札幌病院


札幌病院ホーム > お知らせ > 小児科に通院中(または 過去に通院・入院されたことのある)患者さんまたはご家族の方へ(臨床研究に関する情報)


小児科に通院中(または 過去に通院・入院されたことのある)患者さんまたはご家族の方へ(臨床研究に関する情報)


当院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、患者さんの診療情報を用いて行います。このような研究は、厚生労働省・文部科学省の「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」(平成26年文部科学省・厚生労働省告示第3号)の規定により、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究に関するお問い合わせなどがありましたら、以下の問い合わせ先へご照会ください。

研究課題名 新たに開発された遺伝子検査システムを用いたマクロライド耐性肺炎マイコプラズマ検出の臨床的有用性に関する研究
研究機関名・長の氏名 NTT東日本札幌病院 吉岡 成人
研究責任者名・所属 森 俊彦 小児科
研究代表機関名・研究代表者名・所属 北海道大学病院 石黒 信久 感染制御部 部長
共同研究機関名・研究責任者名 札幌市中央区南4条西15丁目1-32ほくやく南4条ビル3F
医大前南4条内科 田中裕士

研究の目的

新たに開発された遺伝子測定機器と肺炎マイコプラズマ遺伝子試薬の性能を、肺炎マイコプラズマ遺伝子の検出能力とマクロライド耐性肺炎マイコプラズマの遺伝子変異の検出能力の両面から評価する事を目的とする。

研究の方法

対象となる患者さん
NTT東日本札幌病院小児科に通院又は入院中の患者さんで、平成30年9月26日以降、肺炎マイコプラズマ感染症が疑われる方
利用するカルテ情報
カルテ情報:性別、生年月日および年齢、診断名、迅速検査を行う1週間前から使用した抗菌薬、受診時体温、呼吸器症状、検体採取日時、肺炎マイコプラズマ迅速検査の結果、肺炎マイコプラズマ遺伝子試薬の検査結果、画像検査結果
利用する検体
肺炎マイコプラズマ遺伝子試薬検査および肺炎マイコプラズマ分離用の咽頭拭い液

研究実施期間

2018年9月26日〜2020年3月31日(登録締切日:2019年12月31日)

この研究について、研究計画や関係する資料、ご自身に関する情報をお知りになりたい場合は、他の患者さんの個人情報や研究全体に支障となる事項以外はお知らせすることができます。研究に利用する患者さんの情報に関しては、お名前、住所など、患者さん個人を特定できる情報は削除して管理いたします。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されますが、その際も患者さんを特定できる情報は削除して利用いたします。


*上記の研究に情報を利用することをご了解いただけない場合は以下にご連絡ください。

【連絡先】
〒060-0061 札幌市中央区南1条西15丁目
NTT東日本札幌病院 小児科 担当医師 森 俊彦
電話: 011-623-7000