札幌病院


札幌病院ホーム > お知らせ > 当院における内視鏡的摘除後大腸癌の追加切除症例の検討(臨床研究に関する情報)


当院における内視鏡的摘除後大腸癌の追加切除症例の検討(臨床研究に関する情報)


1. 本研究の概要

当院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた過去の記録をまとめることによって行います。このような研究は、厚生労働省・文部科学省の「人を対象とした医学系研究に関する倫理指針」(平成26年文部科学省・厚生労働省告示第3号)の規定により、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究に関するお問い合わせなどがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。

2. 研究機関の名称及び研究責任者の氏名

研究機関 NTT東日本札幌病院
研究責任医師 猪子 和穂
研究分担者 山田 秀久
市之川 一臣
道免 寛充

3.研究の目的

内視鏡的に治療された大腸がんの患者様うち、病理検査でリンパ節転移リスクがあると考えられた方につきましては原則、手術を追加することが必要です。当院でこのような大腸がん追加手術を行った患者様の現状(特に、リンパ節転移や再発の有無)を明らかにするために行います。

研究の方法

対象となる患者様
2013年1月1日から2018年7月31日の間に当院で内視鏡的治療後に追加手術を行った大腸がんの患者様
利用するカルテ情報
基本情報(年齢・性別・身長・体重・併存症など)、臨床病理学的因子、手術成績、再発の有無、予後など

4. 研究計画書及び研究の方法に関する資料を入手又は閲覧できる旨(他の研究対象者等の個人情報及び知的財産の保護等に支障がない範囲内に限られる旨を含む。)並びにその入手・閲覧の方法

この研究に関して、研究計画や関係する資料をお知りになりたい場合は、他の患者様の個人情報や研究全体に支障となる事項以外で、資料のご提供や閲覧をしていただくことができます。研究全体の成果につきましては、ご希望があればお知らせいたします。いずれの場合も担当医師にお申し出ください。

5.情報の取り扱い

利用する情報からは、お名前、住所など、患者様を直接同定できる個人情報は削除します。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されますが、その際も患者様を特定できる個人情報は利用しません。


*上記の研究に情報を利用することをご了解いただけない場合は以下にご連絡ください。

【問い合わせ先】
〒060-0061 札幌市中央区南1条西15丁目
NTT東日本札幌病院 外科 担当医師 猪子 和穂
電話: 011-623-7520