札幌病院


札幌病院ホーム > 診療部門・診療支援部門 > 循環器内科


循環器内科

当院の循環器内科について

  • 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)の診断、治療、心不全、高血圧、不整脈など循環器領域全般を対象として診療を行なっています。
  • 初めての患者さんのための新患外来を設け、できるだけ早期の診療を行うようにしています。
  • 画像診断装置は最新型のものが揃っています。320列CTでは低被曝、少量の造影剤使用で冠動脈評価が可能です。造影剤使用困難な場合は非造影MRIでの冠動脈評価にも取り組んでいます。心エコー図検査は3次元画像作成も可能です。RI検査ではCT画像とのFusionImagingが作成可能で、わかりやすい画像での診断治療効果の判定をしています。
  • 狭心症に対するカテーテル治療は治療後の予後改善を目的として心臓核医学検査(RI)や心臓MRIなどで必要がある場合に行なうように心掛けています。
  • 循環器疾患は糖尿病や腎疾患などを合併することが多いため、糖尿病内分泌内科や腎臓内科など他の診療科とも連携を取りながら幅広く治療を行うようにしています。

対応症状・疾患

対応症状(こんな症状の時)

  • 階段を急いで昇ると、胸が痛い、しめつけられる
  • 脈が不整になり動悸を感じる。突然に脈が速くなる
  • 階段や坂道で息切れ、呼吸困難を感じる
  • 下肢にむくみがある
  • めまいがする、失神発作が起こる
  • 意識が遠退いたり、失神発作が起こる
  • 血圧が高く、頭痛や肩こりがする

対応疾患

疾患名 説明文
虚血性心疾患
(狭心症、急性心筋梗塞)
狭心症や急性心筋梗塞は、虚血性心疾患と呼ばれ、心筋へ血液を供給している冠動脈という血管の異常から起こります。すなわち、主に動脈硬化により冠動脈が狭くなり血流が減少するのが狭心症であり、一方、心筋梗塞は冠動脈の一部が完全に閉塞して心筋が部分的に壊死を起こす病態です。これらの予防には、動脈硬化を引き起こす危険因子(高脂血症、高血圧、糖尿病、喫煙、肥満、運動不足、ストレスなど)を確実に治療することがもっとも大切ですが、虚血性心疾患の疑いが出たときには、迅速な診断が必要です。当科では最新の心臓CT装置を用いた冠動脈CT撮影や腕や大腿の動脈から心臓の血管まで細いカテーテルを挿入し、造影剤を注入して狭窄や閉塞箇所を確認する冠動脈造影(CAG)を行なっています。冠動脈に狭窄を認めた場合には心臓MRIや心筋シンチグラフィーを用いた心筋血流の評価を行い、どのような治療法が最適かを検討しています。治療として薬物治療のほか狭くなった血管部分をカテーテルで拡げる風船療法(PTCA)や金属の網でできた管を広げた血管に留置してくる方法(ステント留置)などの冠動脈カテーテル治療(PCI)が行われます。当科では、これらの冠動脈カテーテル治療法で年間約150例の経験があり、きわめて良好な成績を収めています。
高血圧 血圧とは、心臓から送り出される血液が動脈内の血管壁にかけている圧力のことであり、最高血圧140mmHg以上または最低血圧90mmHg以上の場合に高血圧症と診断します。年齢とともに増加し、我が国では50歳以上では2人に1人が高血圧ともいわれています。高血圧は、一般に自覚症状が乏しいことが多いため、血圧が高いままに放置している人も多く見られます。しかし高血圧は進行すると、脳卒中、心不全、腎不全などを引きおこすため、サイレント・キラー(静かな殺し屋)とも呼ばれています。血圧の高い人は、医師の診察を受けて、食事療法や運動療法により生活習慣を改善するとともに、適切な薬物治療を受ける必要があります。当科では、日本高血圧学会高血圧治療ガイドラインを遵守した最新の薬物治療を行っております。
不整脈(期外収縮、
心房細動、WPW症候群、
発作性上室性頻拍症、
洞不全症候群)
心臓は1日に約10万回の拍動を繰り返しています。そのリズムは洞結節から発生し、刺激伝導系という「電線」を介して、心房や心室を興奮させて、全身へ規則正しく血液を送り出しています。このシステムに異常をきたすのが不整脈であり、期外収縮(脈がとぶ)、頻脈(脈が速くなる)、徐脈(脈が遅くなる)、などに分けられます。不整脈の治療にはまず正確な専門的心電図診断が必要であり、その上でそれぞれの病態に応じた治療法が選択されなければなりません。当科では、最新の薬物療法、ペースメーカ治療に取り組んでいます。
種々の原因による心不全 心不全とは、あらゆる心臓病が最後に行き着く病態であり、心臓のポンプ機能が低下して全身に必要な血液を送れない状態のことです。心不全の原因となる疾患は、心筋梗塞、拡張型心筋症、高血圧性心臓病、弁膜症などがあげられますが、当科でもやはり心筋梗塞がその原因のトップとなっております。当科では、入院して行う最新の急性心不全治療と外来でのβ遮断薬、アンジオテンシンU受容体拮抗薬、利尿薬などを用いた慢性心不全治療に積極的に取り組んでいます。

