札幌病院


札幌病院ホーム > 診療部門・診療支援部門 > 血液・腫瘍内科


血液・腫瘍内科

当院の血液・腫瘍内科について

  • 外来診療では貧血に代表される血球減少や、検診などで見つかる血球増加、あるいはリンパ節腫脹などで受診される方の検査・治療を行っています。
  • 入院診療は悪性リンパ腫を最も多く診療していますが、当院は放射線治療施設もあり、集学的な治療が可能です。また、化学療法室を用いて積極的な外来治療を心がけています。
  • 多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群、特発性血小板減少性紫斑病、慢性骨髄性白血病などには新規薬剤により最適な対応をしています。
  • 現段階では、骨髄移植などの造血幹細胞移植は当院では施行できないため、移植可能な施設との連携の中で最も適切な移植施設への橋渡しを行います。

対応症状・疾患

対応症状(こんな症状の時)

  • 検診での血液の数の異常(貧血・白血球減少・血小板減少・血球増加)
  • 疲れやすい
  • ぶつけた記憶がないのにあざができる
  • リンパ節が腫れている

対応疾患

疾患名 説明文
悪性リンパ腫 ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫に大きく分類されますが、その中でさらに細かい分類があり、それぞれに対する標準的治療が確立しています。抗癌剤の治療が中心となりますが、病気が限局している場合は放射線治療も組み合わせることがあり、放射線科と協力して診療を行っています。外来で治療を行うことが多くの場合可能です。
各種貧血 最も多いのは鉄分が不足しているために起こる鉄欠乏性貧血です。この貧血は血液内科の専門医でなくても診療が可能です。鉄欠乏性貧血以外は骨髄の検査が必要となるものが多く、血液専門医の診察が必要です。当院では受診日に骨髄検査が可能です。
多発性骨髄腫などの
高ガンマグロブリン血症
形質細胞、という細胞が腫瘍となり、骨髄で増殖するのが多発性骨髄腫です。進行すると骨折や腎臓の障害を起こすこともあります。近年治療法のめざましい進歩のある疾患で、若年の方には自家移植が推奨されます。進行がゆっくりだったり、体の中に障害がないときは無治療で慎重に経過観察することもあります。
骨髄異形成症候群 骨髄の中の「幹細胞」の異常により、血液をうまく作ることが出来ない状態になります。細胞の形がいびつなことが多く、通常は白血球・赤血球・血小板のうちの二種類以上が低下します。骨髄の働きが低下して「造血不全」となる方と急性白血病を発症する方に大別されます。当科では新しい薬剤ビダーザの使用経験が豊富です。
特発性血小板減少性
紫斑病
自分の体の中で自分の血小板をこわしてしまう異常がおこり、血小板のみが低下します。その低下の程度に従って大切な臓器から出血する危険もあります。近年新しいお薬が使用可能となりました。新しいお薬には注射と飲み薬があり、ご相談しながら対応します。
凝固異常 出血をきちんと止めることが出来ない状態を凝固異常、といいます。小さな紫斑や、大きな皮下出血、さらには手術の時の止血が不良なことから見つかります。様々な原因が考えられ、血液専門医の診察・診断が必要なこともあります。

外来担当医表

 
午前 杉田 純一 後藤 秀樹
午後

現在、常勤医不在のため、外来診療のみ代務医で対応させていただいております。
それ以外の曜日に来院された場合は、基本的には、その日に診察出来ないため、予約をお取りして後日に来院していただくのでご了承下さい。

診療実績

当科入院のべ症例数

[単位:人]
  2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
非ホジキンリンパ腫 46 55 78 88 77
ホジキンリンパ腫 2 8 5 3 1
骨髄異形成症候群 21 34 31 53 81
慢性骨髄単球性白血病 12 14 16 17 12
多発性骨髄腫 19 20 19 10 16
クリオグロブリン血症 0 1 0 0 0
再生不良性貧血 0 2 5 5 2
アミロイドーシス 3 2 5 4 2
赤芽球ろう 0 0 1 1 0
急性骨髄性白血病 8 10 13 30 22
慢性骨髄性白血病 0 4 0 1 2
慢性リンパ性白血病 1 2 0 0 0
急性リンパ性白血病 0 0 0 0 0
肺炎 4 2 7 8 4
伝染性単核球症 0 0 0 0 0
特発性血小板減少性紫斑病 3 3 1 7 5
血栓性血小板減少性紫斑病 0 2 1 1 1
ニューモシスティス肺炎 0 0 0 0 0
慢性DIC 0 0 1 0 0
粟粒結核 0 0 0 0 0
胃がん 0 0 0 0 0
帯状疱疹 0 2 0 0 0
Gleich症候群 0 1 0 0 0
原発不明がん 1 0 1 0 0
マクログロブリン血症 0 0 4 1 1
骨髄線維症 0 0 1 2 0
横紋筋融解症 0 0 1 0 0
プロテインC欠損症 0 0 1 0 0
プロテインS欠損症 0 0 0 0 1
自己免疫溶血性貧血 0 0 1 3 0
本態性血小板血症 0 0 1 0 1
輸血後溶血性貧血 0 0 1 0 0
腎盂炎 0 0 1 0 0
鉄欠乏性貧血 0 0 1 0 0
悪性貧血 0 0 0 1 0
頭痛 0 0 0 1 0
圧迫骨折 0 0 0 0 1
RS3PE症候群 0 0 0 0 1
不明熱 0 0 0 0 1
皮下血腫 0 1 0 0 0
120 163 196 236 231

鉄欠乏性貧血を除く当科新規診断症例

[単位:人]
  2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
非ホジキンリンパ腫 24 21 24 23 25
ホジキンリンパ腫 1 6 2 1 2
骨髄異形成症候群 7 10 9 8 7
多発性骨髄腫 10 11 7 6 9
アミロイドーシス 1 3 1 4 1
再生不良性貧血 0 1 1 1 0
赤芽球ろう 2 0 1 2 0
本態性血小板血症 1 2 3 1 3
真性多血症 1 3 2 2 2
慢性骨髄単球性白血病 0 1 0 1 1
急性骨髄性白血病 2 8 4 2 6
急性リンパ性白血病 0 0 0 1 0
慢性骨髄性白血病 0 3 0 2 1
非典型慢性骨髄性白血病 0 0 0 0 1
慢性リンパ性白血病 1 3 1 1 0
特発性血小板減少性紫斑病 4 3 3 8 5
血栓性血小板減少性紫斑病 0 2 1 1 0
MGUS 0 5 9 7 3
Evans症候群 0 0 0 0 0
悪性貧血 1 2 2 1 3
自己免疫性溶血性貧血 1 0 2 4 0
その他の凝固障害 0 0 2 4 2
マクログロブリン血症 0 0 2 1 0
好酸球増加症候群 0 0 1 0 0
キャッスルマン病 0 0 2 1 0
非典型溶血性尿毒素症候群 0 0 0 0 1
骨髄線維症 0 0 0 0 1
MTX関連リンパ増殖性疾患 0 0 0 0 1
血友病A 0 0 0 0 1
免疫不全症 1 0 0 1 0
57 84 79 83 75

外来患者数

外来化学療法患者数