札幌病院


札幌病院ホーム > お知らせ > 内視鏡手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」での腎悪性腫瘍(腎がん)に対する部分切除手術を開始


内視鏡手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」での腎悪性腫瘍(腎がん)に対する部分切除手術を開始

当院では2017年1月より、内視鏡手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」を導入し、前立腺悪性腫瘍(前立腺がん)に対する手術を行ってきました。
2017年8月より腎悪性腫瘍(腎がん)に対する部分切除手術も開始しています。



泌尿器科医、麻酔科医、看護師、臨床工学士によるダ・ヴィンチ手術チームが、高度な医療を安全に行います。