外来担当医表

 
午前 新来 宮本 憲行 川嶋 望 濱口 早苗 宮本 憲行 乘安 和将
再来 乘安 和将
宮本 憲行
宮本 憲行
乘安 和将
川嶋 望
濱口 早苗 古本 智夫 川嶋 望 古本 智夫 濱口 早苗
午後 再来 (予約外来) (予約外来) (予約外来) (予約外来) (予約外来)
(ペースメーカー外来)

※印の付く専門外来は、事前に予約が必要です。

スタッフ紹介

氏名 宮本 憲行(みやもと のりゆき) 宮本 憲行
役職 部長
専門分野 循環器疾患全般、心血管カテーテル治療
資格 日本内科学会 認定医・ 指導医・総合内科専門医
日本循環器学会 専門医
日本心血管インターべンション治療学会 専門医
氏名 川嶋 望(かわしま のぞむ)
役職 医長
専門分野 循環器疾患全般、心血管インターベンション
資格 日本内科学会 認定医
日本循環器学会 専門医
日本心血管インターべンション治療学会 認定医
氏名 乘安 和将(のりやす かずゆき)
役職 医長
専門分野 循環器内科一般、心血管インターベンション、心臓核医学
資格 医学博士
日本内科学会 認定内科医
日本循環器学会 専門医
臨床研修指導医
氏名 濱口 早苗(はまぐち さなえ)
役職 医師
専門分野 循環器疾患全般
資格 医学博士
日本内科学会 総合内科専門医
日本内科学会 認定内科医
日本循環器学会 循環器専門医
産業医
氏名 古本 智夫(ふるもと ともお)
役職 医師
専門分野 循環器疾患全般
資格 日本高血圧学会 指導医・評議員
日本心血管内分泌学会 評議員

診療実績

検査件数の年間推移

[単位:件]
検査名 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
心エコー 経胸壁 2,513 2,246 2,193 2,023 3,221
経食道 23 12 13 12 24
ホルター心電図 687 622 626 551 604
トレッドミル運動負荷 454 375 286 211 217
心臓MRI 52 35 16 32 50
心臓CT 1,097 758 558 519 465
心臓RI   217 216 263 262 247
安静時 146 112 150 154 126
運動負荷 9 11 18 20 17
薬剤負荷 63 93 95 38 61
心臓カテーテル検査 539 419 350 274 321
PCI 156 174 133 113 119
PTA 14 11 11 4 6
PPM(新規) 25 21 27 25 30
PPM(交換) 12 12 12 17 7