札幌病院


札幌病院ホーム > お知らせ > 腎臓内科に通院中(または 過去に通院・入院されたことのある)患者さんまたはご家族の方へ(製造販売後調査に関する情報)


腎臓内科に通院中(または 過去に通院・入院されたことのある)
患者さんまたはご家族の方へ(製造販売後調査に関する情報)


当院では、以下の製造販売後調査を日常診療の結果を収集する形で実施しております。
この度、本調査結果を用いたリオナ錠250mgのさらなる適正使用推進をはかるための情報提供活動を予定しております。
この調査に関するお問い合わせなどがありましたら、以下の問い合わせ先へご照会ください。

リオナ錠250mgについて

リオナ錠250mg(以下、本剤)は,クエン酸第二鉄水和物を有効成分とする薬剤であり、2014年1月に「慢性腎臓病患者における高リン血症の改善」の効能・効果で承認を取得し、同年5月より発売を開始しました。

製造販売後調査の概要

本剤の使用実態下で、1年以上の長期投与例における安全性(特に鉄蓄積)及び有効性を確認する目的で実施しております。

調査全体の実施状況

調査課題名 リオナ錠250mg特定使用成績調査(長期投与)
調査実施予定期間 2015年1月30日〜2020年1月31日
調査予定症例数 高リン血症を有し、本剤が1年以上投与される見込みのある以下の方
血液透析施行中の方 1000例
腹膜透析施行中の方 100例
透析導入前(保存期)慢性腎臓病の方 500例

当院での実施状況

調査実施期間 2015年4月22日〜2018年3月13日(調査終了)
調査症例数 透析導入前(保存期)慢性腎臓病の方6例
対象となる患者さん 2015年4月から2018年3月までの期間に当院にて治療された高リン血症を有する透析導入前(保存期)の慢性腎臓患者の方
利用するカルテ情報 年齢、性別、診断名、併存疾患、使用していた薬剤、臨床検査値(血清リン、血清カルシウム、intactPTH、血清鉄、血清フェリチン、TSAT、ヘモグロビン)

本調査結果の公表

本剤の適正使用推進のための情報提供活動の一環として、以下を予定しております。

  • 医療機関への情報提供
  • 学会での発表
  • 学術論文への公表

個人情報の取り扱い

お名前、住所 等、患者さんを直接特定できる情報は収集しておりません。
また、本調査結果として公表する内容は、集計結果に基づくものであり、医療機関名、医師名、患者さんを特定する個人情報(生年月日、イニシャル 等)は含みません。

【お問い合わせ先】
〒060-0061 札幌市中央区南1条西15丁目
NTT東日本札幌病院 腎臓内科 担当医師 眞岡 知央
電話: 011-623-7520 FAX: 011-623-7527