札幌病院


札幌病院ホーム > お知らせ > 消化器内科に通院中の患者さんへ(臨床研究に関する情報)


消化器内科に通院中の患者さんへ(臨床研究に関する情報)


当院では、以下の臨床研究を実施しております。この研究は、通常の診療で得られた過去の記録をまとめることによって行います。このような研究は、厚生労働省・文部科学省の「人を対象とした医学系研究に関する倫理指針」(平成26年文部科学省・厚生労働省告示第3号)の規定により、研究内容の情報を公開することが必要とされております。この研究に関するお問い合わせなどがありましたら、以下の「問い合わせ先」へご照会ください。

研究課題名 局所進行膵癌に対する一次治療としてのGemcitabine/nab-Paclitaxel併用療法のRetrospective study:HGCSG1601
研究機関 北海道大学病院 消化器内科 / 腫瘍内科
研究責任者 小松 嘉人:腫瘍センター 准教授
研究の目的 局所進行膵癌に対するゲムシタビン+ナブ パクリタキセル併用療法の有効性と安全性を評価するために行います

研究の方法

対象となる患者さん
切除不能局所進行膵癌の患者さんで、2014年12月1日から2016年8月1日の間にゲムシタビン+ナブ パクリタキセル併用療法を開始された方
利用するカルテ情報
  1. 背景情報:年齢・性別・身長・体重・Performance Status(ECOG PS)
    原発部位・疾患状況(進行/再発)・原発巣の有無・転移臓器・病理診断
    手術/放射線/化学療法歴
  2. 投与情報:投与日/用量、相対用量強度、延期/減量情報
  3. 安全性情報:末梢血検査・生化学検査・非血液学的有害事象
  4. 有効性情報:腫瘍縮小効果(奏効率)、無増悪生存期間、全生存期間、後治療情報

個人情報の取り扱い

利用する情報からは、お名前、住所など、患者さんを直接同定できる個人情報は削除します。また、研究成果は学会や学術雑誌で発表されますが、その際も患者さんを特定できる個人情報は利用しません。


*上記の研究に情報を利用することをご了解いただけない場合は以下にご連絡ください。

【問い合わせ先】
担当医師: NTT東日本札幌病院 消化器内科 太宰 昌佳(Masayoshi Dazai)
北海道札幌市中央区南1条西15丁目
〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西15丁目
TEL:011-623-7520