがあります。そのような状態を呈する疾患はたくさんあり(腎炎、糖尿病、膠原病など)、場合によっては腎生検により診断を確定する必要が生じることがあります。原因疾患によって治療法を選択していきます。
慢性腎不全 様々な原因により腎機能が低下した状態をさします。進行すれば、透析などが必要となります。近年は腎不全の進行を抑制する薬なども出てきていますが、特効薬的なものは無いために、血圧の管理や食事制限などトータル的な医療が必要になってきます。
その他 急性腎不全、急速進行性糸球体腎炎、急性糸球体腎炎、間質性腎炎、多発性嚢胞腎 、痛風腎

外来担当医表

 
午前 中垣  祐
(透析)
眞岡 知央
(透析)
山本 理恵
(透析)
牧田 実
(透析)
伊藤 一洋
(透析)
午後 (予約外来) (予約外来) (予約外来) (透析) (予約外来)

スタッフ紹介

氏名 吉岡 成人(よしおか なりひと) 吉岡 成人
役職 副院長、内科診療部長
資格 医学博士
日本内科学会認定総合内科専門医、研修指導医
日本糖尿病学会専門医、指導医
日本内分泌学会内分泌代謝科(内科)、専門医、指導医
ベストドクターズ2016-2017
氏名 山本 理恵(やまもと りえ)
役職 医長
専門分野 腎臓内科、血液透析、腹膜透析、アフェレシス
資格 日本内科学会総合内科専門医・認定医・指導医
日本腎臓学会 腎臓専門医
日本透析医学会 透析専門医
氏名 眞岡 知央(まおか ともちか)
役職 医長
専門分野 腎臓内科、血液透析、腹膜透析、アフェレシス
資格 医学博士
日本内科学会総合内科専門医・認定医・指導医
日本透析医学会 透析専門医
日本腎臓学会 腎臓専門医
札幌大谷大学非常勤講師
氏名 中垣  祐(なかがき たすく)
役職 医師
専門分野 腎臓内科、血液透析
資格 医学博士
日本内科学会 認定内科医
日本透析医学会 透析専門医
日本腎臓学会 腎臓専門医
氏名 伊藤 一洋(いとう かずひろ)
役職 医師
資格 日本内科学会 認定内科医
氏名 牧田 実(まきた みのる)
役職 医師
資格 医学博士
日本内科学会 認定内科医
日本腎臓学会 腎臓専門医
北海道大学病院客員臨床助教

診療実績

患者数

[単位:人]
  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
延外来患者数 6,464 6,968 7,112 7,302 7,932
延入院患者数 4,240 4,162 3,949 4,799 4,600

2016年診療実績

[単位:件]
症例・手術名 件数
経皮的腎生検 59
内シャント手術 73
PTA 37
新規血液透析導入 34
腹膜透析(CAPD)導入 2
エンドトキシン吸着 5