札幌病院


札幌病院ホーム > 診療部門・診療支援部門 > 呼吸器内科


呼吸器内科

当院の呼吸器内科について

  • 呼吸器内科は、肺がん、肺炎、気管支喘息、COPD(肺気腫、慢性気管支炎)、間質性肺炎、慢性呼吸不全、気管支拡張症、急性気管支炎、インフルエンザなどの疾患を担当しています。咳、痰、血痰、息切れ、胸痛、発熱などの症状がある方は是非受診してください。
  • 早期発見および正確な診断に必要な最新鋭のCT、気管支内視鏡、肺機能、MRI、アイソトープなどの諸検査が可能で、迅速で的確な診断、治療を行うことを心がけています。
  • 肺がんの治療では、化学療法、外科療法、放射線療法を組み合わせた標準治療および最先端の高度医療である動体追跡放射線治療も行い、「体に優しい治療」を目指しています。
  • 呼吸器疾患の予防ならびに悪化を防ぐには禁煙が必須です。禁煙外来もお気軽にご利用ください。
  • 日本呼吸器学会認定施設
  • 日本呼吸器内視鏡学会認定施設

対応症状・疾患

対応症状(こんな症状の時)

  • 咳が強く、夜中に咳で起きてしまう
  • 風邪をひいた時や、季節の変わりめなどに決まって咳が長引く
  • 1年中風邪をひいているような感じで、咳、痰が続く
  • 喉がゼーゼー、ヒューヒュー鳴って息苦しい
  • タバコを吸わないのに痰が出る
  • 痰に血が混じる、黄色や緑色の痰が出る
  • 息切れがして、階段を上がるのがつらくなってきた
  • 高熱が出る、熱がなかなか下がらない
  • 胸が痛む

対応疾患

疾患名 説明文
肺がん 肺がんは治りにくい癌ですが、早期に発見すれば完治は十分可能です。タバコを吸う方や家族に癌が多い方などは一度CT検査を受けてください。治療では、化学療法、外科療法、放射線療法を組み合わせた集学的治療で治療効果が上がっており、胸腔鏡下手術や病巣に的をしぼった放射線治療など、体に負担の少ない治療法も進歩しています。肺がんの一番の原因はタバコですから、禁煙が肺がんの最大の予防法です。
肺炎 肺炎は咳、痰、発熱などで見つかることが多いのですが、特にお年寄りでは症状が出にくいのが特徴です。咳や熱がなくても“食欲がない”“何となくいつもより元気がない”というのもお年寄りの肺炎の症状の一つですので注意が必要です。以前は、肺炎イコール入院治療でしたが、最近は抗生物質の進歩で、肺炎治療は外来で可能なことが多くなっています。
気管支喘息 発作的に咳や呼吸困難が起こり、喉がヒューヒュー、ゼーゼーするのが典型的な症状です。症状が治まると治療を止める方が多いのですが、成人喘息の大部分は慢性型ですので、吸入剤を中心とした継続的な治療をお勧めします。
COPD
(肺気腫、慢性気管支炎)
主にタバコが原因となる病気で、息切れが重要な症状です。以前はあまり良い治療法がありませんでしたが、禁煙をした上で早期から治療を開始すると予後が改善することが分かってきました。階段を上がるのがつらくなってきたら要注意ですので、年齢のせいと思わずに早めの受診をお勧めします。
禁煙外来 禁煙治療薬では、ニコチンガム、貼付薬のニコチンパッチが市販薬としてありますが、禁煙外来では主に飲み薬のバレニクリンが使われます。バレニクリンは単なるニコチンの代替薬ではなく、脳内にあるニコチン受容体に作用する薬で、タバコを吸っても美味しくなくなる、ニコチンの禁断症状を和らげるなどの優れた効果があります。2-3週間おきに5回以上の通院が必要ですが、禁煙成功率はかなり高く画期的な禁煙治療薬です。

外来担当医表

 
午前 橋 晴香
橋 晴香
西山 薫
西山 薫
西山 薫
(禁煙外来)
石川 立
橋本 みどり
(禁煙外来)
橋 晴香
石川 立
橋本 みどり
(禁煙外来)
午後 (予約外来)   (予約外来)   (予約外来)

スタッフ紹介

氏名 西山 薫(にしやま かおる) 西山 薫
役職 部長
専門分野 呼吸器腫瘍
その他、呼吸器内科診療全般





氏名 橋本 みどり(はしもと みどり)
役職 医長
専門分野 呼吸器内科一般
資格 医学博士
日本呼吸器学会 呼吸器専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医
日本内科学会 総合内科専門医
氏名 石川 立(いしかわ たつる)
役職 医師
氏名 橋 晴香 (たかはし はるか)
役職 医師

診療実績

呼吸器内科疾患別入院患者数(2012-2016年)

[単位:人]
  2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
肺癌 243 300 167 204 225
肺炎 105 105 124 139 132
気管支喘息 49 46 34 41 25
間質性肺炎 45 32 29 27 31
COPD 4 2 5 3 5
慢性呼吸不全 8 3 3 4 1
胸膜炎、胸水貯留 9 12 15 17 10
気管支拡張症 6 2 4 1 1
サルコイドーシス 8 10 1 2 2
その他 84 74 158 108 85
合計 561 586 540 546 517

施設・設備紹介

高分解能CT
高分解能CT
肺がん診断の基本となる検査で、肺がんが疑われたら最初に行う検査です。高分解能のヘリカルCTにより、短時間にきわめて精度の高い画像が得られます。
気管支内視鏡
気管支内視鏡
気管支内腔の病変部位の観察および組織、細胞や細菌を一部採取して顕微鏡検査、細菌培養検査などを行います。
経気管支肺生検
経気管支肺生検
X線透視下に気管支内視鏡をガイドにして肺がんの細胞診断、組織診断を行います。末梢の小さな病変では、診断率を上げる超音波断層法を併用しています。